節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術
2016年8月4日公開(2016年8月4日更新)
バックナンバー

「節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術」

著者・コラム紹介

風呂内亜矢・ふろうちあや

1978年生まれ。岡山出身。1級ファイナンシャルプランナー技能士・宅地建物取引士。
大手電機メーカー系の情報システム会社に勤めていた26歳のとき、貯金80万円で自宅用としてマンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、あわててお金の勉強と貯金を始める。マンション購入をきっかけにマンション販売会社に転し、年間売上1位の実績を上げていたが、 2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。自らの体験をもとに、テレビや雑誌、新聞などでマネー情報を発信中。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。

 

節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

節約・貯金のプロであるファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんが、ラクラクお金が貯まる節約術を大公開! 出費を抑える節約術はもちろん、お金の管理の仕方や家計の見直し方、節約には欠かせないネット銀行の選び方などを伝授します!

風呂内亜矢

ポイントカードは、作る派? 作らない派?
「管理が面倒」「財布がかさばる」という印象でも
基本的にポイントカードはとにかく「作る」が正解!

 みなさんは、「ポイントカード」をどれくらい保有していますか? クレジットカードや電子マネーだけではなく、ハンコやシールなどを貯めていく、昔ながらの「ポイントカード」類も含みます。もちろん、バーコード式になっている「ポイントカード」もありますね。

「ポイントカード」はあらゆる店で発行されているので、気づくとどんどん増えていってしまいますよね。今回は、そんな「ポイントカード」との上手な付き合い方についてお話しします。

放っておくと財布の中身がポイントカードだらけに……
それでも、ポイントカードは作ったほうがいい!

 クレジットカードや電子マネーなどでポイントを貯めている人は多いと思いますが、スーパーやドラッグストアなど、さまざまな店では独自のポイントカードを発行していることもよくあります。クレジットカード決済でポイントを貯めて、なおかつポイントカードの提示でもポイントを貯めることができれば、「ポイントの二重取り」ができて、さらにお得と言えるでしょう。

 ポイントカードは大抵無料ですぐに発行できるため、買い物をすると店員さんにすすめられる機会も多いものです。ただ、問題なのは、そのすすめに素直に従っていると、財布の中がすぐにポイントカードだらけになってしまうこと。「それがイヤだから、お得だということはわかっているけれど、あえてポイントカードは作らない」という人も、一定数いることと思います。

 その他の“ポイントカード否定派”の意見としては、「ポイントなんか集めていると、みみっちい」「逆にお金が貯まりにくくなる気がする」といったものも聞かれます。ポイントを貯めるのが当たり前になった今の時代でも、いまだに「ポイント=せこい」というイメージを持つ人はいるようですね。

 そんなマイナスイメージを持っていたとしたら、ポイントカードを作りたくなくなるのも無理はありません。ただ、私自身は「ポイントカードは、おすすめされたらどこでも作ったほうがいい」という考えの持ち主です。ここからはその理由を説明していきましょう。

ポイントカードは作らないと損する可能性も!?
キーワードは「ポイントの原資」

 まず、なぜポイントカードはどこでも作ったほうがいいのか。いくつか理由があるのですが、主な理由は以下の2つです。

【ポイントカードをどこでも作った方がいい理由】

◆低金利時代でお金を預けても増えない今、ポイントの重みが増している。
◆ポイントを貯めないと、間接的に損をする可能性がある。


 順に説明していきたいと思います。まず、1つ目の「低金利時代でお金を預けても増えない今、ポイントの重みが増している」とは、割とよく言われる話かもしれませんね。

 2016年8月現在、メガバンクの普通預金金利は0.001%で、1000万円貯金しても年間利息がたった100円しかもらえません(厳密には、そこからさらに2割以上を税金として差し引かれます)。つまり、預貯金によって得することは難しい状況です。
【関連記事はこちら!】
⇒「マイナス金利」時代に有効な節約方法を伝授!優遇金利や手数料に着目したネット銀行の選び方と銀行預金の代わりに検討すべき高利回り商品を紹介!

