FP花輪陽子のシンガポール移住日記
【第32回】 2018年4月16日公開(2018年4月16日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
花輪陽子

香港で購入できる金融商品の魅力とは? 外国債券が
充実している香港の金融機関なら、長期的な資産形成
や老後の定期的な収入の確保も可能になって魅力的!

 ファイナンシャル・プランナー(FP)の花輪陽子です。先日、香港にある「Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB)」主催のセミナーに参加してきました。NWBは、日本の新生銀行やマネックス証券などが出資している金融機関です。今回は、そのセミナーで学んだ香港の最新金融情報をレポートしたいと思います。

香港では当局が金融商品を管理し、
ハイリスク&ローリターンな商品は販売しない

 香港は金融が発達している都市です。香港の株式市場は時価総額が大きく、世界最大規模の新規株式公開(IPO)市場でもあります。

 日本や欧州における規模が大きい金融機関の多くは、香港を重視して多くの人員を配置しています。香港がアジアトップクラスの金融センターとして、盤石の地位を維持し続けることは間違いないでしょう。東京やシンガポールも金融市場は発達していますが、どのようにしてこの強豪・香港と棲み分けていくのかが注目されます。

高層ビルが立ち並ぶ香港高層ビルが立ち並ぶ香港の街並み。

 NWB(Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank)のセミナーでは、そんな香港の金融機関で販売されている金融商品について詳しく知ることができましたが、その洗練されたラインナップには驚かされました。

 香港当局は、非常に厳しく金融商品の管理をしています。そのため、“リターンに見合ったリスクレベルの商品”しか、金融機関で取り扱っていない印象です。

 リターンとリスクが比例するのは当然のことのようですが、日本には意外とそうでもない金融商品もあります。日本の証券会社でごく当たり前に取り扱っている投資信託などでも、香港ではリスクが高すぎて取り扱えないものが多いそうです。

日本の一般的な金融機関とは異なる
NWBのサービスや、金融商品のラインナップとは?

 ちなみに、NWBで口座開設をする際には、「リスク許容度診断」が行われます。担当についたスタッフとは別のスタッフが、顧客の投資経験や収入、資産などから、総合的にリスク許容度を診断するシステムになっていました。これを行うと、顧客のリスク許容度に合わせて資産運用のプランニングをしてもらうことができるので、安心感があります。

 具体的な金融商品の中身ですが、米ドル建ての投資信託がメインで、モーニングスターの格付けが高く、アジア通貨危機やリーマンショックを生き残った、長寿の投資信託が多い印象です。

 日本の金融機関が設定した投資信託の場合、純資産総額の減少などが理由で繰上償還となって、運用が終了してしまうことも少なくありません。せっかくコツコツ積み立てをしても、投資信託が急に繰上償還をしてしまったら、投資家にとっては大きな打撃です。しかし、長寿の優秀な投資信託なら、こうした心配を高い確率で回避できます。

「外国債券のラインナップ」が充実している点が
香港の金融機関の大きな魅力!

 また、シンガポールもそうですが、香港の金融機関は外国債券(外債)のラインナップが充実しています。ただ、多くは最低売買単位が約1000万円以上と、ハードルはかなり高めです。それでも、たとえば退職金をもらったとき、あるいは保険の満期金をもらったときなどに、2~3本の外国債券を組み合わせて買っておくことはできるかもしれません。

 外国債券の中には、定年退職した世代の方に適したものもたくさんあります。老後の収入を考える場合、年金は2カ月に一度の支給になるので、収入が入らない月が出てきます。外国債券は半年に一度クーポン(金利)を受け取れることが多いのですが、年金支給がない月にクーポンを受け取れるように外国債券を買っておくと、年金以外にも収入の源泉を持つことができます。 

 現役世代の中には、定年退職後に収入が減ることを不安に思っている人も多いでしょう。退職したからといって、急に生活水準を落とすのは難しいので、40~50代のうちに老後の収入をどのようにして補うか、プランを立てておくことが重要です。

 債券の場合、満期まで持てば、原則として元本割れせずに資金が戻ります。株式も配当金を受け取れますが、価格変動が激しいという側面があります。その点、債券なら心の安定を保ちながらクーポン収入を得られます。

 ただし、香港やシンガポールの外国債券は、米ドルなど外国通貨建てになっているので、日本で生活をする人にとっては「為替リスク」があるのは注意点です。外国通貨ベースでは元本割れしなくても、円換算すると元本割れしてしまう可能性はあります。よく海外旅行する(もしくは、老後に海外旅行をしたい)という人は、現地通貨のまま利用することも含めた上で、どれくらいの金額までなら為替リスクを取れるのか考えてから、投資を検討するようにしましょう。

