ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

日本を代表する企業経営者の戦略・戦術を学び、経営課題の解決につながるヒントを読み解く

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「経営戦略」の全記事一覧
  • 第1回 勤め人を嫌い、人生の意味を探していた哲学者が経営者になるまで 

    [2016年12月05日]
    科学者としての一本気と、世界の未来を見据えた経営で「哲人経営者」と呼ばれる小林喜光氏。経済同友会会長も兼務するが、その常識や慣習にとらわれない深い洞察には、傾聴すべきものが多い。イスラエルでの留学経験が今の自分に大きな影響を与えた語る小林氏が経営理念・改革のあり方を語る。

  • 第14回 同僚に褒められたらお金がもらえる!?
    寺田倉庫のユニーク制度 

    [2016年12月05日]
    「えっ、ドクロのコインですか?」――。寺田倉庫を取材していたら、物騒な名前のコインが社内で流通していることがわかった。しかも、コインの種類によってはその金額が精算され、金額も天井知らずという。いったい、どういう制度なのだろうか?

  • 第53回 経営者は決断のとき、何を「判断基準」にすべきか? 

    [2016年12月03日]
    世の中の動きを知らずにビジネスの正しい判断はできません。正しい判断をするためには、新聞などで自分の関心のないものを含めて大く報じられている記事を普段からよく読んで、世の中の動きを知るとともに、「正しい考え方」を身に付けていなければなりません。では正しい考え方を身に付けるために何をするべきでしょうか。

  • 総務は「社葬」をどう準備するべきか?
     開催決定から開催後の処理まで

    [2016年12月01日]
    企業のトップの死は今後の事業活動に多大な影響を与えかねない事態であり、決して「個人の死」で終わらせることはできません。企業の発展に尽くされた創業者や役員の功績をたたえるために、企業がご遺族と一体となって追悼する場としてはもちろん、企業の後継者の就任披露を兼ねる場でもあります。大切なイベントだからこそ、目を背けることなくリスクマネジメントの一環として備えましょう。

  • 総務から始める「失敗しない文書管理」 CHAPTER〈1〉うまくいかない文書管理

    [2016年12月01日]
    そもそも「文書管理」とはどんなものなのでしょうか。CHAPTER〈1〉では、文書管理の定義から、うまくいかない文書管理の例、そしてその対処法について解説していきます。

  • 掃除でみるみる業績アップ!
    今すぐ始める職場の環境整備 Part.1 環境整備の効果

    [2016年12月01日]
    職場の環境整備を行うだけで、業績を急伸させた会社が続出しているという。環境整備とは、社員が育つ環境を作ることにつながる。環境整備は業態・業種・規模を問わず、すべての会社で実践できる人材育成方法だ。環境整備が企業にもたらすプラスの効果、そしてその具体的な導入のノウハウを、100社以上の企業において環境整備の指導を行ってきた、日本そうじ協会理事長の今村暁さんにうかがった。

  • ベネッセ新社長が明かす通信教育市場の限界と対策
     ベネッセホールディングス社長 安達 保

    [2016年12月01日]
    2年前の個人情報漏えい事件以来、業績は低迷したまま。在任期間がわずか3カ月だった前社長からバトンを引き継いだ、安達保社長に今後の方針を聞いた。

  • 第5回 「ファブリーズvsくさや」悪ノリCM中止で見せたP&Gの謝罪力 

    [2016年12月01日]
    「ファブリーズvsくさや」CMが、くさや生産地からの猛抗議を受け、わずか2週間で打ち切りとなった。このほかにも、炎上→中止に追い込まれるCMやサービスが次々と出てきている。企業広報の定石は「非がないなら正当性を主張せよ」。だが、この定石にしがみつくと損をする時代になってきた。

  • 第34回 生涯の友・千宗興との出会い 

    [2016年11月30日]
    東京進出に苦闘していた昭和27年、幸一は後の人生に極めて重要な影響を及ぼす人物と出会う。茶道裏千家の若宗匠・千宗興である。後年、驚異的とも言える人脈を築く幸一だが、そのきっかけはこの出会いから生まれた。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第34回!