 銀行や定期預金をどれにするか――といったことではアレコレと悩むのに、ポイントを大切にしない人もいますが、前述のように預貯金の金利はたかが知れているため、実際には各種ポイントをきっちり貯めたほうが、よっぽど簡単に得ができます。効率的にポイントを貯めている人の中には、年間数万円相当分のポイントを受け取っている人もザラにいるのです。

 ポイントカードを作ったほうがいい理由、2つ目は「ポイントを貯めないと、間接的に損をする可能性がある」というものです。

 どういうことかというと、ポイントカードを発行している店は、ポイントの優遇をしても損をしないような価格で、商品やサービスを提供している可能性があります。例えば、10回行くと1回無料になる定食屋さんであれば、一食あたりの価格をポイント優遇しても損しない価格設定にしているはずです。つまり、提供されている商品・サービスの価格に、「ポイントの原資」が上乗せされているということです。

 そう考えると、その店でポイントを貯めないことは、間接的な損失につながる、と言えます。それでも、「そんなことは気にしないし、大した損失にもならないはず」という人もいるかもしれません。しかし、年単位でポイントの獲得機会を失い続ければ、大きな損失になってしまうこともあり得ます。

逆に、ポイントカードを作ることで損することもある
ポイント目当ての買い物が一番ムダ遣いの元!

 ポイントカードを作ったほうがいい理由を紹介しましたが、ポイントカードを作ることには以下のようなデメリットもあります。

【ポイントカードのデメリット】

◆財布の中でかさばる
◆「ポイントカードを持っている店で買い物しよう」という心理が働き、損をすることもある
◆ポイントを貯めたいがために、不要なものを買ってしまう可能性がある


 ポイントカードを一部の店でだけ作っている人は多いと思います。例えば、よく行くA店のポイントカードを持っていた場合、「本当は、たまに行くB店に気に入った商品があったけど、B店にはポイントプログラムがないから、ポイントが貯まるA店で似たものを買おう」と思うことは、割とよく起こり得るものだと考えられます。

 それで満足できればいいのですが、「やっぱりB店の商品のほうがよかった」と、買い物の満足度が下がってしまうリスクもあります。

 あるいは、特に必要がないのに「ポイントの有効期限があるから、C店で買い物をしなくちゃ」と、ムダな買い物をしてしまう……といった話はよく耳にするものです。これは一番ダメなパターンです。ポイントは買い物のオマケに過ぎないので、ポイント目的に買い物をするのは完全に本末転倒(あるいは店側の思う壺)であり、絶対にNGです。

ポイントカードは「とりあえず作る」を基本に!
増殖するポイントカードは専用ケースで保管

 さて、ポイントカードを作ってポイントを貯める意義と、デメリットを紹介してきました。プラス要素とマイナス要素があるわけですが、私はやはり、ポイントカードはどこでも毎回作っておいたほうがいいと思います。

 ポイントを貯めず、どこの店でも「ポイントは貯めていません。カードはいりません」というのは、潔い姿勢でもあります。が、誰しも心のどこかでは「ポイント、やっぱり貯めたほうが得なのかな?」「こんなにこの店に来るなら、最初から貯めておけばよかったかも」といった思いを抱くことはあるはずです。

 特に、ドラッグストアなどで「ポイント5倍デー」などに遭遇すると、「やっぱりポイントを貯めておくべきだった」と後悔の念に襲われる可能性は高いでしょう。そんなちょっとした後悔と無縁でいるためにも、とりあえずポイントカードは作るべきだと思います。

 ただ、そうなるとポイントカードはどんどん増殖していくので、ここからはどのように管理すればいいか紹介します。

 まず、どこかの店でポイントカードをすすめられたら、二度と行かないことが明らかな店(出張などでたまたま出かけた先の店など)でない限り、すすめに従ってポイントカードは作るようにします。

上の写真は、風呂内さん自身が利用している自宅保管用のポイントカードケース。

 しかし、作ってはみたものの明らかに出番が少なく、1カ月経っても使わないようなポイントカードは財布とは別の場所で管理するようにします。カードケースを用意し、自宅で保管するといいでしょう。名刺用ケースなどが便利ですが、箱などにどんどん貯めておくだけでも問題ありません。

