節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術
【第10回】 2015年11月17日公開(2015年11月24日更新)
バックナンバー

「節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術」

著者・コラム紹介

風呂内亜矢・ふろうちあや

1978年生まれ。岡山出身。1級ファイナンシャルプランナー技能士・宅地建物取引士。
大手電機メーカー系の情報システム会社に勤めていた26歳のとき、貯金80万円で自宅用としてマンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、あわててお金の勉強と貯金を始める。マンション購入をきっかけにマンション販売会社に転し、年間売上1位の実績を上げていたが、 2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。自らの体験をもとに、テレビや雑誌、新聞などでマネー情報を発信中。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。

 

節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

節約・貯金のプロであるファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんが、ラクラクお金が貯まる節約術を大公開! 出費を抑える節約術はもちろん、お金の管理の仕方や家計の見直し方、節約には欠かせないネット銀行の選び方などを伝授します!

風呂内亜矢

食費を大幅に減らすことができた簡単な節約術とは?
多忙な人、自炊をしない人でもネットスーパーを
活用することで、便利に、簡単に節約できる!

1

自炊しなくても食事をコンビニではなく
スーパーで買い物すれば食費は節約することができる!

前回は食費節約のためにスーパーでのムダ遣いを予防する簡単なルールを紹介しましたが、今回は食費を節約するためのスーパーの活用方法を紹介します。

 最近は生鮮食品などを扱うコンビニも増えているので、食材をスーパーではなく、コンビニで購入している方も多いのではないでしょうか?

 たしかに、コンビニは駅前など利便性が高い場所にあることが多く、コンパクトなスペースに魅力的な商品が並べられていて、とても買い物をしやすい空間です。ただし、スーパーと比較すると、定価販売が原則なので、何でも値段が高く設定されています。したがって、コンビニばかり利用していると、日常的にスーパーを利用している人よりも、食費は確実に高くつく、ということになります。

 では、実際にコンビニがメインの食生活と、スーパーがメインの食生活では、どれくらい食費に差が生じるのでしょうか?

 以前、私が出演しているインターネット番組「スズキpresents ニコニコ生活講座」(2015年9月15日放送分)で、興味深い実験をしたことがあります。番組のユーザー記者の男性(30代・ユーザー記者ユニット「JAST」代表・「jetだよ」さん)に、「外食のみ」「コンビニのみ(100円均一のコンビニではなく、一般のコンビニ)」「スーパーのみ(高級路線ではなく、一般的なスーパー)」で、それぞれ1週間ずつ、3食すべての食事をまかなっていただき、どれだけ食費がかかるのかを検証したのです。

 漠然と、外食が一番支出が増えることは予想がつきますね。次がコンビニ、一番安上がりなのはスーパーだろうということも、検証するまでもなく誰にでもわかります。ですが、具体的にどれくらいの差が出るのか、私自身も実際のところはわからなかったので、非常に興味深く見守りました。

 その結果、1週間でかかった食費は、以下のとおりになりました。

◆外食のみで1週間暮らした場合の食費:2万582円
◆コンビニのみで1週間暮らした場合の食費:9581円
◆スーパーのみで1週間暮らした場合の食費:5842円

 食費の内訳を見たところ、記者の男性はそれほど浪費せず、外食では飲み会などもあったものの、主にファーストフードや「吉野家」などの安価なチェーン店を利用。スーパーやコンビニで買い物するときも、必要最低限のものしか買わず、質素な食生活をしていました。

 しかも、この記者の男性は普段はあまり自炊をしないそうです。この実験の中で「スーパーのみで生活する一週間」には、カレーなどを作っていたものの、作れる料理のバリエーションが多くないようで、週の後半にはスーパーでお惣菜や冷凍食品、惣菜パンなど、コンビニで買えるようなものを多数購入していました。それでこの結果ですから、やはり「スーパーは安い」ということを再認識させられます。

 普通のコンビニなら100円以上するようなパンでも、スーパーでは80~90円くらいで売っていたりするので、自炊しなくても食費を節約できたようです。自炊しない人でも、「コンビニからスーパーにメインで買い物する場所を変える」だけで、節約できる可能性が高いわけです。

