クレジットカードの達人!ゴールド&プラチナカード比較
【第20回】 2015年10月9日公開(2018年7月13日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
岩田昭男 [消費生活評論家]

「ビューゴールドプラスカード」は、JR東日本利用者
にメリットがあるビューカード初のゴールドカード!
女性ならルミネで得する「ルミネカード」もおすすめ

 前回から、おすすめの「ビューカード」についてお話ししています。
(関連記事⇒Suica搭載のクレジットカードでおすすめの1枚は?「ビックカメラSuicaカード」は、実質年会費無料で「ビューカード」でもっとも高い還元率1~1.5%に!

「ビューカード」は2013年3月に「交通系電子マネー」の相互利用が開始されて全国で利用できるようになった「Suica」が搭載されているので、JR東日本管内以外にお住まいの方にもおすすめできるクレジットカードです。

 「ビューカード」にはさまざまな種類がありますが、その中でも私がイチオシのカードは以下の3枚です。

ビックカメラSuicaカード
ビューゴールドプラスカード
ルミネカード


 前回は「ビューカード」の中でもっとも還元率が高い「ビックカメラSuicaカード」について解説しました。

ビックカメラSuicaカード
還元率  1.0~10%
(一般加盟店では1.0%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなどは1.5%、「ビックカメラ」では10%
発行元  ビューカード
国際ブランド  VISA、JCB
年会費(税抜)  初年度無料、2年目以降477円
 
(年1回の利用で次年度以降も無料)
家族カード  なし
ポイント付与対象の
電子マネー
 Suica、モバイルSuica
ビックカメラSuicaカード公式サイトはこちら


ビックカメラSuicaカード」以外の「ビューカード」の場合、通常のショッピングの還元率は0.5%です。しかし、「ビックカメラSuicaカード」は「ビックポイント」と「ビューサンクスポイント」がダブルで貯まるため、合計すると還元率は1.0%となります。

 さらに、ほかの「ビューカード」同様、「Suica」や「モバイルSuica」へのチャージ分、JR東日本で定期券、乗車券などの購入時には、還元率が1.5%になります。しかも、年会費が初年度無料、2年目以降も年1回でも利用すれば無料になる「実質」年会費無料カードなので、多くの人におすすめできます。

 今回は、「ビックカメラSuicaカード」以外の2つの「ビューカード」について解説したいと思います。
 まずは「ビューゴールドプラスカード」です。

ビューゴールドプラスカード
還元率 0.5~1.5%
(一般加盟店では0.5%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなどは1.5%
ビューゴールドプラスカード詳細はこちら
発行元 ビューカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 1万円
家族カード(税抜) あり
(1人目は年会費無料、2人目以降3000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
ビューゴールドプラスカード公式サイトはこちら


ビューゴールドプラスカード」は、以前に「ゴールドカードおすすめランキング!【2015年夏】クレジットカードの達人・岩田昭男さんが選ぶ、おすすめのゴールドカードBEST3+αを発表!」という記事でも紹介しました。

 このとき、「ビューゴールドプラスカード」は「ゴールドカードおすすめランキング」のベスト3に続く「次点」という位置でした。「イオンゴールドカードセレクト」や「楽天プレミアムカード」「ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード」の上位3つのゴールドカードについては、過去の記事を読んでいただきたいですが、どれも高還元率で特典内容も素晴らしく、甲乙つけがたいものばかりです。

 それらと比較すると、「ビューゴールドプラスカード」はいささか地味かもしれません。ただ、それでも「次点」で紹介したのは、電鉄系最大手・JRのクレジットカードならではと言える特典があるからです。JR東日本を毎日のように利用する人や、出張などでJR東日本の新幹線をよく利用する人などは十分持つ価値があるゴールドカードなので、そのスペックを解説していきましょう。

基本の「『ビュー・スイカ』カード」は
ローコスト&多機能なハイスペックカード

 「ビューゴールドプラスカード」は、「ビューカード」でもっともオーソドックスなカードである「『ビュー・スイカ』カード」の上級カードです。そこで、「『ビュー・スイカ』カード」についても簡単に説明しておきます。

「ビュー・スイカ」カード
還元率 0.5~1.5%
(一般加盟店0.5%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなど1.5%
「ビュースイカ」カード詳細はこちら
発行元 ビューカード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費(税抜) 477円
家族カード あり(年会費477円、税抜)
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
Suica搭載のクレジットカードでおすすめの1枚!「ビュー・スイカ」カード公式サイトはこちら


『ビュー・スイカ』カード」の大きな特徴は、電子マネー「Suica」が搭載されていて、さらに「定期券」情報も搭載することもできるという点です。「定期券」はJR東日本のエリアだけでなく、私鉄にまたがる場合もOKですし、一部のバスの「定期券」情報も搭載可能です。

 そのため、「『ビュー・スイカ』カード」1枚あれば、クレジットカード・電子マネー・定期券という3つの役割で利用することができます。この点はほかの「ビューカード(提携カード除く)」も同様ですが、財布がスッキリするので快適です。

『ビュー・スイカ』カード」は、利用するたびに「ビューサンクスポイント」が貯まります。先ほども書いたように、通常の還元率は0.5%と、クレジットカードとしては平均レベルです。「ビックカメラSuicaカード」のように、還元率1%を超える高還元クレジットカードが増加しているなかでは、還元率が低いと感じてしまうかもしれません。

 ただし、「Suica」「モバイルSuica」へのチャージや、JR東日本の乗車券、定期券、回数券、特急券などの購入時にはポイントが3倍になります。つまり、還元率1.5%ということですから、この特典を考えれば、還元率に関しては「及第点」と言っていいでしょう。

 さらに、ENEOSなど駅以外の特約店で利用したときにも、還元率が1%までアップする場合があります。貯まった「ビューサンクスポイント」は「Suica」と交換できる他、「びゅう商品券」や「ルミネ商品券」「グリーン車利用券」などの商品券やギフトカードと交換することも可能です。

 年会費は477円(税抜)ですが、「Web明細」を利用すると、毎年最大600円相当のポイントが貯まるため、このポイントだけで年会費分を回収できてしまいます。コストがかからない割に優れたクレジットカードであるため、「今はただのSuica定期券を使っている」という人は、手始めに「『ビュー・スイカ』カード」から検討するのが一般的です。

「ビュー・スイカ」カード
還元率 0.5~1.5%
(一般加盟店0.5%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなど1.5%
「ビュースイカ」カード詳細はこちら
発行元 ビューカード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費(税抜) 477円
家族カード あり(年会費477円、税抜)
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
Suica搭載のクレジットカードでおすすめの1枚!「ビュー・スイカ」カード公式サイトはこちら

 

「ビューゴールドプラスカード」は
使えば使うほどボーナスポイントによって還元率がアップする!

 それでは、この「『ビュー・スイカ』カード」と「ビューゴールドプラスカード」はどこが、どう違うのでしょうか?

 まず大きな違いは、当たり前の話ではありますが、年会費に差があるところです。「『ビュー・スイカ』カード」の年会費は477円(税抜)ですが、「ビューゴールドプラスカード」の年会費は1万円(税抜)となっています。

ビューゴールドプラスカード
還元率 0.5~1.5%
(一般加盟店では0.5%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなどは1.5%
ビューゴールドプラスカード詳細はこちら
発行元 ビューカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 1万円
家族カード(税抜) あり
(1人目は年会費無料、2人目以降3000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
ビューゴールドプラスカード公式サイトはこちら


 これだけ年会費が違うからには、相当多くのメリットがないと納得できませんね。次ページから、「ビューゴールドプラスカード」のお得な特典を紹介しながら、2つのカードをさらに詳しく比較してみたいと思います。

 「『ビュー・スイカ』カード」と「ビューゴールドプラスカード」の機能面での違いを比較するには、右下の画像がわかりやすいと思います。

基本的な仕組みは共通だが、「ビューゴールドプラスカード」の方が年会費が高い分、特典が多い。

 まず、気になるポイントの貯まり方ですが、画像からもわかるように、「ビューゴールドプラスカード」と「『ビュー・スイカ』カード」は、ポイントプログラムが同じです。

ビューゴールドプラスカード」でも、貯まるポイントは「『ビュー・スイカ』カード」同様、「ビューサンクスポイント」です。基本のポイント還元率は0.5%。「Suica」チャージや新幹線の切符を買ったときなどに還元率が1.5%までアップするところも共通です。

