クレジットカードの達人!ゴールド&プラチナカード比較
【第12回】 2015年4月27日公開(2015年5月11日更新)
バックナンバー

「クレジットカードの達人!ゴールド&プラチナカード比較」

著者・コラム紹介

岩田昭男 [消費生活評論家]

1952年生まれ。早稲田大学第一文学部、同大学院修士課程修了。月刊誌記者を経て執筆・評論活動を開始。独自の調査・研究で、流通、クレジットカード、電子マネーなどをテーマにフリージャーナリストとして活躍中。『ポイント、マイルが倍返し!!クレジットカード最強の法則』(徳間書店)『ネットからリアルへ O2O(オー・トゥー・オー)の衝撃 決済、マーケティング、消費行動……すべてが変わる!』(阪急コミュニケーションズ)ほか多数。「岩田昭男の上級カード道場」(http://iwataworks.jp/)主宰。

クレジットカードの達人!ゴールド&プラチナカード比較

クレジットカードの達人・岩田昭男が、ゴールドカード&プラチナカードのほか、豪華な付帯サービスがついたプレミアムカードを徹底比較! 数多いクレジットカードの中から、世界中の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」や高額な付帯保険、コンシェルジュサービスなど、保有するメリットが豊富なおすすめのゴールドカード&プラチナカードを紹介します! 

岩田昭男 [消費生活評論家]

クレジットカードの入会審査の実態を解説!
収入が少ない人や非正規で働く人は
ゴールドカードやプラチナカードは作れないのか?

1

 過去にクレジットカードに申し込んだことがある方ならおわかりのように、どんなクレジットカードでも、入会にあたっては審査があります。クレジットカードは「利用者が一時的に借金して決済する」という仕組みなので、お金の貸し手であるクレジットカード会社は、ある程度、その相手を選びます。無担保融資ですから、信用の置けない相手にクレジットカードを発行し、貸し倒れになっては困るからです。

 そこで行われるのが「入会審査」です。そして、一般的なクレジットカードよりもゴールドカードやプラチナカードといった上級カードのほうが、利用限度額が大きくなる分、当然ながら入会審査も厳しくなります。

 ただ、その「審査基準」というのが具体的にどのようなものかは、一般的にあまり知られていないですし、誤解も多いように見受けられます。審査についてきちんと理解しておかなければ、いずれ上級カードを持ちたいというときに、つまずいてしまう可能性があります。そこで今回は、クレジットカードの審査をテーマとしてお話を進めていきましょう。

クレジットカード会社が最も恐れているのは「貸し倒れ」。
入会審査は貸し倒れによる焦げ付きを未然に防ぐため

 まず、理解しておきたいのが「クレジットカードはその人の信用力を測る物差し」であるという点です。簡単にいうと、「お金を貸しても大丈夫」と万人に太鼓判を押されるような人が、イコール「信用力のある人」です。

 それでは、どのような状態であれば信用力が高いと見なされるのでしょうか? それを測る基準として一般的によく知られているのが「年収」です。しかし、単純に年収だけで判断されるわけではありません。年収がそれほど高くなくても、上級カードの審査に通る人はいます。

 クレジットカード会社はもっと複合的な要素に基づいて、審査を行っています。その審査基準のコアにあるのは、「3つのC」といわれるもの。それは以下のような内容です。

●Capacity(キャパシティー)=返済能力
●Character(キャラクター)=性格
●Capital(キャピタル)=資産

 このうち最も重要視されるのは「キャパシティー」です。キャパシティーの有無は、その人に定期収入があるか、これまでにクレジットカードの利用額の返済が滞った履歴がないか……といった点から判断されます。

 仮に年収が高くても、すでに保有しているクレジットカード利用額の返済にちょこちょこ遅れていたりすると、最終的に返済はしていたとしても「だらしない性格」という烙印を押され、「キャラクター」の部分でマイナス判定が下されます。

 最後に「キャピタル」というのは、不動産や貯蓄の有無です。クレジットカード申込者が急に失業すると、返済が滞る可能性があります。そんなときに、担保となる資産を有しているかどうかをチェックするわけです。

 すべてのクレジットカードの審査において、これらすべてを厳密にチェックしているわけではありませんが、上級カードの審査では必ず3つのCが重視されています。とはいえ、一部のゴールドカードでは、そこまで審査が厳しくないものもありますし、一般カードのハードルはさらに低く設定されていると考えていいでしょう。

医師、弁護士、公務員、大企業の会社員の信用力はハイレベル。
逆に、自営業や非正規労働者の信用力は低いと判定される

 3つのCにおいて問題がないかを推し測るために、クレジットカード会社は申込者の属性など、細かなプロフィールをチェックしています。主な確認事項は以下のとおりです。

●年齢
●勤務年数
●職種
●勤務先規模
●年収
●居住年数
●住居形態
●家族構成
●電話

 ざっと見ただけで、クレジットカード会社がチェックする意図がすぐにわかるものもあれば、ややわかりにくいものもあるかもしれません。順に説明していきましょう。

 まず、「年齢」については、各クレジットカード会社で「20歳以上申し込み可」などの条件を設定しています。上限は65~70歳程度の場合が多いでしょう。対象年齢から外れている人は、そもそも申し込みができません。この基本の条件を満たしていることは大前提です。

