労働規制の強化やワークスタイルの多様化といった動きを受けて、勤怠管理にはより高度な仕組みが求められている。そこで、アマノは2013年9月に新しい製品をリリースした。それが、多くの導入実績を持つ「TimePro」シリーズの最新モデル「TimePro-VG」だ。「危機管理」「ワークライフバランス支援」「セルフマネジメント」「履歴管理」という四つのコンセプトの下で設計されており、企業の新たな就業マネジメントシステムの構築をサポートする。

豊富な導入実績
個別のニーズにも柔軟に対応できる

 アマノの「TimePro」シリーズは、豊富な導入実績を持つ就業管理システムである。同シリーズは現在、約1万8000社で稼働中。これは累計導入社数ではなく、システムが実稼働している企業の数である。

 そのヒットシリーズに、2013年9月、中規模から大規模向けの新しい製品「TimePro-VG」が加わった。アマノ時間情報事業本部企画部長の元村隆氏は、次のように説明する。

アマノ
時間情報事業本部
企画部長
元村 隆氏

「勤怠管理は、会計や給与計算と異なり、各企業に独自の管理方法があります。TimePro-VGはお客さまごとにシステムを構築するので、クラウドサービスと違い、それぞれのお客さまの要望に細かくお応えすることができます。また、全面Webシステムなので、メンテナンスも容易です。勤怠管理の分野では法改正などを受けてシステムの更新が必要になりますが、TimePro-VGならサーバ側の更新だけで済みます」

 導入に際しては、アマノのシステムエンジニアが顧客企業ごとのニーズを把握した上で、最適なシステムを構築している。導入までにかかる期間は2カ月から半年程度だという。

 また、タイムレコーダーとの連携も大きな特徴の一つだ。出社・退社時刻の記録は勤怠管理の基本。その方法としては、大きく分けてタイムレコーダーとWebを通じた打刻がある。後者の場合、PCを立ち上げ、ネットワーク経由でサーバにアクセスするまでに時間がかかる。わずかな時間かもしれないが、それによって遅刻扱いになれば不満を感じる従業員もいるだろう。

「より客観的な打刻という意味では、タイムレコーダーが優れています。TimePro-VGは、タイムレコーダーの利用とWebを使った時刻入力の二つの方法に対応していますが、お客さまの8割以上はタイムレコーダーを導入しています。ホワイトカラーはWeb経由、工場などではタイムレコーダーといった使い分けをするケースもあります」と元村氏は言う。

資料ダウンロードのご案内

「低価格」「高性能」「簡単・便利」な勤怠管理システム

クラウド型勤怠管理システムとして市場シェアNo.1を誇るデジジャパンの「Touch On Time」。クラウド型なので導入が簡単で低コスト、メンテナンスの手間も省ける。一般企業・小売・飲食・教育機関をはじめ、すべての業種・業態、規模を問わずに導入が可能。本資料では、導入企業の事例紹介やマンガ、想定事例などで特徴・機能を紹介。

「Touch On Time」30日間無料お試しのご案内

勤怠管理システムを新たに導入、あるいは現在のものからリプレースしようと思っても、実際に使えるかどうか不安は尽きない。そこでデジジャパンでは、クラウド型勤怠管理システム「Touch On Time」を30日間無料で試せるサービスを提供している。打刻端末も無料貸与。

「人と時間」を戦略的に活用できる就業管理システム

「タイムカードや勤怠管理は給与計算のため」と考えている人は少なくないだろう。しかしアマノが提供する就業管理システム「TimePro-VG」は、それに加えて、ワークライフバランスを含む「時間管理」、コンプライアンスなどの「経営管理」、さらに過重労働などを事前に察知する「危機管理」の三つのポイントでトータルな就業管理を実現する。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら