インターネットが直面するリスクに対する備えはますます重要になっている。アカマイ・テクノロジーズはトラフィックの爆発的な増大に対応するソリューションを提供しているほか、近年はセキュリティ分野に注力する姿勢を明確に打ち出す。増大するサイバー攻撃の脅威に備えて、東京に対策拠点を設置。日本企業へのサポート力を一層高めている。 

 動画によるコミュニケーションやビッグデータという言葉が一般化しつつある現在、インターネットのトラフィックもまた急カーブで増え続けている。インターネット経由でやり取りされる情報の種類が増えるとともに、一つ一つのコンテンツがリッチになっている。トラフィックの増加は、今後さらに加速するものとみられる。

大量のトラフィックを
高速かつ安定して届ける

 一方、ビジネスにおけるインターネット利用は拡大している。インターネットが渋滞すれば、ビジネスにも悪影響が及びかねない。アカマイ・テクノロジーズは、こうした課題に対するソリューションを提供してきた。「インターネットを高速かつ安定させることで、ビジネスの基盤として利用できるようにする。

アカマイ・テクノロジーズ
徳永信二
職務執行者社長

 それは、アカマイが一貫して取り組んできたこと。例えば、ウェブアプリケーションの高速化、安心・高品質で拡張可能なメディア配信などです。その土台となる「アカマイ・インテリジェント・プラットフォーム」により企業サイトのパフォーマンス向上、ゲームや動画コンテンツなどの配信の高速化などが実現されます」と、アカマイ・テクノロジーズの徳永信二・職務執行者社長は語る。

 アカマイ・インテリジェント・プラットフォームは、世界最大級の超分散型コンテンツデリバリーネットワーク。約17万台のサーバが稼働し、世界のウェブトラフィックの15~30%を配信しているという。通常のインターネットが一般道とすれば、このサーバ間を結ぶネットワークは高速道路に相当する。

 こうした事業を成長させてきたアカマイ・テクノロジーズは今、セキュリティ分野にも注力している。

「ウェブのパフォーマンス向上やメディア配信を、よりセキュアに行いたいという企業のニーズが高まっています。一方、最近はセキュリティ強化を入り口に、当社の他のソリューションに注目するお客さまも増えています」と徳永氏は言う。

>>「セキュリティ」と「利便性」という矛盾した要求を両立させる、アカマイ・テクノロジーズのセキュリティサービスの全貌(記事全文)は、下記よりダウンロードできます。

資料ダウンロードのご案内

【トップインタビュー全文】
超分散型ネットワークの特性を 企業のセキュリティ強化に生かす

アカマイ・テクノロジーズ徳永信二社長が語る、グローバル企業のセキュリティ対策における同社のユニークな強みとは?

【解説資料】
2020年に向け日本発のWeb、クラウド型アプリを今すぐ死守せよ!

ロンドンオリンピックのサイバー攻撃を詳細分析。数々の大規模イベントでサイバー攻撃からシステムを守ってきたアカマイ・テクノロジーズによる、独自の切り口によるサイバー脅威レポートです。

【レポート】
アンダーグラウンドのハッカー市場動向調査の結果

~安価な不正商品とサービスの氾濫により、
専門知識がなくとも様々な犯罪が可能な実態が明らかに~

実際にアンダーグラウンドで取引されている、サイバー攻撃の標的リストや、攻撃そのものの時間単価まで、「ビジネス」と化したサイバー犯罪の実態を裏付ける詳細データ

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら