伝統的な分散投資とは違った
新しいアプローチを提案

 年金基金は当面、この下値リスクという課題と向き合っていくことになる。これに対するSSGAの提案は主に2つ。一つは、時価総額に縛られない新たなインデックスに基づいてパッシブ運用を行う「スマート・ベータ」だ。なかでも市場平均よりも低リスクに抑えつつ期待リターンを維持する運用を目指す「低ボラティリティ戦略」に注力している。

 もう一つは“リスク”に注目するアセット・アロケーションだ。一般的に、市場の方向性を当てることが非常に難しいことは周知の事実である。それに比べると、ボラティリティの予測は現実的といわれている。

「ボラティリティをコントロールの指標としてアセット・アロケーションをすることは、有用なアプローチであると考えています。特に、下値リスクへの対応に当たり、重要なポイントになるでしょう」(髙山氏)

世界の投資家が認めたパッシブ運用<br />「下値リスク」にも新たな提案で応える

 一方、SSGAが世界の機関投資家を対象として2015年前半に行ったサーベイでは、興味深い結果が出ている(図表2)。多くの年金基金では、下値リスクをコントロールすることの重要性を理解し、その対策を検討しているにもかかわらず、具体的な行動には至っていないという。あるいは、すでに実際に何らかの戦略を導入した経緯はあるものの、直近の投資環境が良好であったこともあり、そのコスト面が際立ってしまったケースもあるようだ。

 こうした実情に対し、髙山氏は「下値リスクへの対応に関して、当社は、伝統的な分散投資の延長とは違った、より新しいアプローチを提案しています。それがどのような効果をもたらすのか理解を深めていただくコミュニケーションにもますます力を入れ、よりお客様のニーズに合った提案をしていきたい」と締めくくった。

===================================
年金基金、寄付基金、財団、政府系ファンドにおいて投資権限を有する
420名以上の上級幹部に
調査を実施した「グローバル調査報告書」のダウンロードはこちら
https://www.ssga.com/r3/cio-volatility-insights-jp.html
===================================

本記事は情報提供のみを⽬的として作成したものであり⾦融商品取引法に基づく開⽰資料ではありません。本記事にてご紹介する運用戦略や運用手法におきましては、国内外の有価証券等を主要投資対象とするため、株式価格の下落、金利上昇による債券価格の下落に加え、組入有価証券等の発行会社の財務状況の悪化や倒産等の影響により損失を被ることがあります。また、外貨建の有価証券等に投資する場合には、為替変動により損失を被ることがあります。本記事は、弊社ならびに弊社グループ会社における運用に係る研究開発実例、運用スタイル、運用戦略、投資環境等をご紹介するものであり、特定の金融商品の勧誘を目的とするものではないため、運用に係る手数料・報酬等の金額および計算方法等を予め示すことができません。投資信託の場合は投資信託毎に設定された販売手数料、信託報酬やその他費用が、投資一任契約や投資顧問契約の場合は個別契約毎に運用報酬、信託報酬やその他費用がかかります。各金融商品に関する運用リスクや手数料等諸費用の詳細につきましては、契約締結前交付書面やお客様向け資料等をご覧下さい。