【TKC】豊富な業績管理機能で 中堅企業の経営課題と解決策を見つけ 会計で会社を強くする

TKC

豊富な業績管理機能で
中堅企業の経営課題と解決策を見つけ
会計で会社を強くする

著者・コラム紹介
previous page
3

「いつでも」「手軽に」確認
全社業績が社長の“てのひら”に

 「FX4クラウド利用はTKC会員会計事務所が支援するので、豊富な機能を存分に活用し、メリットを実感いただけます」と堀越執行役員は強調する。

 業績管理機能の他に、経理業務を効率化する便利な機能も特長だ。販売管理などの業務システムやインターネットバンキングとのデータ連携により、仕訳入力作業を大幅に省力化する。さらに、評価が高いのがマネジメントレポート(MR)設計ツールだ。会社オリジナル帳表を、簡単な操作で作成できるため、経営会議資料の作成の手間が省ける。


FX4クラウドの業績確認をスマートフォンやタブレット端末から利用できる。いつでも、手軽に自社の業績を確認したいという経営者の要望に応えて開発された。出社前や移動中の隙間時間にスマホで売り上げをチェックし、詳細なデータは会社のパソコンで確認するなど、スピーディーで正確な経営判断が行える  拡大画像表示

 さらにこの10月には、経営者による業績管理をより便利にする「スマート業績確認機能」が提供される(図2)。スマートフォンやタブレット端末を用いて売上高の予算比や前期比、預金口座の取引明細、借入金残高など、経営者がすぐ知りたい会計データをチェックできる。

 会計ソフトの活用とともに重要になるのが会計データの信頼性だ。「TKCでは巡回監査終了後に全てのデータにロックをかけ、過去データを変更することはできません。さらにTKCが記帳適時性証明書を発行し、データが改ざんされていないことを第三者に証明しています。このような仕組みを備えているのはTKCシステムだけです」と飯塚専務。

 これにより、FXシリーズで作成した会計帳簿や決算書は金融機関や税務当局から高い評価を受けており、利用企業の信頼度向上につながっているという。さらに会計データは、高度なデータセキュリティー体制を備えたTKCデータセンターで保管。アクセス権限の設定などで不正利用を防止し、企業の内部統制を支援している。

 会計事務所の支援を受けながら会計ソフトを使いこなし、強い会社をつくる上で、TKCのFX4クラウドは心強い味方になるに違いない。

問い合わせ先:
株式会社TKC
https://www.tkc.jp/

previous page
3

[PR]

DOLトップへ


DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