 ただ、「ビューゴールドプラスカード」のほうには、年間の利用金額に応じて「ボーナスポイント」が付与される特典があります。

■「ビュープラスゴールドカード」はボーナスポイントで最大還元率1%超に!
 年間利用額  通常のポイント  付与される
 ボーナスポイント
 前ステージまでの
 累計ボーナス
 合計ポイント
(還元率※)
 70万円 1400ポイント 600ポイント 2000ポイント
(0.714%)
 100万円 2000ポイント 800ポイント 600ポイント 3400ポイント
(0.85%)
 150万円 3000ポイント 1200ポイント 1400ポイント 5600ポイント
(0.933%)
 200万円 4000ポイント 1600ポイント 2600ポイント 8200ポイント
(1.025%)
※還元率は「1ポイント=2.5円」で計算


 年間の利用金額の累計が70万円を超えると「ボーナスポイント」が付き、それ以降は利用金額に応じてポイント数が増えていきます。年間の利用金額の累計が200万円を超えると、ボーナスポイントで最大1%相当の還元が受けられます。

 とはいえ、年間200万円以上使うのはかなり大変なことですし、それでも1%しか還元されないとなると、大してお得とは言い難いかもしれません。そのため、「ビューゴールドプラスカード」の場合、ポイント還元だけで考えればそこまでお得とは言えないでしょう。

 しかし、「ビューゴールドプラスカード」にはポイント還元以外の大きなメリットがあるので、それはのちほど紹介します。

一般のビジネスマン向けでステータスはそれほど高くないが、
上級カードとして最低限の旅行保険は完備!

 ゴールドカード以上の上級カードを使うメリットとして、よく「持っているだけでステータスになる」という点も挙げられます。しかし、「ビューゴールドプラスカード」の場合、そこまでステータス性も感じられません。

 ステータス性の高い上級カードといえば、「アメリカン・エキスプレス」や「ダイナースクラブ」のゴールドカードやプラチナカード、あるいは「JCBザ・クラス」「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」「三井住友VISAプラチナカード」などが有名どころです。

 これらの上級カードは、カード券面や専用サイト、あるいは広告などを見ても上質感がアピールされており、いかにもステータス性を重視した富裕層向けのクレジットカードであることがよくわかります。

 しかし「ビューゴールドプラスカード」は、これらのステータス重視の上級カードとは、最初から同じ土俵に立っていないようで、ステータス性よりも親しみやすさをアピールし、一部のエリート層よりも、JR東日本を通勤で利用している一般的なサラリーマンをターゲットにしているものと思われます。ですから、ステータス重視で「自慢できる格好いいクレジットカードが持ちたい」という方には不向きかもしれません。

ビューゴールドプラスカード
還元率 0.5~1.5%
(一般加盟店では0.5%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなどは1.5%
ビューゴールドプラスカード詳細はこちら
発行元 ビューカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 1万円
家族カード(税抜) あり
(1人目は年会費無料、2人目以降3000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
ビューゴールドプラスカード公式サイトはこちら


 ここまで、「ビューゴールドプラスカード」のデメリットのような部分にばかり言及してしまいましたが、それは「ビューゴールドプラスカード」がおすすめできるクレジットカードという前提があるからです。「ビューゴールドプラスカード」には、ステータス性が高い他の上級カードにはない、「ビューカード」のゴールドカードならではのお得な特典があるのです。

 まず、付帯サービスの「旅行保険」の内容が充実しています。「『ビュー・スイカ』カード」にも国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険は付いていますが、補償内容は十分とは言えません。特に海外旅行時の補償は不十分です。

上は海外旅行傷害保険の内容。ほかに、両カードとも国内旅行傷害保険も付帯している。「『ビュー・スイカ』カード」の補償は薄いものの、年会費実質無料のカードで保険が付いていること自体は高く評価できる
拡大画像表示

 しかし、「ビューゴールドプラスカード」であれば、ゴールドカードらしく「海外旅行傷害保険」の最高補償額が5000万円と、補償が十分に充実しているため、海外旅行でも対応できます。さらに、家族カードは1枚まで年会費無料で加入できるというメリットがあるため、夫婦でよく旅行する人などは一人1枚持つと安心して旅行を楽しむことができるでしょう。

