ふるさと納税おすすめ特産品情報
2016年11月23日公開(2017年1月25日更新)
バックナンバー
ザイ・オンライン編集部

「ふるさと納税」のあなた自身の控除上限額と、
確定申告不要の「ワンストップ特例制度」を理解して
実費2000円でお得な特産品をたくさんもらおう!

ふるさと納税は、決められた上限枠一杯まで寄附して、たくさん特産品をもらったほうがお得な制度だ。上限枠は1~12月の1年単位でリセットされる。今年も残すところあとわずか。年内に自分の上限枠を使い切ろう!

ふるさと納税は自腹がほとんど痛まない寄附
条件を満たせば確定申告も不要に!

 ふるさと納税とは、寄附によって地方自治体を応援するしくみ。自分の納める所得税や住民税の一部を、応援したい自治体に振り分けるイメージだ。

 やり方は簡単。ざっくり言うと(1)自治体に寄附をする(2)確定申告をする(3)税金から寄附した分のお金を取り戻す、の3ステップだ。昨年から、他に確定申告をする事柄がない会社員に限り、(2)ワンストップ特例の申請書を提出すれば確定申告不要になった。

 ワンストップ特例の申請には、2つの手順を踏むだけ。1つ目の手順として、ワンストップ特例の3つの条件を満たせるかどうかを確認しよう。条件(1)は、他に確定申告をする必要がないこと。条件(2)は、1年間に寄付した自治体数が5カ所以下であること。条件(3)は、寄付した自治体すべてに、自治体から送られてくるワンストップ特例の申請書を提出することだ。

 その3つの条件を満たすことができるなら、2つ目の手順に進もう。手順の2つ目として、条件(3)でも挙げた寄付したすべての地方自治体に提出するワンストップ特例の申請書に、マイナンバーを記入。マイナンバーが確認できる個人番号カードのコピー等(個人番号が記載された住民票の写しの原本でも可能)と本人確認のための書類を同封して郵送しよう。そうすれば、確定申告をしなくても2000円分以外の寄付額を取り戻すことができる。

 さて、地方自治体への寄附額が決められた範囲内なら、2000円を除く全額が税金から戻ってくるのが、この制度のいいところ。仮に独身で年収300万円の会社員が、A市に2万円寄附したとする。

 その場合でも確定申告をするか、A市にワンストップ特例の申請書を送ることで、後から2000円を除いた1万8000円が税金から戻ってくるのだ。

2000円の持ち出しで特産品をもらえてお得!
2万円寄付なら1万8000円分の得に

 これだけなら、好きな自治体に2000円の持ち出しで2万円寄附しただけだが、ふるさと納税が盛り上がっているのは、寄附した人に対して、特産品などの豪華なお礼を贈る自治体が増えているから。例えば、2万円寄附しても実質持ち出すのは2000円だけで、豪華な返礼品がもらえる。決められた範囲内なら、いくら寄附しても持ち出し金額は2000円なので、たくさん寄附するほどお得になる。

 さて先ほどから「決められた範囲内」と繰り返し言ってきたが、その範囲は納める税金の額で決められている。下記の表は会社員の寄附額上限の目安だ。1年単位で枠はリセットされる。税金は収入と扶養家族で決まるので、表の構成もそれに準じている。年収700万円のサラリーマンで独身の場合、10万8000円までなら2000円を除く全額が税金から戻る。

住民税の約2割が寄附の上限額の目安
過去の住民税決定通知書で確認を

 表を見るにあたって注意点がいくつかある。まず大前提として上の表は会社員が対象だ。また、他の控除や税金の還付を受けない前提なので、住宅ローン控除や医療費控除などを受ける人は上限額がもっと下がる場合がある。

 上の表の条件に当てはまらない人は住民税を目安にしよう。上限は住民税の約2割。過去の住民税は住民税の決定通知書などでわかるので、それを参考に今年の住民税額を推測しよう。住民税が50万円の人なら10万円が目安だ。

 さて、ここまで読んでおわかりかと思うが、「ふるさと納税」は納税者が恩恵を受ける制度だ。専業主婦など、課税所得がない人が寄附をしてもお得にはならない。申込を妻が代行してもいいが、申込人の名前は納税者であることが絶対だ。

 この上限は1~12月の1年単位のもの。年内にこの枠一杯寄附をして、特産品をもらおう。

 特産品選びには、ザイ・オンラインで紹介している「今年まだ間に合う!ふるさと納税おすすめ特産品ランキング」がおすすめ。牛肉ビールパソコンなど人気の特産品ごとに、お得な自治体をランキング形式で掲載中だ。

▼「ふるさと納税」するなら、還元率1%以上の高還元クレジットカードがお得!▼
クレジットカードおすすめ比較!最新情報はこちら!
還元率で選ぶ!高還元クレジットカードおすすめランキング!
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!
年会費無料で選ぶ!高還元率クレジットカードおすすめランキング!
人気ランキングで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!
【2017年11月1日時点・最新情報】

還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! さらに、新規入会した月と翌月はどこで使っても還元率3.0%という高還元! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まる!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.1%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の100倍=0.1%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.001%程度の今、普通預金金利が0.1%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.1%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カードとの呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!(マイル系カード部門)
◆航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【アメックス・スカイ・トラベラー・カード】
高還元+無期限で貯まり、15社のマイルに自由に
交換できる最強マイル系カード⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新理論株価で儲かる株
株主優待ベスト130
ふるさと納税ベスト86

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株主優待ベスト130&新理論株価で買う株】
桐谷さん&優待ブロガー&ザイ読者が厳選!
 初心者も安心!株主優待ベスト130
失敗しない優待株の投資のワザ
●「優待+配当」利回りベスト30
少額で買える優待株ベスト30
権利確定月別の優待株ベスト 130
新理論株価まだ買える株68
年末までに駆け込め!ふるさと納税86
 3大カニマップ&寄附額管理シート付き! 
iDeCoつみたてNISAもこれが大事!
 騙されるな!投資信託選び10の落とし穴
●高配当&高成長の米国株ベスト12
地方上場の10倍株&佐川急便の投資判断
別冊付録!つみたてNISA完全ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング