iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]
2017年11月15日公開(2017年11月15日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
山崎 俊輔

20代で「iDeCo」を始めるメリット・デメリットは?
会社員なら10年で最大55万円超が節税できるほか、
30年以上の時間を味方にすれば運用益も期待できる!

iDeCoのおすすめ金融機関

 「iDeCo(個人型確定拠出年金)」は、毎月の掛金が全額「所得控除」できたり、運用益が非課税になったりするなど、大きな節税メリットを得られる、老後資金づくりに有用な制度です。そんな「iDeCo」の加入資格が拡大されたのは2017年からで、これから「iDeCo」を始めようと思っている人の年齢はさまざまでしょう。

 そこで今回からは、「世代別のiDeCo攻略法」を考えていきたいと思います。まずは「20代編」です。老後まで30年以上の期間がある20代のうちから、「iDeCo」に加入するのはありなのか、なしなのか。20代から「iDeCo」を活用するならどのような方法が効果的なのか、考えてみましょう。

20代から「iDeCo」をはじめるメリットとは?
「長い加入期間」を味方に老後資金を増やせる!

20代でiDeCoを始めるメリット20代でiDeCoを始めると、メリットがたくさんあります!

 まず、20代から「iDeCo」に加入するメリットを考えてみましょう。

 なんといっても最大のメリットは、「長い時間」を使って老後の資産形成ができることです。これは「元本を多く積み上げる」という意味でも、「長期投資で運用益をたくさん稼ぐ」という意味でも、とても大きなメリットをもたらします。

 「iDeCo」の場合、どんな人も加入時には「ゼロ円のiDeCo口座」からスタートし、毎月一定の掛金を拠出していくことになります(拠出できる金額の上限は、職業や会社の年金制度などによって異なる)。20代のうちはiDeCoを活用せずに預貯金だけを積み上げていた人が、30代に入っていきなり「iDeCo口座」に100万円を拠出するようなことはできません。

 会社員の場合、ほかに企業年金があるなら毎月1万2000円、企業年金がないなら毎月2万3000円まで拠出できます。公務員は毎月1万2000円です。もし拠出できる上限額が毎月1万2000円だったとすれば、10年間で最大144万円の掛金を拠出することができます。もし拠出できる上限額が毎月2万3000円だったとすれば、10年間で最大276万円拠出できます。言い換えれば、30歳まで「iDeCo」に未加入の人は、20代の10年間ずっと「iDeCo」に加入していた人と比較して、最大144万円~276万円の掛金を積み上げるチャンスを失ったことになるわけです。

 そして同時に、掛金の全額が所得控除になるという税制優遇も取りこぼしたことになります。20代は所得があまり多くないので、実質的な税率も高くないと思います。仮に所得税と住民税を合わせた税率が20%の場合を考えてみましょう。

 月1万2000円の拠出枠があったにもかかわらず、20代で「iDeCo」に加入しなかった人は「月1万2000円×12ヵ月×10年×税率20%」=28.8万円の税金を20代の10年間で「払いすぎ」てしまったことになります。もし月2.3万円の拠出枠がある人なら、「月2万3000円×12ヵ月×10年×税率20%」=55.2万円もの税金を10年間で「払いすぎ」てしまったことになるわけです。

 また、20代で積み上げた掛金は、その後の30代以降の資産形成にも強みを発揮します。仮に300万円の残高をもって30歳を迎えた「iDeCo加入者」(月2万3000万円の拠出をその後も継続)と、30歳でゼロから月2万3000円の積立を始めた「iDeCo新規加入者」を比較してみましょう。

 どちらも運用利回りがずっと年率4%だったとすれば、60歳時点での受取額は、20代から「iDeCo」を始めて30歳時点で掛金が300万円あった人だと2590万円、30歳でゼロから始めた人なら1596万円になります。その差はおよそ1000万円です。最初の10年間のスタートダッシュで300万円の残高が「iDeCo口座」にあると、その後の運用による複利効果も高まり、30年後の資産額にさらなる差を生み出すのです。

投資をスタートするのには、
月5000円から始められる「iDeCo」がちょうどいい

 20代で「iDeCo」を始めるもうひとつの隠れたメリットは、「早くから投資経験が積めること」です。

 「iDeCo」で成功体験を積めれば、そのほかにも投資を行うモチベーションとなるでしょう。たとえ、損失(含み損)を抱えたとしても、「iDeCo」で積立投資を継続し、数年後にマーケットが回復した際に元本を取り戻せたり、または運用益を獲得できたりすれば、これも最高の投資経験になります。その後に多少のリスクがある投資を行っても、きっと精神的な余裕を持てるはずです。

 また、20代から「iDeCo」で投資を始める際は、可能であれば、複数のアセットクラス、特に国内外に分散投資された商品を選択したいところです。それぞれの商品への配分は毎月1000円程度であったとしても、さまざまな投資対象の値動きに関心を持つことは、その後の投資人生においていい経験になるはずです。20代で始めた場合は多少のリスクはとりやすいでしょうし、少額の分散投資であれば、損失に対する心理的なストレスもそれほど大きくはならないと思います。