  • 最終回 銀行時代の修羅場、その経験がヤマトの経営に生きている 

    [2016年11月28日]
    今月は、ヤマトホールディングスの木川眞会長が、同社の「イノベーションを生む体質」をテーマに執筆。みずほコーポレート銀行出身の木川会長が、小倉昌男以来のヤマトグループの革新をどのように受け継ごうとしてきたのか。銀行時代の経験も踏まえて聞いた。

  • 第13回 和製アマゾン?寺田倉庫が「倉庫業」で生き残れる理由 

    [2016年11月28日]
    寺田倉庫は、いったい何をしている会社なのだろうか。社名に「倉庫」とあるにもかかわらず、ホームページには「ワイン」「アート」「メディア」などのキーワードと共に美しい写真が並ぶばかりで、「いったい何が本業なんだ?」と翻弄される。

  • 第31回 どんなポジションにあっても影響力を持ち続けるには? ~『影響力の秘密50』(スティーブン・ピアス著)を読む

    [2016年11月26日]
    「影響力」は、いわばリーダーシップを発揮したり、マネジメントを行うための基礎体力のようなもの。「影響力」が弱ければ、どんなにスキルの高いリーダーやマネジャーも、そのスキルを存分に生かすのは難しいだろう。では、影響力を持ち続け、発揮するためにはどうすればいいのか?

  • 企業の物流戦略、“他人任せの効率化”はもう限界 

    [2016年11月25日]
    企業にとって物流は不可欠な機能だが、それ自体が利益を生み出すコア事業ではない。そこで、バブル崩壊以降、物流をその道のプロである物流企業にアウトソースすることで経営資源を本業に振り向ける流れがあったが、ここへきて"他人任せ"にしてきた企業の物流戦略が転換期を迎えている。背景には「モノが運べなくなる」ことに対する深刻な危機意識がある。

  • 第33回 難攻不落の東京市場への挑戦 

    [2016年11月23日]
    不渡り一歩手前の厳しい経営状態にもかかわらず、和江商事は東京進出に積極的に乗り出した。しかし初代所長の薮中は市場開拓に失敗し退社。追い込まれた幸一は、盟友・川口郁雄に東京行きを命ずる。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第33回!

  • 第43回 なぜ一流のリーダーは「孤独」を愛するのか 

    [2016年11月22日]
    職場で「誰も理解してくれず孤独を感じる」と感じたことはありませんか。特にポジションが上がるにつれ、「孤独」を感じながら仕事をすることはリーダーの宿命。今回は、一流のリーダーがなぜ「孤独」を愛するのかについて考えてみましょう。

  • 第7回 「欧州文化首都」が国際観光時代をリードするこれだけの理由 

    [2016年11月22日]
    近年、観光収入の増大や地域再生を目指し、都市が主催する文化事業が世界各地で開催されている。1990年代以降、現在の文化都市ブームの起点となったのが「欧州文化首都」と呼ばれるEUの事業だ。文化首都に焦点を当て、都市の祝祭の現代的な役割を考えよう。

  • 第3回 ヤマトの「家の扉」までの配送網はオープン化で社会インフラになる 

    [2016年11月21日]
    ヤマトグループのイノベーションの基本的な考え方は、「問題を解決するための手段が、自分勝手でコスト増につながってはならない」というものだ。羽田クロノゲートに象徴されるゲートウェイ構想も、本質的にはコスト構造改革だ。その上で、当日配達ニーズに応えられるとか、B2CだけでなくB2Bの分野で企業の物流改革に貢献できるなどの副次的な効果が生み出されている。

  • 第12回 「5年で辞めろ」と社長が公言、寺田倉庫という不思議企業 

    [2016年11月21日]
    会社設立から66年の寺田倉庫がここ数年、急速に変貌を遂げている。ワインやアートの保管事業を手がけ、倉庫会社のイメージを覆しているのだ。改革を主導する中野善壽社長に「ぜひ話をうかがいたい」と勇んで取材に向かったが、のっけから壁にぶつかった。

  • 第52回 良いリーダーは「独裁」しても「独断」はしない 

    [2016年11月19日]
    リーダーの仕事は多岐にわたりますが、最も重要な仕事を1つあげるとすれば「判断」です。「判断」は戦略立案においてとても重要です。経営戦略とは企業の「方向付け」をすることですが、会社のビジョンや理念の上に立って外部環境と内部環境を正しく分析し「何をやるか、やめるか」を決めることです。

  • 第4回 プロ経営者を外から招かず社内で育てる方法 

    [2016年11月18日]
    今回は、プロ経営者を外部から招くのではなく、社内でどのようにして育成したらよいのか、について考えてみたい。どうすれば、社内でプロ経営者を育成できるのか。わかりやすく言えば、若いうちから外で修業をさせる、ということになる。「修羅場、土壇場、正念場の経験」ということだ。

1
nextpage

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事