ふるさと納税おすすめ特産品情報
2016年11月16日公開(2016年11月18日更新)
バックナンバー

「ふるさと納税おすすめ特産品情報」

著者・コラム紹介

ふるさと納税おすすめ特産品情報

ザイ・オンライン編集部

2016年度版【ふるさと納税ランキング~マグロ編~】
「ふるさと納税」でマグロがもらえる自治体を比較!
コストパフォーマンスが最強の自治体はココだ!

1

昨年に比べてコストパフォーマンスがさらにアップ!
日本人が大好きなマグロをお得にゲットできる自治体は!?

 マグロと日本人は切っても切れない関係と言えるだろう。縄文時代の貝塚からマグロの骨が出土していることからわかるように、大昔から、日本人はマグロが大好きなのだ。

 しかし、近年では、世界中で寿司が食べられるようになったことなどにより、マグロが乱獲され、漁獲量が激減。その結果、マグロの価格が高騰している。天然の本マグロは、高級寿司店などに行かなければ口にすることができないほどの高級食材になったため、「マグロが好きなのに、なかなか手を出せない」という人も少なくないだろう。

 そんな人にぜひ利用してほしいのが、「ふるさと納税」だ。この制度を活用すれば、お得に大量のマグロを手にすることができるからだ

 しかし、どこの自治体に寄付すれば、お得にマグロがもらえるのかわからない人もいるだろう。そこで編集部では、昨年に引き続き、「ふるさと納税」の寄付額に対してもらえるマグロの量を調査し、コストパフォーマンスが高い自治体をまとめた「ふるさと納税ランキング~マグロ編~」を作成! このランキングを見れば、お得にマグロをもらえる自治体が一目瞭然だ。

 さて、本題のランキング発表に移る前に、改めて「ふるさと納税」の仕組みについて解説しよう。

 「ふるさと納税」とは、「納税」と銘打っているが、要するに各自治体への寄付金制度のことだ。寄付した翌年に、寄附金控除の適用下限額である2000円を超える部分は、一定の上限まで所得税・個人住民税から全額が控除の対象となる。例えば、控除の対象となる寄付金上限額が5万円の人の場合、適用下限額である2000円を引いた額、すなわち4万8000円が控除対象額となるのだ。

 また、制度改正により、2015年からは控除額が約2倍にUP! つまり、2014年以前の控除額が3万円だった人は、今は6万円ほどになっている。さらに、制度改正前は、サラリーマンであっても、寄附金控除を受けるために確定申告をする必要があったが、現在は、寄付先が年間5自治体までであれば確定申告が不要な「ワンストップ特例制度」も創設されている。

 要するに、控除対象額以内におさえれば実質負担額は2000円のままで、よりお得に、よりお手軽になったのだ。ただし、2016年から、「ワンストップ特例制度」を利用するためには、マイナンバーの記入と本人確認の書類が必要になったので注意しよう。
※2000円以外が戻ってくる上限額の詳細は下記の記事を参照!
4月1日からふるさと納税のお礼品を申し込もう! 寄附できる限度額やワンストップ特例の解説、都城市など5つの人気自治体とお礼の品も紹介!

 さて、いよいよ「ふるさと納税ランキング~マグロ編~」を発表! 今年も、「ふるさと納税ランキング~マグロ編~」を参考に、各地のおいしいマグロをお得に手に入れよう!(※寄付額が高額な特典は寄付できる人が限られてしまうため、今回のランキングでは、寄付額が10万円以上の特典は除外しています)

【同率1位】5000円の寄付でマグロ900g!
水揚高日本2位は伊達じゃない!
合計900gものマグロがもらえる「静岡県焼津市」!

合計900gものマグロがもらえる「静岡県焼津市」

 昨年の覇者「高知県室戸市」を抑え、2016年の「ふるさと納税ランキング~マグロ編~」の第1位に輝いた自治体は、なんと2自治体! 1つ目は、「静岡県焼津市」だ!

