iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]
2017年8月10日公開(2017年10月2日更新)
バックナンバー
ザイ・オンライン編集部

「確定拠出年金」で分散投資して利益を出す方法とは?
株だけでなく債券など低リスク投資信託を組み入れて
成功している人の資産構成比や運用方針を大公開!

iDeCoのおすすめ金融機関

個人型や企業型の「確定拠出年金」で分散投資を行い、利益を出している人の資産構成比や運用方針は?

現在発売中のダイヤモンド・ザイ9月号では、特集「確定拠出年金 ザイ読者12人の損益セキララ白書」で、積極的に確定拠出年金を活用している読者のポートフォリオや運用方針を紹介している。

読者の運用方針はさまざまだが、今回は、リスクの高い株式型の投資信託に加えて、低リスクな債券型の投資信託も含めた「分散投資」で成果を上げている読者2人の活用術を抜粋して紹介する。

値下がりリスクを低減するには、ある程度の分散投資が効果的

リスクを低減するには分散投資が重要

 確定拠出年金で選択できるのは、各種投資信託や定期預金、保険などがある。リスク度合いは組み入れる資産によって調整するわけだが、いくらリターンがほしくても「株式型の投資信託だけでは、リスクがあって怖い!」という人も多いだろう。

 その場合、値動きを抑えるために、たとえば日本や先進国の債券型など、低リスクな投資信託を組み合わせて投資する必要がある。これらの債券型は低金利なのであまり上昇は見込めないが、相場の下落時にはクッションになってくれるはずだ。

 また、たとえば「日本株だけ」など、一種類の資産に資金をつぎ込んでしまうと、相場の下落時にダメージが大きい。値動きの仕方が異なる資産に分散したほうが、値下がりリスクも低減できるものだ。

(※関連記事はこちら!)
iDeCoで失敗しない「資産配分」と「運用方法」を3つのステップで紹介! 定期預金と投資信託への適切な資産配分とおすすめの投資信託の種類とは?

 そこで、ここからは分散を重視して確定拠出年金のポートフォリオを組んでいる読者の実例を紹介。ダイヤモンド・ザイ9月号では、12人の読者の運用方針やポートフォリオを紹介しているが、今回は、その中から2例(File05楠木さん・File08もぐママさん)をピックアップする。

6本の投資信託に細かく分散投資!
大部分は株式型だが、債券型も積み立ててリスク管理!

【File05 楠木高広さん(仮名・静岡県・30歳)

 まずは、企業型の確定拠出年金に2015年7月から加入し、月々の掛け金1万3440円で、資産評価額69万9208円(掛け金の総額は57万5640円)を達成している楠木さんに、運用方針を聞いた。

 「2015年に勤務先が確定拠出年金制度に切り替えました。同僚は、一定額が保証されていた前の制度のほうがよかったと不満をもらしていましたが、私は自分で好きに運用できるのでいい制度だと思います。毎月の掛け金(1万3440円)を、6本の投資信託に分散して投資しています」

 分散の比率は、日本株型の投資信託2本で、全体の50%を占めている(インデックス型30%、成長株に投資するアクティブ型20%)が、外国株型10%、新興国株型16%に加えて、国内債券型18%、外国債券型6%と低リスクの投資信託も保有している。

 「個人の投資志向によって何パターンか用意されていたモデルの比率を参考に、高リターンを狙いたいので、株式型多めの比率にしました。月々の掛け金は2016年12月までは、私が掛けられる上限の2万7500円にしていましたが、今年から住宅ローンの返済が始まったため、投資信託の比率は変えず、家計の無理のない範囲で月々の掛け金を1万3440円に引き下げました。今までは順調に増えていますが、もし下落しても多くの口数を買えるので、一喜一憂せず続けていきたいです」

 投資で成果を得るためには、長期で継続することが大事だ。楠木さんのように、住宅ローン返済など支出に変化があった場合は、家計に無理のない額に変更して積み立てを続けよう。

スイッチングのしやすさも考えて、
日本株、外国株、リート、債券の4本を同比率で運用!

【File08 もぐママさん(ペンネーム・千葉県・45歳)】

 続いては、個人型の確定拠出年金(iDeCo)に挑戦している主婦のもぐママさんのケースを紹介する。

 制度改正で主婦でもiDeCoに加入できるようになったことから、2017年4月に運用を始めたもぐママさん。月々の掛け金は2万3000円で、始めたばかりのため資産評価額は6万7075円(掛け金の総額は6万5850円)。

 「主婦なので所得控除の恩恵は受けられませんが、運用利益が非課税になるメリットは享受したい! 主人の401kが羨ましかったけど、これで同等です」

 現時点で45歳のもぐママさんは、iDeCoの期限となる60歳まで、あと15年運用できる。

 「15年あるので、元本確保型や低利率の国内債券型の投資信託は選択肢から除外。掛け金は日本株型の投資信託25%、外国株型25%、外国債券型25%、外国リート25%に分散して積み立て中です。比率が崩れたときにスイッチングしやすいので、わかりやすい4等分の配分にしました。10年間は攻めの運用で積み立てを継続して、最後の5年間は世界経済の様子を見て比率を変えていく予定です。楽天証券を選んだのは口座管理料が無料だったから。運用期間3年未満の投資信託が多いのが不安ですが、低コストのインデックス型で運用中です」

(※関連記事はこちら!)
⇒「確定拠出年金」で利益を出している運用術を公開!個人型と企業型、それぞれの確定拠出年金の運用で成功している人の積み立て銘柄や資産構成比は?

「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ!口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!

【2017年10月13日時点】
【iDeCoおすすめ証券会社&銀行 比較】
別途、国民年金基金連合会へ支払う加入時手数料2777円国民年金基金連合会と信託銀行へ支払う手数料合計167円(毎月)がかかる。受取時は給付手数料432円(1回毎)を信託銀行に支払う。還付時には国民年金基金連合会と信託銀行への還付時手数料として合計1461円(1回毎)がかかる。 下記の金額はすべて税込の金額。
◆SBI証券⇒iDeCo(個人型401kプラン)詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 63本
【おすすめポイント】投資信託のラインナップが最多!  口座管理料が誰でも無料!
投資信託のラインナップが63本と豊富さでは群を抜き、低コストの商品もしっかり取り揃えている。2017年5月19日からは、口座管理料が誰でも0円で魅力的に。さらに、加入時・移換時手数料も無料で手数料の観点からも最もお得な金融機関だ。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・三菱UFJ国内債券インデックスファンド(信託報酬:0.13%)
・日興DCインデックスバランス[株式20](信託報酬:0.18%)
【関連記事】
◆【SBI証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料と加入時手数料が誰でもいつでも無料! 投資信託のラインナップが他社より圧倒的に豊富!
◆「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ! 口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが 充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!
◆iDeCoで人気の投資信託ランキング(2017年8月版)SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表!
iDeCo申込み(個人型401kプラン)SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 27本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 信託報酬の低い投信をラインナップ!
口座管理料が残高を問わず、誰でも0円でお得になった(2017年5月18日から開始)!投資信託も信託報酬の低いインデックス型が揃っている。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・たわらノーロード国内債券(信託報酬:0.16%)
・三井住友・DC日本株式インデックスファンドS(信託報酬:0.2%)
【関連記事】
◆【楽天証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料が誰でもずっと無料でお得! 運用コストをおさえた投資信託を多数ラインナップ
◆「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ! 口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが 充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!
iDeCo・楽天証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 21本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料!業界初(iDeCo)の運用商品を9本用意
口座管理料が誰でもずっと「無料」。投資初心者にも選びやすい、信託報酬(運用コスト)をおさえたインデックス型の投資信託、パフォーマンスが比較的優位なアクティブ・ファンドを合計21本用意。業界(iDeCo)で初めて取り扱う運用商品を9本も揃える。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)(信託報酬:0.1296%)
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.1674%)
【関連記事】
◆【マネックス証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得! 投資初心者にも選びやすい運用商品21本を厳選!
iDeCo申込み マネックス証券の公式サイトはこちら
◆大和証券⇒iDeCo(ダイワ年金クラブ)詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 15本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料に!
2017年9月11日から、毎月の口座管理料が誰でも無料に。さらに、加入・移換時、他の金融機関から大和証券へ運営機関を変更するときの手数料も無料になった。投資信託のラインナップは最小限にしぼりこまれている。インデックス型投資信託のコスト水準は十分低い。新興国株式の投資信託がBRICs4ヵ国個別なのが特徴的。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・DCダイワ日本株式インデックス(信託報酬:0.27%)
・DCダイワ日本債券インデックス(信託報酬:0.27%)
【関連記事】
◆【大和証券のiDeCo、手数料・メリットは?】残高50万円以上なら口座管理料が無料に!投資初心者も選びやすい、厳選された投資信託が魅力
大和証券のiDeCo公式サイトはこちら
◆イオン銀行⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 16本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 投資初心者でも選びやすい投資信託16本を厳選
口座管理料が誰でも0円加入時・移換時の手数料も無料で、手数料の観点からも最もお得な金融機関の1つ。投資信託のラインナップは16本と少ないが、信託報酬の低い商品が揃っており、投資初心者にも選びやすい。イオン銀行は受付金融機関、みずほ銀行が運営管理機関となるが、みずほ銀行の口座管理料は月額293円、さらにiDeCoで信託報酬の安いバランス型投資信託を用意していないので、みずほ銀行よりイオン銀行のiDeCoのほうがお得に運用できる。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・たわらノーロード国内債券(信託報酬:0.1620%)
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.1674%)
【関連記事】
◆【イオン銀行のiDeCo、手数料・メリットは?】口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得!ひふみ年金など、人気の投資信託16本で運用可能
iDeCo申込みイオン銀行の公式サイトはこちら
◆野村証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
残高100万円未満 残高100万円以上 残高200万円以上 加入時 移換時
283円 248円 203円 0円 0円 18本
【おすすめポイント】信託報酬の低い投資信託が揃い、掛金額が多い人には有利!
口座管理料は残高に応じて3段階。安くなるのは残高100万円からとハードルが高いが、2018年3月まで口座管理料が残高に限らず0円になるキャンペーンを実施中。投資信託は、日本のリート型を除き、低コストのインデックス型が一通り揃っている。残高200万円以上なら口座管理料は低くなるので、掛金額の多い人なら選択肢に。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・野村DC国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総合(信託報酬:0.17%)
iDeCo・野村証券の公式サイトはこちら
◆スルガ銀行⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
残高10万円未満 残高10万円以上 加入時 移換時
270円 0円 0円 4320円 30本
【おすすめポイント】口座手数料が残高50万円以上なら無料!定期預金だけの人におすすめ!
口座管理料が残高50万円以上なら無料。一方で投資信託の信託報酬は高め定期預金など元本確保型で運用したいにとっては口座管理料の安さが重要なので、そういう人にはおすすめ
iDeCo・スルガ銀行の公式サイトはこちら
◆りそな銀行⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入時 移換時
316円 0円 0円 31本
【おすすめポイント】2018年12月28日までの加入者は2年間口座管理料が無料!
口座管理料は通常316円ではあるものの、りそなグループからの引き落としなどの割引を使えば54円割引の262円になる。信託報酬の低さをアピールしており、実際にバランス型を含めて他社と比較しても有利な投資信託をラインアップしている。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・りそなDC信託のチカラ 日本の債券インデックスファンド(信託報酬:0.16%)
・りそなDC信託のチカラ 日本の株式インデックス談度(信託報酬:0.19%)
りそな銀行のiDeCo公式サイトはこちら
注目の iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較一覧はこちら!

【楽天銀行のiDeCo】
誰でも無条件で口座管理料や各種手数料が無料!
無料セミナーで初心者も安心⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株で1億円を目指す銘柄!今買う10倍株】
今後1年の日経平均の高値&安値を大予測
株で1億円を目指す10倍株ベスト67
・買い&売りをズバリ!人気株500診断
別冊付録!上場全銘柄の理論株価
・10年先を見通す10倍株
つみたてNISAのオトクな使い方

・買いの高配当株&優待株ベスト14
3万円以下で買える株ベスト9
・成長余力が大きい
有望IPO株
長期で値上がりを狙う厳選投資信託18本

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング