ふるさと納税特産品ランキング
2017年2月24日公開(2017年4月24日更新)
ザイ・オンライン編集部

ふるさと納税して確定申告が必要になる人とは?
「ワンストップ特例」と「確定申告」の違いや
それぞれの注意点、用意すべき書類をまとめて紹介!

今年も「確定申告」のシーズンが到来。申告の必要がある人は、なるべく早めに準備をしたいところ。最近は、「ふるさと納税」をする人が急増したため、確定申告が必要な人も多くなっている。「ふるさと納税」をすると「寄附金控除」が適用され、自治体への寄附は、上限額までなら2000円以外すべて戻る。ただし、取り戻すには確定申告など所定の手続きが必要だ。

ダイヤモンド・ザイ4月号には、別冊付録「ふるさと納税 定番特産品ランキング50」がついてくる。その中に、「ふるさと納税」した場合の寄付金を取り戻す方法やお金の戻り方について掲載しているので、抜粋して紹介していこう。

「確定申告」と「ワンストップ特例」
2つの手続きの違いを比べてどちらか選ぼう

 「ふるさと納税」をして税金を取り戻すには、手続きが必要だ。その方法は2つある。

1つ目は「確定申告」をすること。1年間(1月1日~12月31日)に寄附した内容を、翌年の3月中旬までに一括で申告するやり方だ。最大のメリットは、一度の申告でスパッと終わる点。ただ、確定申告に不慣れだと、申告書の作成を難しく感じたり面倒に思う人もいるだろう。

 そこで2つ目の、確定申告せず、税金を取り戻す方法がある。それが「ワンストップ特例」だ。寄附をした自治体に「ワンストップ特例」の申請書と、定められた確認書類を郵送すると、確定申告をしなくても、翌年以降お金が戻ってくる。申請書の記入するのは住所、氏名などと(自治体によっては、それすらあらかじめ印字されていることも)、捺印だけなので非常に簡単だ。

 ただ、「ワンストップ特例」を利用するには、いくつかの条件をクリアする必要がある。また、確定申告した場合と「ワンストップ特例」を利用した場合とでは、お金の戻り方が少し異なっている。結果的に戻る金額は同額だが、戻ってくる時期と税金の種類が違うのだ。

 次からは、「ふるさと納税」の確定申告と「ワンストップ特例」について、それぞれの詳細を解説していく。

「確定申告」でお金を取り戻す人は、
所得税と住民税の2段階で寄付したお金が戻ってくる

 手軽さで言うと、確定申告よりも「ワンストップ特例」に軍配が上がるとされている。しかし、「ワンストップ特例」は利用できない人もいる。具体的には、以下の条件にあてはまると「ワンストップ特例」が利用できないので、必然的に確定申告を選択するしかない。

【ワンストップ特例を利用できない人】
(1)自営業で普段から確定申告をしている人や、会社員でも「住宅ローン控除」や「医療費控除」の申告など、「寄附金控除以外」に確定申告をすべき事案がある人
(2)1年間で5カ所以上の自治体に寄附をしている人

 なお、「ワンストップ特例」を選択すると、必要書類を寄附先のすべての自治体に送る必要がある。このような手続きを一度で済ませたいなら、確定申告を選ぼう。比較的、確定申告に慣れている人なら、「ワンストップ特例」よりも確定申告のほうが、むしろラクだと感じるかもしれない。

 確定申告をする場合、所得税と住民税の2段階に分かれてお金が戻る。所得税の分は、「還付金」として銀行振込などで、現金で戻る。また給与以外に所得があるなど、申告時点で納税が必要な人は、戻るはずの寄附金分のお金を差し引いて納税する。所得税で戻るお金の目安は、「(寄附額-2000円)×所得税率」だ。

 所得税から取り戻しきれなかった分は、住民税の減額という形で戻る。2016年のふるさと納税分なら、2017年6月~2018年5月の住民税から減額される。

 確定申告をするなら、国税庁のwebサイト「確定申告書等作成コーナー」がおすすめ。必要なものはパソコンとプリンター。これを使うと、自分で面倒な計算などする必要がなく、案内どおりに文字や数字を入力すればいいだけだ。

【※関連記事はこちら!】
「ふるさと納税」した人が確定申告する方法とは?ワンストップ特例の3つの条件を満たさない人は、確定申告をしないと節税効果がなくなるので要注意!
会社員で確定申告をしないと損する人はどんな人?2017年の確定申告で注意すべき点と、会社員の副業がバレないようにする確定申告書の書き方も説明!

