価値創造の経営~デジタル&イノベーション

ゼロトラスト・セキュリティの実現と利便性を両立する 「ファイル暗号化ソリューション」

コロナ禍により在宅勤務が日常化し、社外でデータを取り扱う機会が増える中、会社の機密情報をいかにして保護するかが大きな課題となっている。堅牢なセキュリティ対策が難しいテレワーク端末でも、ユーザーの業務効率を低下させることなく情報漏えいリスクを抑えたい ―― そんなニーズに応えるのが、ファイル暗号化ソリューション「DataClasys」だ。

これまでの情報漏えい対策で安心か?

 企業が所有する顧客データや製品設計データなどは、企業にとって極めて重要な機密情報である。万が一これらの情報を漏えいさせてしまうと、多額の損害賠償を請求されたり社会的信用の低下を招いたり、最悪の場合は事業停止に追い込まれたりと、企業の存亡を左右するほど深刻なダメージを被りかねない。

 このような事態に陥らないように、企業はこれまでにさまざまな情報漏えい対策を講じてきた。とくにインターネットとのゲートウェイにファイアウォールやIDS/IPS(侵入検知システム/侵入防御システム)などを設置して内部ネットワークの情報を守る、いわゆる境界防御型のセキュリティはどの企業にも導入されている。

 しかしサイバー攻撃が高度化・巧妙化した近年、従来の境界防御型セキュリティだけでは確実に情報を保護することが困難になりつつある。新種・亜種のマルウェアに加え、OSやミドルウェアの脆弱性を狙ったエクスプロイト攻撃、正規のプロセスを悪用したファイルレス攻撃といった新たな手口が次々と登場し、既存のソリューションでは対応しきれないのだ。そこで最近は、サイバー攻撃の侵入を許してしまうことを前提に、たとえ侵入されても動きや振る舞いを検知して内部ネットワークの情報を外に出さない多層防御型のセキュリティ対策が普及し始めている。

価値創造の経営~デジタル&イノベーション

問い合わせ先

株式会社DataClasys
〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-10-5
TMMビル7階
03-3861-2348
https://www.dataclasys.com
TOP