 香港やシンガポールの金融機関は、アジアの国や企業の債券ラインナップが豊富ですが、これは富裕層の多くが債券と投資信託を中心とした運用をしていることと無関係ではありません。日本の金融機関だと、個人が外国債券を購入しようにも、選択肢は米国債などごく一部の銘柄に限られてしまうので、香港やシンガポールの金融機関は魅力的と言えるでしょう。

日本に居住しながら香港で口座を開くのは難しいが、
NWBなら他の金融機関よりハードルが低い

 それでは、香港の金融機関で口座を開くにはどうすればよいのでしょうか? 

 原則として、日本にいながら海外の金融機関に口座を開設することは、容易ではありません。近年、香港では日本語デスクをなくしているプライベートバンクも多く、老舗のHSBCですらも、最近は英語や広東語でかなり交渉をしなければ、口座の開設が難しいようです。

 そんな中、NWBは日本語での対応を行っており、預け入れ金額などのハードルが低いことが魅力です。低価格で積み立てられる投資信託なども取り扱っており、香港の金融商品に興味を持っている日本人にとっては、かなり入りやすい入口と言ってもいいでしょう。

 最後に、海外の金融機関を使った運用で、コスト面が割高になりはしないか――という問題ですが、基本的にコストは“預け入れ資産に合わせた金額”になるのが原則です。

 資産とコストが比例する、という意味ではなく、少額での投資の場合はコストが割高になり、逆にプライベートバンクのような大口の投資になると、非常にコストは抑えられます。そのため、1000万円以上など、ある程度まとまった資産を運用したい人向きであると言えるでしょう。

 今回、NWBのセミナーに参加をして、個人的にも購入したい投資信託や外国債券をたくさん知ることができ、ワクワクしました。そして、無駄遣いをやめて、老後に債券で安定した収入を確保できるよう励もうと決めました。

 香港の金融商品に興味がある方は、旅行も兼ねながら香港のセミナーや金融機関巡りに気軽に参加してみてはいかがでしょうか。

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2018年の最強カードは?
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]
2018年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!アメリカン・エキスプレスカード(アメックス)でおすすめクレジットカードはコレだ!
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2018年7月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
「楽天Edy」への
チャージ分は
還元率0.5%
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2018年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2018年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
◆「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まる!
関連記事
「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo!ショッピングなら楽天より楽に20%還元に!「ソフトバンク携帯」+「Yahoo! JAPANカード」で効率よくTポイントを稼いで得する方法を伝授!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 JCB CARD W(ダブル)
1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
還元率で選ぶ!高還元クレジットカードおすすめランキング!JCB CARD W(ダブル)の公式サイトの公式サイトはこちら
 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ!(マイル系カード部門)
◆航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【アメックス・スカイ・トラベラー・カード】
高還元+無期限で貯まり、15社のマイルに自由に
交換できる最強マイル系カード⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 住信SBIネット銀行の住宅ローンは全疾病保障(8疾病+病気・ケガ)を無料で付帯!  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説! 楽天カードはクレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの楽天Edyの3つの機能を1枚に集約した三位一体型カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

サラリーマンが
株で1億円作ったワザ
人気の株500激辛診断

8月号6月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

 

サラリーマン1億円を作った(秘)ワザ】

メディア初登場多数
サラリーマンが株で1億円作ったワザ
会社員億超えしたワザ 
1億円到達目前の人のワザ
年金悠々自適の人のワザ
桐谷さんが優待株で3億円を築くまで

人気の株500+Jリート14激辛診断
・2018年後半に勝機をつかむ5大ランキング
10万円株7+高配当株7+株主優待株7
人気大型株371[東証1部&東証2部]
プロ100人がズバリ! 日本株&為替 大予測

今の株価が割安か割高かを一発判定!
日経平均の理論株価は2万2654円
・上場全3697銘柄の最新理論株価

●高配当型より圧倒的に好成績
米国成長乗る狙いめ投信

<別冊付録>ふるさと納税少額寄附でもらえる品
3000円5000円も豪華なモノが! 
・ふるさと納税1万円未満でもらえる返礼品

●一緒に月1万円の「投資」を始めよう! 
●勝谷誠彦の自腹で1000万円「株」投資日記
●株入門マンガ恋する株式相場!

 


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング