「SFA(営業支援ツール)」を導入した企業の50%以上が不満を抱えている。導入に失敗しないための「4ステップ」とは

属人化しがちな営業情報をデータ化し、営業活動の生産性を向上させる営業支援ツール、SFA(Sales Force Automation)が注目され、導入する企業が増えている。しかし、せっかく導入してもきちんと運用できず、50%以上の企業が問題を解決できずに不満を抱えているのが実情。そこで、SFA導入が失敗する要因を分析し、有効に活用・定着させるため「4ステップ」を分かりやすく解説する。

 せっかくSFAを導入しても、現場の担当者から見て使いにくかったり、抵抗感を持ったりして、使用する人が定着しないなど、うまくいかない例も少なくない。実際、費用対効果がきちんと測定できていない、営業成果が出ていないなど「効果・検証」が十分に表れていないケースも多く、課題や不満を抱える大きな要因になっている。

 SFAを有効的に導入し、活用・定着させるために重視すべき点は何か――。本レポートでは、多くのSFA失敗の原因について、「正しい流れでSFAを導入できていないことが原因」という視点で、4つのステップに分けて進むことの重要性を解説している。それぞれのステップでのポイントのほか、具体的な導入事例なども紹介している。実際にSFA導入に携わる担当者はもとより、現状を理解するために、マネジメント層の方にもぜひご一読いただきたい。

資料ダウンロードのご案内

実は50%以上の企業が課題あり⁉
失敗しない営業支援ツール(SFA)導入の手順

<主な内容>
・営業支援ツール導入の意外な実情や失敗の要因
・営業支援ツール活用を定着させる4ステップとは
・「4ステップ」を確実に進めるための方法とは
・導入に失敗しない営業支援ツール「Senses」の導入事例 ほか

※必ずお読みください

========================
これからご登録いただくあなたの個人情報は株式会社マツリカ(同社のプライバシー・ポリシーはこちら)に渡されご案内などに利用させていただきます。ダイヤモンド社のプライバシー・ポリシーはこちら
========================

問い合わせ先

株式会社マツリカ
TOP