ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

知財を中心に置いたビジネスモデルがあってこそのイノベーション

 日本メーカーの2社の戦略を見てきた。成長企業には強力な知財戦略があり、それを担う知財部門は、「事業の水先案内人」とも、「事業展開力とブランド強化の紐帯」とも言われていた。特許を確保し係争などに囚われない環境づくりを推進する要となる一方、単なる管理の枠を超えて、ビジネス戦略に活かす組織や仕組みをつくる。さらに、知財を製品・サービスに活かしたマーケティングとブランディングを展開していく。知財を中心に置いたビジネスモデルがあってこそのイノベーションであることが、よく理解できたはずだ。

 さて、注目の「トムソン・ロイター Top 100 グローバル・イノベーター 2012」が、公開された。日本企業は何社が選ばれたのだろうか? (下の画像をクリックするとダウンロードできます

グローバル・イノベータ2012 ダウンロードはこちら

 

previous page
6


広告企画

「広告企画」

⇒バックナンバー一覧