群を抜く東京都心の住宅地価
交通利便性と住環境で二分化

週刊ダイヤモンド別冊 「価値ある不動産」発

東京都心部の高地価アドレス

江戸時代の漁師町、佃島近くが中央区1位。今はマンションが連なる

 今回、住宅地の公示地価を市区別にランキングした。1位の標準地には、東京23区では練馬と板橋以外はマンションが立っていた。商業近接の標準地は商業地の地価に引っ張られている印象もあり、前ページの表のように、同じ価格帯でもだいぶ街の印象が異なる。坪300万円を超えるような標準地はほぼ東京都心部に限られる。

 

 

 渋谷区では、伝統のお屋敷街「松濤(しょうとう)」を人気の街「恵比寿西」が凌駕した。こうした「下剋上」的な動きは東京都心部ならではだ。

杉並区1位は「荻窪」からバス便だが、人気の公園周辺にマンションが林立している

 上位に共通する要素が、「公園」「駅近」「文教地区」である。駅からの徒歩分数は同心円状に広がるだけに、「駅近」には稀少性がある。「文教地区」では、この表にはないが、人気学区にあるさいたま市浦和区の「高砂」が突出している。

 東京23区の場合は、より地価水準の高い区との境にその区の上位が集まっていた。東京市部など郊外では、特定の駅近アドレスが上位を独占している例が多い。

 街は生き物であり、不動産の価値は時代によって移ろうことがうかがえる。

2019年新春の新築物件はこれ!

「週刊ダイヤモンド」別冊
2019年1月13日号
新築 マンション 戸建て 「価値ある不動産」

  • 図書カードやギフトカードが計20名様に当たる!
  • O-uccino オウチーノ
  • O-uccino オウチーノ
  • O-uccino オウチーノ
  • O-uccino オウチーノ
  • 『週刊ダイヤモンド』別冊 価値ある不動産 2019新春 online
TOP