Slackで部門を越え会社を越えて顧客と密につながり、商談成立までのスピードを4倍に向上させる画期的な方法

コロナ禍の中、多くの企業が対面からリモートでの商談への切り替えを余儀なくされている。その中で課題として浮かび上がっているのが、顧客との信頼関係をいかに構築するかということだ。調査によれば44%の企業が営業サイクルの長期化を懸念している。いかにして顧客と強い信頼関係を築いていけばいいのだろうか。

 リモートワークが普及する中、いかに社内外のコミュニケーションを円滑にするかが以前にも増して重要になっている。「他部門にメールしたのに返事がなかなかこない」「顧客との商談の経緯が共有されていない」といった課題を抱えている企業は少なくないだろう。こうした課題を解決する画期的な方法がある。Slackコネクトの活用だ。

 本資料では、社内外を問わず誰でも使うことができるSlackコネクトの詳細とともに、それを活用してリアルタイムで商談を進め問題に迅速に対応することで、顧客と密につながり成果を上げている企業の事例も紹介している。中には、商談成立スピードが4倍になっている企業もある。なぜそのような劇的な改善が可能になるのか、詳細は資料で確かめてほしい。

資料ダウンロードのご案内

Slackコネクトでリアルタイムの顧客エンゲージメントを実現

<主な内容>
・全社的なコラボレーションの強化で商談成立を加速
・Slackコネクトで見込み客と深い関係を構築
・雑務の自動化で担当者1人当たりの収益を最大化
・すばやくスマートなコラボレーションで営業体験を変革

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報はSlack Japan(同社のプライバシー・ポリシーはこちら)に渡されご案内などに利用させていただきます。ダイヤモンド社のプライバシー・ポリシーはこちら

問い合わせ先

Slack Japan
TOP