 「焼津市」に5000円の寄付をすると、「まぐろセット」として、ビン長マグロのスライス400gと練りマグロたたき500g、合計900gものマグロがもらえる。つまり、寄付額1万円あたり1.8kgのマグロがもらえる計算だ。

 「焼津市」は、「千葉県銚子市」にある「銚子港」に次いで、日本で2番目に水揚高の多い「焼津港」を有する水産都市。「焼津港」には、-65℃の冷蔵室など、魚介の鮮度を維持する最新鋭の設備が整っているため、マグロの味も抜群だ。

 また、「焼津市」には、カニやカツオなどの海産物に加え、サッポロビール静岡工場で作られた「プレミアムヱビスビール」など、1000品以上のお得な特典がラインナップされている。マグロ以外にもお得な特典がたくさんあるので、一度、「焼津市」のWebサイトをチェックしてみるのがおすすめだ。

 なお、当記事の最後には「焼津市」の「ふるさと納税」担当者へのインタビューが掲載されているので、そちらもぜひご覧いただきたい。

ふるなび「ふるさと納税」はこちら!

【同率1位】1万円の寄付でマグロ1.8kg!
マグロの中で一番脂がのっている部位
「マグロのカマ」がもらえる「大分県津久見市」!

「マグロのカマ」がもらえる「大分県津久見市」

 同率1位に輝いた自治体の2つ目は、「大分県津久見市」。

 「津久見市」は、大分県の東海岸にあり、太平洋と瀬戸内海を結ぶ海域の「豊後水道」に面している町だ。その豊後水道上にある「津久見市保戸島」は、明治時代からマグロ遠洋漁業を行なっている島で、「ひゅうが丼」という漁師めしが有名だ。「ひゅうが丼」とは、マグロの切り身を生姜や胡麻を混ぜた醤油ダレに漬け込み、それをご飯にのせて食べる伝統料理。「保戸島」の漁師が、過酷な漁の合間に手早く食べられるようにと考案されたそうだ。

 そんな「津久見市」に1万円の寄付をすると「まぐろカマとカマのスライス焼き物セット1.8kg」がもらえる。同特典の内容は、マグロのカマ400g×3個、カマのスライス300g×2個となっている。

 マグロの首の部分であるカマは、最も脂がのっている部位だと言われている。刺身で食べてもおいしいが、塩焼きにして食べても絶品だ。カマは、身はしっかりしているのに脂がのっているため、塩焼きにすると、まるで高級なステーキを食べているかのような味わいを楽しめる。

 ちなみに、「津久見市」の特典には、マグロのカマ以外にも、漁師めしの「ひゅうが丼」や特産品の柑橘類などが用意されている。それらの特典も気になる人は、「津久見市」のWebサイトをチェックしてみてほしい。

【第3位】1万円の寄付でマグロ1.5kg!
鮮度抜群なブランドマグロの
「土佐おとめマグロ」がもらえる「高知県室戸市」!

「土佐おとめマグロ」がもらえる「高知県室戸市」

 2016年の「ふるさと納税ランキング~マグロ編~」で第3位になったのは、「高知県室戸市」。昨年のランキングでは第1位だったが、残念ながら今年は順位を落としてしまった。

 「室戸市」は、太平洋に突き出した「室戸岬」で知られ、水産業とホエールウォッチングが盛んな町。人口は約1万4000人で、北海道にある市を除くと、「室戸市」は日本で最も人口が少ない市でもある。

 そんな「室戸市」に1万円の寄付をすると「土佐おとめマグロ1.5kg」がもらえる。「土佐おとめマグロ」とは、坂本龍馬の姉である坂本乙女にちなんで名付けられたマグロ。漁獲後、すぐに血抜きし、頭部やエラ、内蔵を丁寧に取り除いた後に、-60℃で急速凍結させているので、鮮度は抜群で、まったくと言っていいほどマグロの血生臭さがしないそうだ。

 また、「室戸市」には、マグロの他にも、1万円の寄付でもらえる高知県の名物「カツオのたたき1.5kg」などのお得な特典がある。さらに、1万円の寄付でもらえる特典に、土佐おとめマグロ500gとカツオのたたき700gがセットになった「室戸の人気セット」があるので、マグロとカツオの両方を味わいたい人は、同特典に申し込むといいだろう。

ふるなび「ふるさと納税」はこちら!