 次に、「勤務年数」は一般に長いほど有利とされますが、最近は転職も一般化しているため、そこまでシビアに見られなくなってきました。特に、転職によって以前より規模の大きな会社に移った場合などは、むしろ好感触で受け止められます(ただ、クレジットカードによっては「勤続1年以上」を入会条件としていることもあります)。

 また、新入社員で勤務歴のない人の場合、勤務年数は問われません。多くのクレジットカード会社は新入社員にクレジットカードを持ってもらいたいと考えているので、新入社員であることはむしろ審査に有利に働くこともあります。

 「職種」に関しては、「高い年収が継続して受け取れるか否か」で判断されるため、医師(特に開業医)、弁護士、公務員などが有利です。ちなみに、歯科医師は高給の人も多い一方で、近年は有資格者の数が増えすぎて、廃業する人も増加している影響から、信用が低いとも言われます。

 このように、若干でもマイナスイメージのある職種には、点が辛くなるのがカード審査の特徴です。なお、前述のように、高い年収を確保し続けられる公算が高いことから、勤務先の規模は大きいほど信用がアップします。

持ち家、固定電話の有無、家族の有無などから
「借金を踏み倒して夜逃げするリスク」を測られている

 続いて「年収」ですが、もしあなたがゴールドカードを作りたい場合には、「年収500万円以上」というのが一つの目安となります。ちなみに、一般カードで年会費無料のものであれば、「年収200万円以上」が目安と考えておけばいいでしょう。

 ただ、クレジットカード会社は年収の額面だけでなく、可処分所得も重視していることを忘れてはいけません。

 仮に、同じ会社に勤め、年収も同じという35歳の男性が2人いたとしましょう。一方が独身、一方が4人の子持ち、持ち家あり……だった場合、可処分所得が多いのは明らかに前者でしょう。そのため、この比較では前者のほうが有利(クレジットカード会社の優良顧客になると見なされる)なのです。

 もっとも、クレジットカード会社は可処分所得の高さだけでなく、持ち家の有無や今の住まいの居住年数、家族形態などもチェックしています。また、独身よりも結婚している人、賃貸よりも持ち家のある人のほうが、信用力は高いです。

 独身の人は、賃貸物件での一人暮らしよりも、実家暮らしのほうが信用されます。賃貸物件で一人暮らしの場合、あちこち転々としているよりは、一カ所に長く住んでいる人のほうが、安定感があると見なされます。また、電話も「携帯電話だけ」という人より「固定電話がある」という人のほうが信用されます。

 なぜこのような基準になっているかといえば、家や家族、固定電話といった、いってみれば「簡単に夜逃げできない要素」を多く持っている人のほうが、クレジットカード会社からしてみると安心してお金を貸しやすいからです。

 賃貸の住居の居住年数などは、「書類にウソを書いてもバレないのでは?」と思われるかもしれません。確かにバレないこともあるでしょうが、上級カードの場合は免許証などから転居の履歴をチェックして裏を取ることも行われています。もし、そこでウソがバレてしまうと、3つのCの「キャラクター」の部分で問題があると見なされるため、審査を通るのは難しくなるでしょう。

 以上を総合すると、既婚のDINKS、あるいは子どもが1~2人程度の人で、大企業や官公庁などに勤務し(あるいは開業医、医師として働き)、年収がすでにそこそこ高く、将来的にも安定しており、なおかつ持ち家などの資産があって、無理なローンを組んでおらず(可処分所得が多く)、過去にカードの返済が滞っていない人――これこそが信用力のすこぶる高い人といえます。

流通系カードなど、作りやすいカードを持つところからスタート
クレジットヒストリーを積み重ねれば、信用力が高くなっていく

 逆にいうと、独身の自営業者、あるいはフリーターや非正規労働者、年収は200万円未満(あるいは不安定)、親とは別居で賃貸暮らし――というような状況の人は、残念ながら「信用力が低い」と位置付けられやすくなります。特に、独身で年収が低すぎる人だと、どのようなクレジットカードであっても、作るのは難しいかもしれません。

 しかし、自営業者や非正規労働者でも悲観する必要はありません。

※「Apple Pay」対応おすすめクレジットカードを紹介!
Apple Payに登録して得する、高還元率クレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
おすすめのヤング&格安ゴールドカードはコレだ!ページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2016年12月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0%
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
2015年4月1日に新登場!
 Yahoo! JAPANが新発行したカードで、年会費無料ながら、通常還元率は1%Yahoo!ショッピングでは還元率2%(+Yahoo!ショッピング付与分の1%と合計ではなんと還元率3%!)で「Tポイント」が貯まる。国際ブランドに「JCB」を選べば「nanaco」チャージでも還元率1%! 「Tカード」機能搭載なので、街中でも「Tポイント」が貯まる&使える!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA

WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
高還元クレジットカードおすすめランキング!エポスカードの公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント】
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【楽天カード】
年会費無料でどこでも還元率1%、楽天市場なら
還元率4%超の最強カード!⇒関連記事はこちら

楽天カード公式サイトはこちら
Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!