 つまり、この検証結果で重要なのは、「外食は高く、家で食事をするならスーパーは安い」という当たり前の事実だけでなく、「自炊が苦手な人、自炊をほぼしない人でも、コンビニではなくスーパーを使ったほうがいい」ということがわかったところです。

 自炊をしないと、ついスーパーからは足が遠のき、すぐ食べられるものばかり売っているコンビニを使いがちになります。ですが、特売をしょっちゅうやるスーパーのほうが、インスタントラーメンにしろお弁当にしろお惣菜にしろ、安くつく場合が多いのです。

「お弁当」の購入をやめて「お惣菜」だけを買う
お米やパンを自分で用意するだけで大きな節約に

 自炊しない人がスーパーで買い物するなら、日持ちする食材がおすすめです。平日が忙しければ、週末に1週間分程度まとめて買っておくといいでしょう。過度な買いすぎは浪費のもとですが、日持ちする食材を1週間分くらいなら問題ありません。

 具体的にはお米、食パンが基本。チーズ(「とろけるスライスチーズ」など、薄い板状になっているもの)や卵、納豆なども、案外持つので買っておくと便利です。

 お米はまとめて炊き、一食分ずつ容器に入れて(あるいはラップでくるんで)冷凍しておきましょう。使うたびにそのままレンジに入れて、数分温めます。食パンは、特に何もせず、そのまま冷凍してOKです。食べるときにトーストすればいいだけなので、何のスキルもいりません。

 ほぼ自炊しないのであれば、冷凍したご飯やパンを朝・昼・晩と食べ、お惣菜だけスーパーで買うようにすれば、コンビニなどでお弁当を買うよりは食費を減らせます。昼食も、おにぎりを作るのがベストですが、それも面倒ならタッパーなどにご飯を詰めていくだけでも十分でしょう。

 お弁当作りは食費節約に効果的ですが、イチから料理を作るのが面倒なら、お惣菜を安売りのとき買っておき、ただ詰めるだけでもいいと思います。また、一念発起してお弁当を始めてみようという方におすすめなのは、冷凍野菜です。

 忙しいと、野菜を買ってもつい放置して、傷ませてしまう……ということが起こりがちですが、冷凍野菜ならその心配はありません。生野菜を下処理して冷凍するより手軽でもあります。生野菜は、ものによって冷凍できるものとできないものがあり、下処理の仕方も異なるので、ある程度知識がないと冷凍できません。その点、最初から下処理済みで冷凍してある野菜なら簡単です。スーパーは定期的に冷凍食品の安売りを実施している場合が多いので、まとめて買っておくのもいいでしょう。

 お弁当の具材にはなりにくいですが、個人的に安売りを見つけると購入するのが「キムチ」です。キムチは栄養がある上に、日持ちするのが魅力です。ご飯と一緒に食べてもいいですし、お酒のつまみにもなり、さらに肉や野菜と炒めたり、キムチ鍋に使えたりと、手軽な料理の役に立ちます。自炊が苦手な人でも無理なく使い切れるでしょう。

※「Apple Pay」対応おすすめクレジットカードを紹介!
Apple Payに登録して得する、高還元率クレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
おすすめのヤング&格安ゴールドカードはコレだ!ページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2016年12月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0%
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
2015年4月1日に新登場!
 Yahoo! JAPANが新発行したカードで、年会費無料ながら、通常還元率は1%Yahoo!ショッピングでは還元率2%(+Yahoo!ショッピング付与分の1%と合計ではなんと還元率3%!)で「Tポイント」が貯まる。国際ブランドに「JCB」を選べば「nanaco」チャージでも還元率1%! 「Tカード」機能搭載なので、街中でも「Tポイント」が貯まる&使える!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA

WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
高還元クレジットカードおすすめランキング!エポスカードの公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント】
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【楽天カード】
年会費無料でどこでも還元率1%、楽天市場なら
還元率4%超の最強カード!⇒関連記事はこちら

楽天カード公式サイトはこちら
Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!