低迷が指摘される電機産業の中で、勝ち組の一社として存在感を増す東芝グループ。しかも、経営方針に「創造的成長」を掲げ、さらなる成長を目指している。ここでは、東芝グループが目指す「創造的成長」はどのような方向性を持ち、どこが画期的なのか、2回にわたって読み解いてみる。前編は、ICTとクラウド基盤の切り口から、その独自性を考える。

東芝クラウド&ソリューション社ICTクラウドサービス推進部 部長香川弘一氏

 東芝グループが考える「創造的成長」とは、市場の伸長に過度に依存することなく、東芝ならではの事業領域と手法の下、成長のエンジンを自らつくり出していくことである。

 すでに売り上げの55%を海外であげている東芝グループとしては、単純に市場を海外へシフトする発想ではなく、事業機会をこれまでとは違う角度から発掘したり、複数技術の組み合わせによる相乗効果で用途を拡大したりする「価値創造」に重点を置くと宣言したわけだ。価値や市場を自ら「創造」するのであれば、事業機会も無限大に生み出すことが可能である。

 この新経営方針を実現するため、2013年10月には、大規模な事業グループ再編を行った。従来の4事業グループを社内カンパニーから関係会社まで含めて大胆に組織改編し、「5事業グループ+1」の体制を敷いたのである。

東芝ソリューション
製造・産業・社会インフラソリューション事業部
業務ソリューション技術部 部長
山本修二氏

「『+1』は、新設された『クラウド&ソリューション事業』です。全社横断的なICT&クラウドで、5事業の創造的成長を支えます」と、東芝の社内カンパニー、クラウド&ソリューション社の香川弘一氏は言う。

 同社と一体になって、全社横断的なICT&クラウド提供に取り組むのが、東芝ソリューションだ。「個々の事業グループの競争力を支えるICTを担うとともに、クラウドサービスやさまざまなICTソリューションの事業化・外販に取り組んでいます」と、東芝ソリューションの山本修二氏は話す。

 国内外グループ会社590社、約21万人(13年3月末時点)を擁するグローバル企業の東芝グループが、部門・事業・グループ会社の境界を越えた全社横断的なICT利用環境の実現に向けて、本腰を入れたのである。

    >>この記事には続きがあります。下記よりご覧ください。

●後編は、こちらで公開中です。

資料ダウンロードのご案内

東芝の「創造的成長」を支える 全社横断的なICT利用と 高度な機能を備えたクラウド基盤

東芝のクラウド&ソリューション戦略「スマートコミュニティ」の概要と、それを支えるマイクロソフトのCRMソリューションについての「週刊ダイヤモンド」1月11日号掲載記事がPDFでご覧いただけます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら