ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「顧客の創造」がマーケティングの目的である
2015年11月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド・マネジメント・フォーラム

マーケティングオートメーションの先を行く
マーケティングプラットフォームで
本質的な自動化を実現する
【フロムスクラッチ】

previous page
2

「穴の空いたバケツ」に
広告予算を投じていないか?

 B→Dashが生まれたきっかけは、顧客の依頼だった。安部氏は振り返る。

 「あるお客様から『集客からLTVまでを一気通貫で見て相関関係を分析したい』という要望があったのですが、導入されているツールが多くデータも複雑で、プロジェクトは困難を極めました。そして、この問題を解決するツールは、世界のどこにもありませんでした」

 ならば、自分たちでつくるしかない。安部氏はそう腹をくくり、開発をスタートさせた。同時に、そこに大きなチャンスがあることを確信する。 「多くのお客様のマーケティング現場に入り込む中で、ツールに起因するさまざまな問題点を実感していました。その本質的な解決を図るため、B→Dash開発のアクセルを踏みました」と安部氏はいう。

 B→Dashの価値は、マーケティングの最適化と収益の最大化に貢献することである。安部氏は次のように語る。

 「マーケティングにおける業務やコストを最適化して、企業収益にインパクトをもたらす。実際、その効果を現実化した導入事例が多く生まれています」

 たとえば、ある企業はオンライン、オフラインの複数チャネルで広告を展開していたが、「どれが一番効いているのか」を知る手段がなく、長年の予算配分を維持し続けていた。配分の変更に踏み切るだけの根拠がなかったのである。B→Dashを導入して施策ごとの効果がクリアに見えると、同社はすぐに、ほとんど効果の出ていない施策への予算をカットした。

 「現在トレンド化しているMAを導入している会社も、効果の出ない施策・シナリオばかり自動化しています。それは穴の空いたバケツに毎月予算を投じていることと同義です。B→Dashを導入すれば、どの施策・シナリオを自動化すれば収益が高まるかが一目でわかります。B→DashがMAを超えると期待されるのは、まさに最適な施策の自動化や広告投下ができるようになるからです」と安部氏は語る。

見据えるのは、日本企業の
グローバルプレゼンス向上

 B→Dashはクラウド型で提供されるので、拡張性にも優れている。一部の機能、あるいは一部の事業部だけでスタートし、結果を見極めた上で全社展開することも可能だ。

 加えて、フロムスクラッチは導入をサポートする体制を強化している。「特に導入当初にはコンサルタントが手厚くサポートし、実際に活用していただけるよう伴走します」(安部氏)

 B→Dashはサブスクリプションモデルなので、顧客の継続利用が重要。だからこそ、使いやすさにこだわる。ユーザーインターフェイスをよりよくするため、安部氏は「高齢者でも使える“らくらくホン”を目指せ」と常々開発チームに檄を飛ばしている。

 外資系を含む既存ベンダーに対して、B→Dashで真っ向勝負するフロムスクラッチ。その先に、安部氏が見ているのは日本企業のいっそうの飛躍だ。

 「日本企業は素晴らしい技術を持っていますが、グローバルでの存在感は十分とはいえません。特にマーケティング能力では見劣りするケースが多い。この弱点を克服すれば、一気に競争力を高めることができるでしょう」と安部氏。そのために、B→Dashで貢献したいと考える。日本企業のグローバルプレゼンス向上は、フロムスクラッチのミッションでもある。

この記事に関連した資料が、
以下からPDFを
ダウンロードしてお読みいただけます。

資料ダウンロードのご案内

【完全保存版】
マーケティングオートメーション徹底解剖

マーケティングオートメーションにはあまり語られない“真実”がある。本資料は、マーケティングオートメーションとは何かを徹底解剖します。その中で、今浮き彫りになりつつあるマーケティングオートメーションの課題を解説。そして今、マーケティングオートメーションを凌駕するテクノロジーとして注目を集める「次世代型マーケティングプラットフォー…

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、株式会社フロムスクラッチ(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら
previous page
2

[PR]

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

株式会社フロムスクラッチ

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7-20-1

住友不動産西新宿ビル17階

TEL:03-5937-8555




「顧客の創造」がマーケティングの目的である

顧客の創造とは、自社の顧客基盤を拡大することである。そのためにはマーケティングとイノベーションが不可欠である。顧客第一主義や顧客のセグメンテーションへの盲信から抜け出し、イノベーションを軸に顧客との新たな関係性の構築をすすめる企業と、マーケターの考え方を探る。

「「顧客の創造」がマーケティングの目的である」

⇒バックナンバー一覧