建築設計事務所にルーツを持ち、分譲マンション管理業を中心に事業展開を行ってきた合人社計画研究所は、我が国においてPFI方式が導入された初期のころからこの領域の将来性に着目し、積極的な取組みを続けている。維持管理業務の受託からスタートし、現在は様々な施設の運営業務やマネジメント業務においても実績を積み重ねている。代表構成員の役割を担うケースも増えてきた。

 技術力に強みを持つ合人社計画研究所は、長期間にわたる維持管理・運営で設計建設段階から全事業期間に亘る提案を行っている。また、施設をどう活用し、多くの利用者に満足していただくかという発想のもと独自のアイデアも大いに発揮。維持管理運営段階を見据えた上で、設計建設段階からの提案を行う視野の広さと、既存の枠にとらわれない独自のアイデア。同社の企画・提案力とマネジメント手腕が注目されている。

 合人社計画研究所のPPP・PFI関連事業の資料と、最新の事業紹介レポート(「週刊ダイヤモンド」4月2日号掲載)は、下記からダウンロードできる。

資料ダウンロードのご案内

合人社計画研究所
PPP・PFI事業のご案内

●受託事業紹介
 沖縄科学技術大学院宿舎整備事業
 立川市旧庁舎施設等活用事業
 津市新斎場整備運営事業
●PPP・PFI事業受託実績一覧

“挑戦するDNA”が実現する
公共施設の良質なサービス

マンション管理大手の合人社計画研究所は、さまざまな公共施設の維持管理から運営までも手掛けている。効率化と良質なサービスを両立させる同社の企画・提案力、および、マネジメント手腕が今、PFI事業でも注目されている。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら