第1位は馴染みのある食材!
「小松菜」

 小松菜には、免疫力アップに欠かせないβ-カロテン、ビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれています。何より冬のこの時期に旬を迎え、栄養価も甘みも増していて、手に入りやすいのでNo.1に選びました!ほうれん草のようなえぐみも少ないので、下茹でいらず。栄養価の損失の少ないレンジ加熱でも美味しくいただけます。

 鉄やカルシウムなどの不足しがちな栄養素も豊富!油と一緒にとることでβ‐カロテン、ビタミンEなど脂溶性のビタミンの吸収率がよくなるので、炒め物にしたり、和え物やおひたしにごま油を少し加えたり、オイル入りのドレッシングで食べるのがおすすめです。

免疫力アップのカギは、
毎日の食事の見直しから!

 今回挙げた食材の持つ栄養素がきちんと働くためには、ベースとなる栄養が取れていることが必須です。あれもこれも食べなくちゃと思う前に、まずは毎日の食事を見直してみてください。

 忙しくて炭水化物ばかりに偏ったり、ダイエット中だからと極端に食事制限をしていたりしていませんか?主食、主菜、副菜の揃った食事や、様々な食材をとることこそが免疫力アップの基本になります。ストイックになりすぎるのも、ストレスが溜まってしまって逆効果なので、無理なく続けられるものから始めてみましょう。

 いかがでしたか?よく召し上がっているものはランクインしていたでしょうか?免疫力アップには抗酸化作用のあるビタミンA・C・E、腸内環境を整える食物繊維、善玉菌が効果的ですが、体をつくるタンパク質や細胞の働きをスムーズにするミネラル、水分なども欠かせません。まずは毎日の食事を見直して無理なくできることから始めていきましょう。そして感染症に負けない元気な体を目指していきましょう。

(管理栄養士 岡田明子)

【参考資料】
・食品成分データベース(文部科学省)
・「マイタケ由来タンパク質がインフルエンザウイルスの増殖を抑制」(理化学研究所)