【同率4位】5000円の寄付でマグロ600g!
特典の充実度は全国トップクラス!
「本マグロ入りネギトロ」がもらえる「高知県奈半利町」!

「本マグロ入りネギトロ」がもらえる「高知県奈半利町」

 「ふるさと納税ランキング~マグロ編~」で第4位を獲得した自治体は全部で3つ。今回は、その中から編集部おすすめの2自治体を紹介しよう。まずは、「高知県奈半利町(なはりちょう)」だ。

 「奈半利町」は、人口3000人ほどの小さな町で、ランキング第3位の「室戸市」とは隣同士。規模の小さい自治体ではあるが、肉や米、野菜や果物など、特典の種類が非常に充実している上に、どれもコストパフォーマンスの良いものばかりを取り揃えている。実際に、当サイトで公開している「ふるさと納税ランキング」の「牛肉編」や「お米編」、「鶏肉編」などにも、たびたび「奈半利町」がランクインしている。

 そんなコストパフォーマンスに優れた「奈半利町」に5000円の寄付をすると、同町にある「ホテルなはり」が商品開発した「本マグロ入りネギトロ600g」がもらえる。つまり、寄付額1万円あたり1.2kgのマグロがもらえる計算だ。ご飯の上に「本マグロ入りのネギトロ」をのせて、醤油とネギをかけるだけで本格的なネギトロ丼を味わえるので、同特典をリピートする人もいるほど人気なんだとか。

 なお、この特典は、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」から寄付した場合のみもらえる限定特典なので注意しよう。

【同率4位】2万5000円の寄附でマグロ3kg!
全国有数の好漁場で獲れる至高の赤身
「キハダマグロ」が丸々1本もらえる「愛媛県愛南町」!

「キハダマグロ」が丸々1本もらえる「愛媛県愛南町」

 最後に紹介するのは、同率4位となった「愛媛県愛南町」だ。

 「愛南町」は、愛媛県の南部に位置し、西に内海湾、南に宿毛湾という2つの湾に面している町。最上の赤身として愛されるキハダマグロや脂ののったカツオが獲れるのも、「愛南町」の近海が優れた漁場であることの証だ。

 そんな「愛南町」に2万5000円の寄付をすると、7kg〜10kgのキハダマグロを丸々1本もらえる。可食部は30人前分とのことなので、1人前が約100gだとすれば、おおよそ3kgとなる。つまり、2万5000円の寄付でマグロ3kgとなるので、寄付額1万円あたり1.2kgのマグロがもらえる計算だ。

 他の自治体でも、マグロ1本を特典として提供しているところは多数あるが、ほとんどは10万円以上の寄付を必要とする。しかし、「愛南町」の場合は、2万5000円の寄付でマグロ1本をもらえるので、リーズナブルに大トロや中トロ、カマなど、あらゆる部位を味わえるのが嬉しい。

 ちなみに、「愛南町」には、2万5000円の寄付で「特大戻りカツオ1本」や1万5000円の寄付で「寒ブリ1本」など、魚を丸ごと1本もらえる特典が多数あるので、魚好きの人は「愛南町」に寄付するといいだろう。

 さて、改めて今回紹介した自治体のランキングをまとめると以下のとおり。

マークのものは、自治体がその特産品に関する「ふるさと納税」の受け付けを終了、もしくは一時的に中断しています。

 ◆2016年度
  「ふるさと納税」で「マグロ」がもらえる自治体のお得度ランキング!

(※2016年11月15日時点)
順位 お得な特産品の商品と量 備考
寄付金の使い道
1位  静岡県焼津市
・5000円⇒カク長 まぐろセット 合計900g
   (びん長マグロスライス400g、練りマグロたたき500g)
・5000円⇒マグロたたき身セット 合計800g
【12月まで】
   (まぐろたたき身300g×2、南マグロたたき身200g)
・1万円⇒ガッツリ1.5kgマグロ三種盛 合計1.5kg
   (メバチマグロ切り落とし500g、とんぼマグロ切り落とし500g、
    ねぎとろ500g)
・5000円⇒マグロたたき身セット 合計700g
   (マグロたたき身300g×2、南マグロたたき身100g)

 ほか、1万円で「焼津かつをセット(刺身用冷凍かつを500g以上、刺身用冷凍かつをたたき250g以上、煮付・塩焼き用かつおはらも700g以上、かつを角煮120g×2パック)」などがある
宮崎県新富町の「ふるさと納税」の詳細はコチラ
【寄付金の使い道】焼津市の事業全般に活用/子育て支援事業、子どもの学習環境整備等に活用/観光、交流事業に活用 /健康増進支援、先端医療機器整備等に活用
1位  大分県津久見市
・1万円⇒まぐろカマとカマのスライス焼き物セット 合計1.8kg
   (まぐろカマ400g×3、カマスライス300g×2)
・1万円⇒まぐろほほ肉 ステーキ用セット 合計750g
   (まぐろほほ肉250g×3)
・1万円⇒まぐろ漁師飯セット 合計600g
   (ひゅうが丼まぐろ75g×4、調味料45g×4、ネギトロ100g×3)
・3万円⇒本まぐろ赤身お刺身用 合計800g
   (本まぐろ赤身800g)
 ほか、1万円で「津久見自慢!まぐろ海の幸セット(まぐろ餃子、まぐろ饅頭3個、ひゅうが丼2個、ねぎとろ2パック)」などがある
【寄付金の使い道】安心して暮らせるまちづくり/地域資源を活かしたまちづくり/笑顔があふれるやさしいまちづくり/未来を拓く人づくり/指定なし
3位  高知県室戸市
・1万円⇒土佐おとめまぐろ 合計1.5kg
   (土佐おとめまぐろ(びん長マグロ)上サク1.5kg)

・1万円⇒天然マグロセット 合計700g
   (まぐろ3種類合わせて700g)
・5万円⇒まぐろセットE 合計3.5kg
   (本まぐろブロック2.5kg、土佐おとめまぐろ上サク1kg)


 ほか、2万円で「室戸産 新鮮地魚3種お造りセット(旬の地魚3種)」などがある
宮崎県新富町の「ふるさと納税」の詳細はコチラ
【寄付金の使い道】地域資源の保全や整備/地場産業の振興やまちづくり/子どもたちの健全な育成/医療及び福祉の充実/市長におまかせする
4位  高知県奈半利町
・5000円⇒本マグロ入りネギトロセット【ふるさとチョイス限定】合計600g
   (本まぐろ入りネギトロ100g×6パック)
・3000円⇒本マグロ入りネギトロセット【ふるさとチョイス限定】合計300g
   (本まぐろ入りネギトロ100g×3パック)
・1万2000円⇒天然本マグロ赤身とネギトロセット
        【ふるさとチョイス限定】合計1kg
   (本まぐろ赤身600g、ネギトロ400g)
・1万7000円⇒天然本マグロの赤身とネギトロセット
        【ふるさとチョイス限定】合計1.4kg
   (本まぐろ赤身1kg、ネギトロ400g)

 ほか、2000円で「【土佐の黒潮の恵み!】釜揚げシラス500g」などがある
【寄付金の使い道】観光で賑わうまちづくり事業 /活力のあるまちづくり事業 /元気な人づくり事業 /その他、より良いふるさとのまちづくりに必要な事業
4位  愛媛県愛南町
・2万5000円⇒天然一本釣りキハダマグロ1本7~10kg(可食部は約3kg)
 ほか、1万円で「イワシ丸干し&旬の魚開きセット(イワシ丸干し5パック、イワシのド干し、旬の魚の開き3パック)」などがある
【寄付金の使い道】美しいふるさとへ(生活環境事業)/活力あるふるさとへ(産業・観光事業)/豊かな文化を育むふるさとへ(人権・教育・文化事業)/優しさ溢れるふるさとへ(健康・福祉事業)/安心して暮せるふるさとへ(生活基盤事業)
※以降のランキングはコチラ!⇒お得な「ふるさと納税」ランキング~マグロ編~特産品でもらえる「マグロ」で得する自治体は?

ふるなび「ふるさと納税」はこちら!

 なお、今回紹介した5自治体よりも下位にランクインした自治体の中には、量ではやや劣るものの、大トロや中トロなどを用意し、品質や味においては上位をしのぐ自治体もあるので、以降のランキングをまとめた「お得な『ふるさと納税』ランキング~マグロ編~」も、ぜひチェックしていただきたい。

 ちなみに、「ふるさと納税」を実施している自治体は1500以上にのぼるため、今回の調査でもすべての自治体を調べきるのは難しく、あくまで「ザイ・オンライン編集部調べ」となっている。

 この記事を見て「ウチの特典の方がすごいぞ!」という自治体関係者の方や、「こっちのほうがお得だよ」という情報を持ちの方は、ぜひ下記メールアドレスまで情報をお寄せください。確認の上、追記させていただきます。
◆情報はコチラまで!(zol-furusato@diamond.co.jp)

2016年度「ふるさと納税ランキング~マグロ編~」で第1位の
「静岡県焼津市」のふるさと納税担当者にインタビュー!

 2016年の「ふるさと納税ランキング~マグロ編~」では、寄附金額1万円あたり1.8kgのマグロがもらえる「静岡県焼津市」と「大分県津久見市」の2自治体が見事1位に輝いた。今回は、その2自治体の中から、特典数日本一を誇る「焼津市」のふるさと納税課・石原隆弘さんにインタビューを行なった。

 「焼津市」は、5000円の寄付でビン長マグロのスライス400gと練りマグロたたき500g、合計900gのマグロがもらえるのが魅力的だが、マグロ以外の特典も充実しているのも特徴だ。なぜ、こんなにも多くの特典を用意できるのだろうか。

 「『焼津市』が抱える焼津港は、水産業の振興のために特に重要であると政令に指定された『特定3種漁港』で、漁獲量も全国有数です。ちなみに、この『特定3種漁港』は、全国に13カ所しかありません。さらに、焼津港には、漁獲された海産物をすぐに加工できるように加工場が併設されており、鮮度を落とさずに水産加工品にすることができるんです。このように、他の地域よりも有利な条件が揃っているので、多くの特典を提供できているんです」

 さすが、全国でもトップクラスの漁獲量を誇る水産都市だ。昨年、「焼津市」は、年間で38億円もの寄付金を集めたが、今年は、9月末時点でどのくらいの寄付が集まっているのだろうか。

 「今年の4月から9月末までにいただいた寄付金額は、約13億円です。昨年は、9月末時点で約7億5000万円でしたので、上半期だけで考えると昨年を上回るペースですね。ただ、年間では、昨年と同程度の寄附金額になるのではと予想しています」

 「ふるさと納税」が話題になり、魅力的な特典を揃える自治体が増える中で、「焼津市」がこれほど多くの寄付金を集められるのは、それだけ根強いファンが多いからだろう。

 「『ふるさと納税』を始めて、いろいろなメディアで取り上げていただいたおかげで、多くの方に『焼津市』を注目してもらえるようになりました。また、事業者のみなさんに限らず、直接漁業に関わっていない市民のみなさんまで元気になっていると実感しています。今後も、『水産品といえば焼津市』と全国の方々に知っていただけるよう、引き続き積極的に『ふるさと納税』に取り組んでいきたいですね」

 「ふるさと納税」の恩恵を受けるのは、特典を提供する事業者や寄付した人だけではない。自分が住む町の名が全国に広まることによって、今まで知らなかった地元の魅力に気づいたり、誇りを持てるようになったりする住民もいるはずだ。

 それは、人口が多く、財源の豊かな自治体に限った話ではなく、例えば、「高知県奈半利町」のように、町の規模が小さいにも関わらず、「ふるさと納税」によって全国からたくさんのファンを獲得している自治体も多い。そして、「ふるさと納税」で集めた寄付金を活用すれば、町全体を元気にすることができる。

 寄付者としても、「ふるさと納税」を利用する際には、寄付したい町の特徴やどんな問題に直面しているのかなどを調べてみると、寄付した自治体により親しみを持てるはずだ。そして、その町に思いを馳せつつ牛肉やマグロなどの特典をいただき、いつかは実際にその地を訪れてみるのも一興だろう。

(取材・文/増田理穂子、日下部貴士[A4studio])

「静岡県焼津市」のふるさと納税
「長野県小谷村」のふるさと納税

▼「ふるさと納税」するなら、還元率1%以上の高還元クレジットカードがお得!▼
クレジットカードおすすめ比較!最新情報はこちら!
還元率で選ぶ!高還元クレジットカードおすすめランキング!
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!
年会費無料で選ぶ!高還元率クレジットカードおすすめランキング!
人気ランキングで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!

【2016年11月時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは還元率3.0%から最大7.0%に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上に! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!の公式サイトはこちら
 ビックカメラSuicaカード
1.0~1.5% 初年度無料(※)
次年度以降も
条件次第で無料
VISA
JCB
Suica
ICOCA
ビックカメラSuicaカードの公式サイトはこちら!
【ビックカメラSuicaカードのおすすめポイント】
電子マネー「Suica」利用者がもっとも得するカードがコレ! 初年度年会費無料、年に1回でもカード決済をすれば次年度以降も無料で、「モバイルSuica」の年会費(1000円)も無料になる。通常還元率1.0%で、「Suica」「モバイルSuica」チャージは還元率1.5%に。
(※ 2年目以降477円。ただし、年一回でも利用すれば次年度以降も無料)
【関連記事】
◆Suica利用者が一番得するクレジットカードが判明!全国で使えるSuica搭載のクレジットカードの中で年会費無料+常時還元率1.0%超のお得な1枚はこれ!
Suica搭載のクレジットカードでおすすめの1枚は?「ビックカメラSuicaカード」は、実質年会費無料で「ビューカード」でもっとも高い還元率1~1.5%に!
還ビックカメラSuicaカードの公式サイトの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA

WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 dカード
1.0~3.0% 初年度無料(※)
次年度以降も
条件次第で無料
VISA
Master
iD
dカードの詳細はこちら
【dカードのおすすめポイント】
2015年11月20日募集開始の「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得なクレジットカード! 初年度年会費は無料で、年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料の「実質年会費無料」カードながら、通常還元率1%と高還元。さらに、ローソンやマクドナルド利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
(※ 年会費は初年度無料、2年目以降1250円。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料)
(なお、ETCカードの年会費は初年度無料、2年目以降500円。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料)

関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
dカードの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA
Suica
楽天Edy
エポスカードの詳細はこちら
【エポスカードのおすすめポイント
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
関連記事
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトはこちら

 

【楽天カード】
年会費無料でどこでも還元率1%、楽天市場なら
還元率4%超の最強カード!⇒関連記事はこちら

楽天カード公式サイトはこちら
Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!