御社の営業は科学的か? 体育会系か?

ソフトブレーン

御社の営業は科学的か? 体育会系か?

著者・コラム紹介
previous page
2
nextpage

仮説づくりは営業マネージャーの仕事

――営業マネージャーがPDCAサイクルを回す上で、注意すべき点はありますか。

 PDACサイクルの出発点は、仮説づくりです。仮説がなければ、P(Plan)以下のサイクルは成立しません。ただ、営業セミナーなどで仮説の重要性を指摘すると、「仮説が立てられない」という声を多く聞きます。

 前ページでKPIのことを、「目標に対する先行指標」と言ったのは、まず目標(Goal)から考える必要があるからです。PDCAサイクルを回す際には、常にゴールを意識しなければなりません。その意味で、私はG‐PDCAという言い方をしています。

 毎月3件、300万円の受注獲得を目標とする営業担当者の例で説明しましょう。そのプロセスは引合から見積、受注という流れになっており、引合から見積に進む案件化率は50%、見積から受注に至る受注率は30%です(図4を参照)。


 この目標から逆算すると、担当者は20件(図4のKPI①)、2000万円(図4のKPI②)の引合を獲得する必要があります。ここで、多くの上司が「とにかく20件の引合を取ってこい」と指示するのでしょうが、そこには仮説もなければ計画もありません。これでは、単に目標を割り戻しているだけ、気合いを入れているだけです。

 具体的な例をもとに、仮説づくりを考えてみましょう。複数の住宅展示場に営業拠点を構える住宅メーカーのケース。20名以上のマネージャーがいる中で、主役になったのはAさんとBさんの2名。展示場への来訪者に説明した後、日を改めてこちらから訪問する初回面談に進む割合が低いという課題を抱えています。展示場では初回面談をOKしていても、後で電話がかかってきてキャンセルされるケースも少なくありません。「キャンセルを減らすにはどうするか」がマネージャー達の共通課題となっていました。

 この課題の解決に向けて、他の多くのマネージャー達は、「展示場での興味関心の高め方が足りないから、キャンセルされてしまうんだ」と考え、徹底してPUSH型接客のロールプレイングを毎日のように実施。アプローチツールとしての資料類の見直しにも取り組みましたが、一向に効果がありません。

 ところが、AさんとBさんの2名のマネージャーは違いました。

 Aさんは「1回の展示場接客だけでは十分に信頼関係が構築できていないのではないか」と考えました。そこで、初回面談までに「お礼訪問」という1つの新たなプロセスを挟むことで、心理学でいう単純接触効果による信頼関係を深めることにしました。そして、部下のメンバーにちょっとした手土産を持たせてサプライズ訪問をさせ、「先日はご来場頂きましてありがとうございました。近くまで来た帰りなのですが、お花をお渡ししたくて・・・。」とお礼をさせたところ、キャンセル率を3分の1以下にまで下げることに成功しました。

 Bさんは多くのマネージャーの考えとは逆に「お客様の話を十分に聞けていないのではないか」と考えました。そこで、部下に「展示場接客の目標接客時間を2時間以上」と指示しました。モデル住宅を案内して説明するだけでは、2時間も引っ張ることはできません。必然的に、来訪者の話を徹底的に聞くというPULL型の接客をすることになります。

 たとえば、「老後の夢などはありますか」と聞けば、そんなことを考えたことのない相手でも、「そうですねえ」と言いながら話をしてくれます。副次的な効果ですが、2時間も話をすれば他メーカーのモデル住宅を訪ねる気も薄れます。こうして、初回訪問実施率を高めることができました。

「仮説が間違っていたらどうしよう」などと心配する必要はありません。失敗したら別のやり方を考えればいいのです。

資料ダウンロードのご案内

今日の営業組織に必要なリーダーシップ、営業トップに期待される役割は何か――企業成長を牽引する営業部門のトップは、顧客セグメンテーションから現場の営業担当者のモチベーションまで、あらゆる営業プロセスのマネジメントに多大な時間を費やしている。しかし、これだけに終始していては、営業部門の成功はおぼつかない。顧客のビジネスモデル変革、営業組織の複雑化といった事業環境の変化によって、営業部門の運営はかつてないほど難しくなっている。
【資料提供】ソフトブレーン株式会社

御社の営業は科学的か?
体育会系か?


【資料】営業力強化のポイント -プロセスマネジメントとKPI-

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、ソフトブレーン株式会社(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら
previous page
2
nextpage

DOLトップへ
お問い合わせ先

ソフトブレーン株式会社

東京都中央区八重洲2丁目3番1号

住友信託銀行八重洲ビル9階

TEL:03-6880-2600


野部 剛
ソフトブレーン・サービス株式会社
代表取締役社長

早稲田大学第一文学部英文学専修卒業後、野村證券へ入社。トップ営業マンとして活躍後、 2000年成毛眞氏から直々のヘッドハンティングでコンサルティング会社インスパイアに入社しヘッドディレクターを務める。2005年5月ソフトブレーン・サービス入社、執行役員・取締役を経て、2010年7月より現職。プロセスマネジメント大学学長を兼任し、営業マーケティングに関するセミナーを多数開催している。実践に裏打ちされたそのノウハウや知見を『成果にこだわる営業マネージャーは「目標」から逆算する!』(同文館出版)、『90日間でトップセールスマンになれる最強の営業術』(東洋経済新報社)などの著書で発表している。