 「iDeCo」の場合、月額5000円から拠出できますから、「無理のない拠出金額を設定して、老後の資産形成のベース作りと投資経験を蓄積する」ために、「iDeCo」を始めてみるのもいいかもしれません。

20代からあえて「iDeCo」を始めないメリットは?
「60歳まで原則解約できない」デメリットをよく考慮しよう

 ここまで20代から「iDeCo」を始めるメリットをお話ししてきましたが、「あえて20代はiDeCo加入を見送る」ことも選択肢として考えられます。なぜなら、「iDeCo」には「原則的には60歳になるまで解約が不可能(=資金を引き出せない)」という法的な制限があるからです。

 個人が契約する金融商品として考えてみたとき、中途解約を認めないのは、きわめて特殊な契約です。掛金の全額が所得控除になるというきわめて強力な税制優遇とのトレードオフとはいえ、20代の加入者の場合、受け取れるのが30年以上も先になる資産が一切、途中で解約できないのはとても厳しい条件と言えます。

 そうしたデメリットを踏まえて、あえて20代では「iDeCo」への加入を見送るのもありでしょう。ただしこの場合は、「iDeCo」に投入しなかった掛金の相当額を有意義に使わなければいけません。

 例えば、自身のキャリア形成にその資金を用いることができれば、その後の資産形成の余力を高めることになり、「使い道」としては有意義です。仕事に役立つ資格を取る費用に充てる、専門知識を高めるための書籍購入に充てるなどして、20代後半から30代にかけて年収アップを実現できれば、20代で積み上がると想定される「iDeCo」の残高も、その後の年収増に伴う貯蓄の原資アップ(iDeCo以外の制度も活用する)で取り戻すことができるでしょう。

 もちろん、「iDeCo」への拠出は見送るものの、そのほかの資産形成の原資に充てるのも選択肢の1つです。掛金が所得控除になるというメリットは得られませんが、「NISA」や「つみたてNISA」を活用すれば、運用益が非課税になるというメリットは得られます。また、「NISA」や「つみたてNISA」の資金はいつでも解約できるという自由があるため、「iDeCo」と違って資金の使い道にも選択肢が増えます。

(※関連記事はこちら!)
つみたてNISA(積立NISA)を始めるなら、おすすめの証券会社はココだ!手数料や投資信託の取扱数などで比較した「つみたてNISA」のおすすめ証券会社とは?

 その場合は、「NISA」や「つみたてNISA」を活用した投資経験を20代のうちに積んでおくことで、30代以降では「iDeCo」を活用した積極的な投資に取り組みやすくなるのではないでしょうか。

 今回は、20代で「iDeCo」を始めるメリットについてお話ししました。次回は、「30代のiDeCo攻略法」について解説していきましょう。

【※関連記事はこちら!】
iDeCoに入るべき人、入らないほうがいい人は? 積極的にiDeCoを利用すると得をする3つのタイプと、iDeCoに入らないほうがいい4つのケースを紹介!
「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ!口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!

