請求書発行からスモールスタートも可能。敷居が高かった基幹システムを最短1カ月で手軽に導入する方法とは

基幹システム(ERP)と聞くと、数千万円はする大層なシステムだと思うかもしれない。確かにこれまではコスト面やすでに使っているシステムとの連携が難しいなどの理由から、導入のハードルが高かった。しかし、それはもう過去の話。今や企業の成長段階に合わせ、スモールスタートから導入する方法がある。

 企業の基幹システムであるERPは、導入することで無駄な作業が減り、コストを削減できて、生産性も向上させることができる。DXの推進が最大の課題である企業にとっては強い味方となる。しかしこれまでは、実際の導入に数千万かかるのが相場で、導入のハードルが非常に高く、踏み切れない企業が多かった。

 そんな企業の悩みを解決してくれる画期的なERPを紹介する。請求書の発行業務など、必要な機能からスモールスタートで導入し、ニーズに合わせて順次サービスを追加していくことが可能で、低コストかつ最短1カ月で導入できる。本資料では、飛躍的に生産性が上がった企業の導入事例も紹介している。DX推進、バックオフィス効率化などで課題を抱えている企業には必見の資料だ。

資料ダウンロードのご案内

マネーフォワードクラウドERP導入事例集
導入効果と成功事例を紹介!

・マネーフォワードクラウドERPとは?
・企業が抱えている課題をまるっと解決できる理由
・導入事例
 ~複数ツールの導入で、各作業の効率が大幅アップ
 ~自動化によってチーム全体の作業時間が削減
 ~システム理解なしでも2カ月で導入完了  他

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は株式会社マネーフォワード(同社のプライバシー・ポリシーはこちら)に渡されご案内などに利用させていただきます。ダイヤモンド社のプライバシー・ポリシーはこちら

問い合わせ先

株式会社マネーフォワード
TOP