 海外旅行に出かけるたびに旅行保険に入ると、一人あたり数千円はかかります。しかし、夫婦で一枚ずつ「ビューゴールドプラスカード」を持っていれば、保険料を節約できます。年会費は家族カードも併せて1万円(税抜)ですから、旅行保険の保険料負担がなくなると考えれば安いものです。

 その他、空港のラウンジサービスや手荷物サービスといった、旅行好きには便利なゴールドカードではおなじみの付帯サービスも、「ビューゴールドプラスカード」には揃っています。

「ビューゴールドプラスカード」は、特典で
新幹線の「グリーン券」がもらえる唯一のカード

 「ビューゴールドプラスカード」には、ここまで挙げてきたサービス以上に「ビューカード」ならではの魅力的な特典があります。それは、「ビューゴールドプラスカード」の「入会特典」「利用特典」です。

ビューゴールドプラスカード」に入会して初年度の年会費を支払うと、入会特典としてプレゼントがもらえます。プレゼントの内容は以下の8種類で、この中から1つを選ぶことができます。

①新幹線・特急グリーン車利用券&普通列車グリーン車利用券(各2枚)
②普通列車グリーン車利用券(10枚)
③普通列車グリーン車利用券(6枚)&JR東日本新幹線車内販売コーヒー無料券(7枚)
④東京ステーションホテル スイーツセット ペアご利用券
⑤紀ノ国屋特選デリカテッセン詰合せ
⑥JR東日本東北総合サービス 復興応援ギフト(※気仙沼 斉吉商店「斉吉オリジナル詰合せセット」金のさんま、海鮮丼、他5商品)
⑦ベックスコーヒーショップ&ベッカーズ コーヒーチケット(25枚)
⑧ジェクサー・フィットネスクラブ施設ご利用券(レンタル付)(2枚)


 次年度以降も、年間100万円以上利用すると、同じ特典を「利用特典」としてもらい続けることができます。

この中で最も注目すべき特典は、新幹線や普通列車の「グリーン車利用券」です。グリーン定期券を持っている人にはあまり関係ないかもしれませんが、いつもは普通の電車に乗り、新幹線では主に自由席に乗る人にとって、特典でグリーン車に乗れるのは魅力的でしょう。

新幹線で得できるのは、JRグループならではの特典です。鉄道と無関係のカード会社だと用意したくてもできない、「ビューカード」だからこそ実現できた特典なのです。

 他にも、ギフトやホテルのスイーツなどの特典がありますが、このような特典は他のクレジットカードでもあります。しかし、新幹線で得できるクレジットカードは他にあまりないので、ぜひ「グリーン車利用券」の特典を活用していただきたいと思います。新幹線をよく使う人、電車好きな人に特におすすめです。

ビューゴールドプラスカード
還元率 0.5~1.5%
(一般加盟店では0.5%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなどは1.5%
ビューゴールドプラスカード詳細はこちら
発行元 ビューカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 1万円
家族カード(税抜) あり
(1人目は年会費無料、2人目以降3000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
ビューゴールドプラスカード公式サイトはこちら


 ただし、「ビューゴールドプラスカード」の最大のメリットはこの「入会特典」「利用特典」なので、「年間100万円利用の壁を超えるのは難しい」と思う人には、「ビューゴールドプラスカード」はおすすめしません。

「年間100万円以上」というハードルを高いと考えるか、低いと考えるかは、人それぞれ違うはずです。定期券の値段が高い人などは、案外簡単にこのハードルをクリアできるかもしれませんが、そうでない人は「ビューゴールドプラスカード」をメインカードとしてコツコツ使わなければ、クリアするのが難しいと思います。

 そういう人にとっては「ビューゴールドプラスカード」を保有する意味があまり見出せないので、『ビュー・スイカ』カードをおすすめします。

買い物好き、洋服好きなら「ルミネカード」がベスト
書店も無印良品もユニクロも常時割引に!

 最後に紹介するおすすめの「ビューカード」は、「ファッション好きで買い物好き」な人におすすめの「ルミネカード」です。「ルミネカード」は名前のとおり、駅ビルの「ルミネ」で得する一枚です。

ルミネカード
還元率  0.5~5.5%
(一般加盟店では0.5%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなどは1.5%、「ルミネ」では5%オフ
おすすめクレジットカード!ルミネカード
発行元  ビューカード
国際ブランド  VISA、Master、JCB
年会費(税抜)  初年度無料、2年目以降953円
家族カード  —
ポイント付与対象の
 電子マネー
 Suica、モバイルSuica
ルミネカード公式サイトはこちら


 JR東日本グループの中核企業である「株式会社ルミネ」は、女性をメインターゲットとして、人気モデルや女優を起用して洗練された広告を打つなど、イメージ戦略を重視している会社です(一時、CMでの表現が問題視され、謝罪に追い込まれたこともありましたが……)。

 広告の効果ばかりでなく、最新のアイテムが揃う人気のショップを揃えたことで集客に成功しています。通勤にJR東日本の路線を利用している人のなかには「買い物はほぼルミネで済ます」という人も多いのではないでしょうか。

 そんな「ルミネ」愛好者は、ぜひ「ルミネカード」を持ってください。「ルミネカード」は「ルミネ」を利用する顧客を囲い込むため、かなりお得な特典を用意しています。ヘビーユーザーなら、これを利用しない手はありません。

 それでは、どのような点がお得なのか整理しておきましょう。

◆「ルミネカード」のお得なポイント①
駅ビル「ルミネ」での買い物が常時5%オフになる!


 まず、「ルミネカード」を「ルミネ」での買い物時に利用すると、常に5%オフになります。さらに、年4回(3月・5月・9月・11月)実施されるキャンペーン時は10%引きになるので、さらにお得。オンラインストアの「アイルミネ(i LUMINE)」でも、同様の割引が受けられます。

 しかも、百貨店系のクレジットカードなどでは割引やポイントアップの対象外になりがちな食料品店、レストラン、さらにドラッグストアや書店、CD・DVDショップ、ヴィレッジヴァンガード、無印良品、ユニクロなども、「ルミネ」内にある店舗ならすべてが割引の対象になります。

 出版に関わる人間としては、本が安く買える点が大きなメリットだと思います。基本的に、新品の本を扱う書店では、本を割引価格で販売することはありません。本は出版社が販売価格を決めていますが、再販制度という制度により、その価格を維持することを義務付けられているからです。

 しかし、「ルミネカード」なら本を常時5%、キャンペーン時には10%も安く購入できます。「ルミネ」には「ブックファースト」や「有隣堂」といった大型書店も入っているので、よく本を買う人にはおすすめです。

 また、無印良品やユニクロは頻繁にセールをしていますが、「ルミネカード」を利用すれば安い商品をさらに割引で買えます。

 例えば、無印良品では年に何度か「無印良品週間」と銘打って、会員向けに商品を10%割引で販売する期間を設けています。「ルミネ」にある無印良品で「無印良品週間」に「ルミネカード」で買い物すると、10%割引の品物が「ルミネカード」によってさらに5%割引の価格で購入できます。1000円の品物なら、まず900円になり、そこから5%割引になるので、結果的に14.5%引きとなるのです。

「無印良品週間」と「ルミネカード」の10%割引キャンペーンが重なるときには、最大で19%割引になるため、非常にお得です。「ルミネ」の中にある無印良品をよく使う人には見逃せない特典ではないでしょうか。

ルミネカード
還元率  0.5~5.5%
(一般加盟店では0.5%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなどは1.5%、「ルミネ」では5%オフ
おすすめクレジットカード!ルミネカード
発行元  ビューカード
国際ブランド  VISA、Master、JCB
年会費(税抜)  初年度無料、2年目以降953円
家族カード  —
ポイント付与対象の
 電子マネー
 Suica、モバイルSuica
ルミネカード公式サイトはこちら


◆「ルミネカード」のお得なポイント②
貯まったポイントを「ルミネ商品券」に交換すれば還元率アップ!


ルミネカード」で買い物をすると、通常のショッピングでは還元率0.5%で「ビューサンクスポイント」が貯まります。「Suica」「モバイルSuica」へのチャージ分や、JR東日本の乗車券、定期券、回数券、特急券などの購入時にポイントが3倍になる点は、「『ビュー・スイカ』カード」など、その他の「ビューカード」と同じです。

「ビューサンクスポイント」を「Suica」チャージや商品券などに交換できる点も共通ですが、「ルミネ」愛用者であれば、ぜひ「ルミネ商品券」と交換を。なぜなら、その他のポイントや商品券と交換するよりも、多少還元率が高くなるからです。

「ビューサンクスポイント」の交換比率は、対象商品ごとに異なります。例えば「ビューサンクスポイント」を「Suica」と交換する場合、400ポイントで1000円相当になります。

「ビューサンクスポイント」を400ポイント貯めるには通常のショッピングで20万円利用する必要があるので、還元率は0.5%となります(「Suica」チャージやJR東日本の定期券や切符で利用した場合は還元率1.5%)。以前はもう少し交換比率がよかったのですが、近年改悪されてしまったのがやや残念なところです。

「ビューサンクスポイント」をJR東日本の駅やホテルのほか、有名デパートやビックカメラなどで使える「びゅう商品券」と交換する場合も、400ポイントで1000円相当になり、交換比率は同じです。

 これに対し、「ルミネ商品券」はどうかといえば、最低交換単位の650ポイント(+簡易書留代の160ポイント=合計810ポイント)で2000円分の「ルミネ商品券」に交換する場合、「Suica」に交換するよりも損をします。ただ、1250ポイント(+簡易書留代の160ポイント=1410ポイント)を4000円分の「ルミネ商品券」に交換する場合は「Suica」に交換するよりも得になります。

「ビューサンクスポイント」を1410ポイント貯めるには、通常のショッピングで70万5000円利用する必要があるので、還元率は0.567%となり、「Suica」や「びゅう商品券」と交換するよりお得というわけです。

 実は、つい最近まではもっと交換比率がよかったのが、若干改悪されてしまったのは残念です。それでも、このようにまだ多少交換比率を高くしているのもまた、女性のユーザーを囲い込む「ルミネ」の戦略の一環です。「ルミネ」利用頻度の高い人は、この恩恵にあずかるべきでしょう。

◆「ルミネカード」のお得なポイント③
年間利用額に応じて「お買物券」がもらえる!


 さらに、「ルミネカード」は年間の利用額に応じて、1000~5000円分の「お買物券」をプレゼントしてくれます。

■「ルミネカード」は年間利用額によって「ルミネ商品券」が最大5000円分もらえる!
 年間利用額  もらえる「ルミネ商品券」の金額  通常のポイントとの合計還元率(※)
 20万~50万円未満 1000円分 0.7~1.0%
 50万~70万円未満 2000円分 0.78~0.9%
 70万~100万円未満 3000円分 0.8~0.92%
 100万円以上 5000円分 ~1.0%
※「ルミネカード」の通常の還元率0.5%を加算して計算


ルミネカード」を「ルミネ」で20万円以上利用した場合には1000円分(還元率0.5%)の「ルミネ商品券」がもらえるので、通常の還元率0.5%と合計すると還元率は1%になります。常時5%オフになるので、「ルミネ」で年間20万円利用した場合の還元率は6%に達することになります。

「ルミネ」だけで年間20万円も利用するのは大変そうに感じるかもしれませんが、食料品やレストランでの利用も含まれることを考えれば、よく「ルミネ」を利用する人にとってはそれほど高いハードルではないのではないでしょうか。

 これだけ多くの特典が受けられる「ルミネカード」の年会費は、初年度無料、2年目以降953円(税抜)です。年会費が無料ではない点が気になる人もいるかもしれませんが、「ルミネ」での買い物は常時5%オフになるので、2万円買い物をするだけで年会費のモトが取れる計算になります。「ルミネ」を利用する人にとっては、とてもお得なクレジットカードと言えるでしょう。

ルミネカード」のお得さが伝わったでしょうか。さらに、「ルミネカード」には定期券も搭載できるので、ショッピング好きのJR東日本ユーザーなら、「ルミネカード」一枚で何でも完結する便利な存在になってくれるはずです。

ルミネカード
還元率  0.5~5.5%
(一般加盟店では0.5%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなどは1.5%、「ルミネ」では5%オフ
おすすめクレジットカード!ルミネカード
発行元  ビューカード
国際ブランド  VISA、Master、JCB
年会費(税抜)  初年度無料、2年目以降953円
家族カード  —
ポイント付与対象の
 電子マネー
 Suica、モバイルSuica
ルミネカード公式サイトはこちら