 自宅に待機させたカードケースはたまに中身を見て、「やっぱりこのお店はしょっちゅう行く」と気づいたものは財布に戻します。カードを作って以来一度も店に行っていなかったり、有効期限が切れていたりする場合は処分してしまいましょう。

 このような仕組みにすれば「この店ではポイントカード作らなかったけど、意外とよく行くし、もったいなかったかも」などの後悔とは無縁になります。

 また、たまにしか行かない店のポイントカードは、カードケースにしまいこまれることになり、目にする機会も少なくなるので、「このポイント貯めたいから、あの店で買い物するか」などと、ポイントカードを理由にお店や商品を選んでしまう確率も減るでしょう。

バーコード付きのポイントカードは
便利なアプリ「Stocard」で一元管理も可能

  財布の中に入れるポイントカードは、最低でも月に1回は使うものに限定します。そうすれば、何十枚ものカードが財布の中にひしめきあうことはないはずです。また、「Tポイント」や「Ponta」「楽天スーパーポイント」「dポイント」といった、汎用性の高い共通ポイントが貯まるカードは、基本的に常時持っておきたいところです。
【関連記事はこちら!】
⇒「Yahoo! JAPANカード」や「楽天カード」など、共通ポイントが貯まるクレジットカードはなぜお得?年会費無料、還元率1%超を維持できる理由を解説!

 ただ、共通ポイントだけでも4種類あり、その他のポイントカードやクレジットカード、電子マネーなども合わせると、やっぱり財布がかさばってきてしまうので、私は可能な限りポイントカードをアプリで携帯するようにしています。

 共通ポイントはアプリで貯められますし、各地に展開している有名店はポイントカードアプリを発行しているところが数多くあります(例:ビックカメラ、ニトリ、無印良品、マツモトキヨシなど)。アプリなら、スマホと一緒に常に携帯できるので、持ち忘れがなく、財布もかさばらず、いいことづくめです。

「Stocard」に読み込んだカードのバーコードを店頭で見せればOK。ただ、「Ponta」は専用アプリがあるので、そちらを活用するほうがベター。

 また、主要なポイントカードを一元管理できるアプリもあります。「Stocard」という名前のアプリです。

「Stocard」は各種ポイントカードのバーコードをスキャンすることで、ポイントカードそのものを持ち歩かなくても、スマホでバーコードを表示させてポイントカードの代わりにできるという仕組みになっています。

 主要なチェーン店ではバーコード付きのポイントカードを発行しているので、「Stocard」に読み込ませておけば、財布に入れておかなくても問題ありません。

 こうしたアプリを活用していることもあって、私の場合は今自分のお財布を開いてみると、4枚だけポイントカードが入っています。近所のスーパー、よく行くレストランなどのものです。ポイントのおかげで、スーパーでは何度も割引で買い物していますし、レストランでは何度か無料のランチも楽しむことができました。

 反射的にレジでポイントカードの作成を断っている方は、付き合い方を見直すことで、少なからず得できる場合もあります。ぜひ、ポイントカードはどこでも「作る」という選択肢を選んでみてください。

(取材・構成/元山夏香)

※「Apple Pay」対応おすすめクレジットカードを紹介!
Apple Payに登録して得する、高還元率クレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
おすすめのヤング&格安ゴールドカードはコレだ!ページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2016年12月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0%
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
2015年4月1日に新登場!
 Yahoo! JAPANが新発行したカードで、年会費無料ながら、通常還元率は1%Yahoo!ショッピングでは還元率2%(+Yahoo!ショッピング付与分の1%と合計ではなんと還元率3%!)で「Tポイント」が貯まる。国際ブランドに「JCB」を選べば「nanaco」チャージでも還元率1%! 「Tカード」機能搭載なので、街中でも「Tポイント」が貯まる&使える!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA

WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
高還元クレジットカードおすすめランキング!エポスカードの公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント】
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【楽天カード】
年会費無料でどこでも還元率1%、楽天市場なら
還元率4%超の最強カード!⇒関連記事はこちら

楽天カード公式サイトはこちら
Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!