「ワンストップ特例」は、書類の記入が超カンタン!
寄附先からもらう申請書と必要書類を揃えて郵送する

  続いて、確定申告をせず「ワンストップ特例」を利用する場合、誰が利用できるか、どんな手続きが必要になるかを紹介していこう。

 「ワンストップ特例」を使うためには、3つの条件がある。1つ目は、確定申告が必要な他の事案がないこと。つまり基本的には会社員が対象の制度だ。もともと確定申告の必要がある個人事業主などは対象外となる。また会社員でも、医療費控除や、株やFXの損益に関する申告をする人などは、「ふるさと納税」に関しても確定申告をしなければならない。

 2つ目は、寄附する自治体が5カ所以下であること。6カ所以上になった時点で、6カ所分すべての確定申告をしなければならない。3カ所だけ特例を受けて、3カ所分は確定申告、ということはできない。

 3つ目は、期日までに定められた書類を寄附先の自治体に提出することだ。

 ここからは、「ワンストップ特例」の提出書類について詳しく説明しよう。

 まず、「ワンストップ特例」の申請書について。原則は「自分で申請書を用意して、自分で記入して、自分で送る」だ。申請書は総務省や自治体のHPから印刷したり、役所からもらったりして調達する。

 とはいえ実際は、申請書と返信用封筒を送ってくれる自治体が多い。寄附者全員に自動的に送る自治体もあれば、寄附を申し込む際に「ワンストップ特例を利用する」と申告した人にだけ、送る自治体も。

 ただし、この場合も、年末は特に注意が必要だ。自治体から申請書が届くのを待っていると、受付締切の1月10日に間に合わない。この場合は自分で書類と封筒を用意して、自治体に送ろう。

 次に確認書類について。特例を申請するためには、「マイナンバー確認」と「本人確認」の2種類の書類が必要になる。

 「マイナンバー確認」の書類として認められているのは、以下のとおり。

(1)個人番号カードのコピー
(2)個人番号通知カードのコピー
(3)個人番号が記載された住民票の写し(原本)

 一方「本人確認」は、写真付きの公的な身分証(個人番号カード、免許証、パスポートなど)なら1点、写真付きでないものなら2点、というのが原則。ただし自治体により、この辺りのルールは若干異なる。不明点があれば寄附先に確認しよう。

 蛇足だが自治体が用意する返信用封筒は普通郵便だ。郵便事故が気になる人は、自腹にはなるが簡易書留などを利用しよう。

ワンストップ特例の場合、寄附したお金はすべて住民税から戻る

 さてワンストップ特例の場合のお金の戻り方は、単純明快だ。「寄附額-2000円分」が、全額翌年分の住民税から減額される。例えば2016年1~12月までの寄附分は、その翌年分に当たる2017年6月~2018年5月の住民税から減額されることになる。

 会社員の場合だとほとんどが月割りで住民税を納めるので、下の図のようなケースの場合、毎月4833円ずつが減額されることになる。

▼「ふるさと納税」するなら、還元率1%以上の高還元クレジットカードがお得!▼
クレジットカードおすすめ比較!最新情報はこちら!
還元率で選ぶ!高還元クレジットカードおすすめランキング!
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!
年会費無料で選ぶ!高還元率クレジットカードおすすめランキング!
人気ランキングで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!

【2017年5月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
2015年4月1日に新登場!
 Yahoo! JAPANが新発行したカードで、年会費無料ながら、通常還元率は1%Yahoo!ショッピングでは還元率2%(+Yahoo!ショッピング付与分の1%と合計ではなんと還元率3%!)で「Tポイント」が貯まる。国際ブランドに「JCB」を選べば「nanaco」チャージでも還元率1%! 「Tカード」機能搭載なので、街中でも「Tポイント」が貯まる&使える!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
高還元クレジットカードおすすめランキング!エポスカードの公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント】
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【Yahoo Japanカード】
年会費無料ながら、利用金額の1.0~3.0%分の
「Tポイント」が貯まる!⇒関連記事はこちら

Yahoo! JAPANカード公式サイトはこちら
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

上がる5万円株大研究
ふるさと納税ベスト
桐谷さんの必勝株

7月号5月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【日本株やふるさと納税、投信情報が満載!】
・高配当・大化け・優待狙い5万円株大研究
・4つの視点で選ぶ優良5万円株ランキング
桐谷さんの少額の株主優待必勝株!
・はじめての株価チャート教室
ソニーなど人気7銘柄テクニカル分析
・最新決算でわかった本当に強い株18
2017年末までの買い時と投資戦略
急げ!高還元率ふるさと納税大集合
・減配リスクが小さい毎月分配型投信
勝ち組が指南!ネット証券選びの新常識
株主総会の見所&お土産ベスト37
赤字転落日本郵政は売りか?
・世界最強の米国株の上昇はどこまで上がる?
・ほったらかしFXで稼ぐ

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!