【2017年10月30日時点】
【iDeCoおすすめ証券会社&銀行 比較】
別途、国民年金基金連合会へ支払う加入時手数料2777円国民年金基金連合会と信託銀行へ支払う手数料合計167円(毎月)がかかる。受取時は給付手数料432円(1回毎)を信託銀行に支払う。還付時には国民年金基金連合会と信託銀行への還付時手数料として合計1461円(1回毎)がかかる。 下記の金額はすべて税込の金額。
◆SBI証券⇒iDeCo(個人型401kプラン)詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 63本
【おすすめポイント】投資信託のラインナップが最多!  口座管理料が誰でも無料!
投資信託のラインナップが63本と豊富さでは群を抜き、低コストの商品もしっかり取り揃えている。2017年5月19日からは、口座管理料が誰でも0円で魅力的に。さらに、加入時・移換時手数料も無料で手数料の観点からも最もお得な金融機関だ。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・三菱UFJ国内債券インデックスファンド(信託報酬:0.13%)
・日興DCインデックスバランス[株式20](信託報酬:0.18%)
【関連記事】
◆【SBI証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料と加入時手数料が誰でもいつでも無料! 投資信託のラインナップが他社より圧倒的に豊富!
◆「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ! 口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが 充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!
◆iDeCoで人気の投資信託ランキング(2017年9月版)SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表!
iDeCo申込み(個人型401kプラン)SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 27本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 信託報酬の低い投信をラインナップ!
口座管理料が残高を問わず、誰でも0円でお得になった(2017年5月18日から開始)!投資信託も信託報酬の低いインデックス型が揃っている。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・たわらノーロード国内債券(信託報酬:0.16%)
・三井住友・DC日本株式インデックスファンドS(信託報酬:0.2%)
【関連記事】
◆【楽天証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料が誰でもずっと無料でお得! 運用コストをおさえた投資信託を多数ラインナップ
◆「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ! 口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが 充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!
iDeCo・楽天証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 21本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料!業界初(iDeCo)の運用商品を9本用意
口座管理料が誰でもずっと「無料」。投資初心者にも選びやすい、信託報酬(運用コスト)をおさえたインデックス型の投資信託、パフォーマンスが比較的優位なアクティブ・ファンドを合計21本用意。業界(iDeCo)で初めて取り扱う運用商品を9本も揃える。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)(信託報酬:0.1296%)
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.1674%)
【関連記事】
◆【マネックス証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得! 投資初心者にも選びやすい運用商品21本を厳選!
iDeCo申込み マネックス証券の公式サイトはこちら
◆大和証券⇒iDeCo(ダイワ年金クラブ)詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 15本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料に!
2017年9月11日から、毎月の口座管理料が誰でも無料に。さらに、加入・移換時、他の金融機関から大和証券へ運営機関を変更するときの手数料も無料になった。投資信託のラインナップは最小限にしぼりこまれている。インデックス型投資信託のコスト水準は十分低い。新興国株式の投資信託がBRICs4ヵ国個別なのが特徴的。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・DCダイワ日本株式インデックス(信託報酬:0.27%)
・DCダイワ日本債券インデックス(信託報酬:0.27%)
【関連記事】
◆【大和証券のiDeCo、手数料・メリットは?】残高50万円以上なら口座管理料が無料に!投資初心者も選びやすい、厳選された投資信託が魅力
大和証券のiDeCo公式サイトはこちら
◆イオン銀行⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 16本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 投資初心者でも選びやすい投資信託16本を厳選
口座管理料が誰でも0円加入時・移換時の手数料も無料で、手数料の観点からも最もお得な金融機関の1つ。投資信託のラインナップは16本と少ないが、信託報酬の低い商品が揃っており、投資初心者にも選びやすい。イオン銀行は受付金融機関、みずほ銀行が運営管理機関となるが、みずほ銀行の口座管理料は月額293円、さらにiDeCoで信託報酬の安いバランス型投資信託を用意していないので、みずほ銀行よりイオン銀行のiDeCoのほうがお得に運用できる。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・たわらノーロード国内債券(信託報酬:0.1620%)
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.1674%)
【関連記事】
◆【イオン銀行のiDeCo、手数料・メリットは?】口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得!ひふみ年金など、人気の投資信託16本で運用可能
iDeCo申込みイオン銀行の公式サイトはこちら
◆野村證券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
残高100万円未満 残高100万円以上 残高200万円以上 加入時 移換時
283円 248円 203円 0円 0円 18本
【おすすめポイント】信託報酬の低い投資信託が揃い、掛金額が多い人には有利!
口座管理料は残高に応じて3段階。安くなるのは残高100万円からとハードルが高いが、2018年3月まで口座管理料が残高に限らず0円になるキャンペーンを実施中。投資信託は、日本のリート型を除き、低コストのインデックス型が一通り揃っている。残高200万円以上なら口座管理料は低くなるので、掛金額の多い人なら選択肢に。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・野村DC国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総合(信託報酬:0.17%)
iDeCo・野村證券の公式サイトはこちら
◆りそな銀行⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入時 移換時
316円 0円 0円 31本
【おすすめポイント】2018年12月28日までの加入者は2年間口座管理料が無料!
口座管理料は通常316円ではあるものの、りそなグループからの引き落としなどの割引を使えば54円割引の262円になる。信託報酬の低さをアピールしており、実際にバランス型を含めて他社と比較しても有利な投資信託をラインアップしている。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・りそなDC信託のチカラ 日本の債券インデックスファンド(信託報酬:0.16%)
・りそなDC信託のチカラ 日本の株式インデックス談度(信託報酬:0.19%)
りそな銀行のiDeCo公式サイトはこちら
注目の iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較一覧はこちら!

【楽天銀行のiDeCo】
誰でも無条件で口座管理料や各種手数料が無料!
無料セミナーで初心者も安心⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

12月号10月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株で資産倍増計画![2018年版]】
1億円に早く近づく厳選56銘柄を公開
億超え投資家資産倍増の極意
・今後1年の日経平均の高値&安値を大予測
プロが提言! 2018年に日本株を買うべき理由! 
・変化の追い風を先読み! 新デフレ&新興国株
・好業績&割安! 上方修正期待株&成長割安株
・第4次産業革命! 独自技術を持つ部品株
新iPhone上がる株 25
利回りが大幅アップ!「長期優遇あり」の優待株
・今買うべき新興国株投資信託ベスト25
ネット証券のサービスを徹底比較! 
・怖いのは死亡・入院だけじゃない!
「働けない」を 助ける保険! 
iDeCo個人型確定拠出年金老後貧乏脱出!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング