「自殺者減少」はアベノミクスで失業率が低下した成果だ

2018年の全国の自殺者数が記録的に減ったのは超金融緩和で失業率が低下したことが背景にある。金融政策の「成果」といえるが、肝心の日本銀行に金融政策が雇用政策だという認識がないのが問題だ。

続きを読む
関連記事
あなたにおすすめ

アクセスランキング

新着記事