 さて、ここまで2回にわたっておすすめの「ビューカード」を紹介してきました。ざっくりまとめると、結論は次のとおりです。

◆「Suica」や「モバイルSuica」の利用者や家電好きな人
⇒「ビックカメラSuicaカード
◆出張や旅行が多く、新幹線に良く乗るビジネスマン
⇒「ビューゴールドプラスカード
◆「ルミネ」をよく利用する買い物好きな人
⇒「ルミネカード

「ビューカード」でさらに楽しみになのは、今後の展開です。「ビューゴールドプラスカード」は2015年4月に登場したばかりの「ビューカード」初のゴールドカードですが、この「ビューゴールドプラスカード」を皮切りに、その他の上級カードが発行される可能性に期待が持てます。

 特に、すでにお得な「ルミネカード」や「ビックカメラSuicaカード」のゴールドカードができれば、どんな特典が付くのだろうか――と、考えるだけでワクワクしますね。「ビューカード」の今後の展開から目が離せません。

(取材・構成/元山夏香)

ビックカメラSuicaカード
還元率  1.0~10%
(一般加盟店では1.0%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなどは1.5%、「ビックカメラ」では10%
発行元  ビューカード
国際ブランド  VISA、JCB
年会費(税抜)  初年度無料、2年目以降477円
 
(年1回の利用で次年度以降も無料)
家族カード  なし
ポイント付与対象の
電子マネー
 Suica、モバイルSuica
ビックカメラSuicaカード公式サイトはこちら
ビューゴールドプラスカード
還元率 0.5~1.5%
(一般加盟店では0.5%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなどは1.5%
ビューゴールドプラスカード詳細はこちら
発行元 ビューカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 1万円
家族カード(税抜) あり
(1人目は年会費無料、2人目以降3000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
ビューゴールドプラスカード公式サイトはこちら
ルミネカード
還元率  0.5~5.5%
(一般加盟店では0.5%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなどは1.5%、「ルミネ」では5%オフ
おすすめクレジットカード!ルミネカード
発行元  ビューカード
国際ブランド  VISA、Master、JCB
年会費(税抜)  初年度無料、2年目以降953円
家族カード  —
ポイント付与対象の
 電子マネー
 Suica、モバイルSuica
ルミネカード公式サイトはこちら

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2018年の最強カードは?
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]
2018年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!アメリカン・エキスプレスカード(アメックス)でおすすめクレジットカードはコレだ!
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2018年7月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
「楽天Edy」への
チャージ分は
還元率0.5%
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2018年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2018年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
◆「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、JCBブランドを選べば「nanaco」チャージでも1.0%分のTポイントが貯まる!
関連記事
「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo!ショッピングなら楽天より楽に20%還元に!「ソフトバンク携帯」+「Yahoo! JAPANカード」で効率よくTポイントを稼いで得する方法を伝授!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 JCB CARD W(ダブル)
1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
還元率で選ぶ!高還元クレジットカードおすすめランキング!JCB CARD W(ダブル)の公式サイトの公式サイトはこちら
 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ!(マイル系カード部門)
◆航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【アメックス・スカイ・トラベラー・カード】
高還元+無期限で貯まり、15社のマイルに自由に
交換できる最強マイル系カード⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説! 楽天カードはクレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの楽天Edyの3つの機能を1枚に集約した三位一体型カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

高配当株 Best71
高利回り投資入門
株主優待ベスト104

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

 

【高配当株Best71&高利回り投資入門】

桐谷さん×WWW9945さんの酔いどれ座談会! 
極意と注目株、時々ホンネもポロッ

買っていい×買ってはダメ
高配当株投資の6つのチェックポイント

割安すぎ大型株16
10万円未満株16
攻守備える万能株6
不況に強い増配株6
・激安の10倍期待株14
●JT&日産自動車は買いか?
●連続増配の高利回り株ベスト12
●Jリート&インフラファンドを狙え
初心者はココから! 配当株投資のキホン!
会社員こそ高配当株を買うべき理由

企業型&iDeCo確定拠出年金のお悩み相談室

iDeCoで買える全191本の投信をメッタ斬り! 

海外株超入門
米国や中国など高い成長力が魅力! 

FXで副業生活
元手10万円で月2万円も! 

<別冊付録>ドカンと1冊まるごと株主優待
最高利回り248%
権利確定する株主優待ベストセレクト104
桐谷さんプロの激オシ読者の1番人気株


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング