創業以来、企業を支えるシステムを提供してきた日本ユニシスは、システムの中核となるデータに対する深い知見を生かし、複雑化・多様化するマーケティングの現場で、企画・運用・分析・評価までトータルで支援するデータマーケティングサービスを提供していく。部分最適に陥りがちな企業のプロモーションの全体最適化と経営目線の目標達成をサポートしている。

購買行動の多様化で有用な情報が蓄積

 日本ユニシスは、コンピューターの黎明期である1958年の設立以来、時代のニーズにいち早く呼応したITサービスを提供。各業種の企業に基幹系システム、情報系システム、データ分析サービスを提供する中で、システムの中核を成すデータに関する管理・活用のノウハウを蓄積してきた。

 一方、市場では消費者の購買行動が多様化するとともに、従来からの店舗、DM/カタログ、コールセンターに加え、ECサイト、メール、ソーシャルメディアなどさまざまなチャネルを通じて、マーケティングに有用な情報が企業内に蓄積されるようになった。

 「顧客情報、商品情報、購買情報、販促情報といった自社内データだけでなく、ネットチャネルの進化に伴い得られるようになったオーディエンスデータやソーシャルメディアなどの外部データの活用によって、データ分析の可能性はさらなる広がりを見せています。

総合マーケティング部長 藤戸 哲也 氏

 例えば、どのような顧客がどのサイトの内容に反応してどの商品を購買するに至ったかといったルートまで詳細に把握できるようになりました」と説明するのは総合マーケティング部長の藤戸哲也氏だ。

 顧客ごとにパーソナライズされた情報によって、ワン・トゥ・ワン・マーケティングに代表されるような顧客視点の効果的な販促活動が可能になったのである。

バック・フロント両サイドのデータ統合がカギ

 これらのマーケティングに有用なデータを積極的に活用し売上増につなげようという機運が高まる反面、その実行段階で壁にぶつかる企業は多い。

 それは、基幹系を中心としたバックサイドと、Webサイトなどフロントサイドのシステムで持つ顧客に関するデータが企業内において分散しており、顧客情報や商品情報といった自社内の基本的なデータさえ一元化されていないケースが多いからだ。

 「フロントサイドのデータはマーケティング部門、バックサイドのデータは情報システム部門といったように企業内においてバラバラに管理されている。

総合マーケティング部 ビジネスプロデュース室長牧野 友昭 氏

 オムニチャネルでマーケティングを効率的に行うためには、フロントサイドとバックサイドのデータを一元的に管理し、各チャネルが連携する必要があるが、要員の問題と組織間の壁がそれを難しくしています」と指摘するのは、総合マーケティング部ビジネスプロデュース室長の牧野友昭氏だ。

 それに対し、CMOなどのマーケティングリーダーが統率力を発揮することで、各種のデータを適切にマーケティング活動へと生かすことが期待されている。

 このような現状に対し、日本ユニシスではCMOなどの役割をITサービスと人の面からサポートし、組織内連携の支援を行う考えだ。

 「当社はバックサイドとフロントサイドの両方の業務を理解し、ITサービスを提供してきたからこそ、両面から、データ統合のご相談に乗ることができます」と牧野氏は話す。

 また、すべてのデータ統合が難しい場合は、どのようなチャネルのどのデータを組み合わせるかといったことから提案することもある。業種業態によって有用なデータが違うためだ。

資料ダウンロードのご案内

見込売上速報の誤差30%→2%、解約率30%低下!ウェブ会議システムNo.1企業がSalesforce導入に成功したワケ

本資料では、ウェブ会議システムの国内市場で7年連続シェアNo.1を達成した株式会社ブイキューブが、「見込売上速報の誤差30%→2%」、「解約率30%低下」などの劇的な成果を上げるまでに至った経緯と具体的な施策を解説。社内システムを整備し、生産性を高めたいとお考えの方は是非ご覧ください。

無料ではじめられる!初心者でもかんたんなセルフアンケートツールQuestant(クエスタント)

本資料では、セルフアンケートツール「Questant」についての詳細をご紹介しています。 「かんたん」「低コスト」「スピーディー」と、初心者でもすぐに使えるQuestantの活用で、マーケティングの幅が広がります。

“単発型”の施策にサヨナラ!マーケティング情報をつなげて 「循環モデル」を作ろう!

本資料では、「マーケティング情報の循環」に注目し、その有用性とそれぞれの施策で情報を有効活用するためのヒントを紹介します。 より効果的なマーケティング施策を図りたい、市場調査のデータをもっと活用したいという方に役立つ資料です。

デジタルマーケティング時代のメディア戦略論

本資料では、企業と生活者をつなぐ架け橋として、企業のメディア戦略を次のステージへと導くオウンドメディア活用のポイントを解説。本資料を最後まで読んでいただければ、オウンドメディアに取り組む上で何を軸としなければならないのか、その考え方が身につきます。

「ビッグデータ」「データサイエンス」…。言葉に踊らされるな! 現場革新を実現する、真の「データ活用」に不可欠な3つの鉄則

本資料では、独自の視点でビジネスチャンスを察知し、ダイナミックに経営・マーケティングを成功させるためのデータ活用のポイントを紹介。今、ビジネスの現場で必要なデータはすべて手の中にありますか?瞬時に必要なデータにアクセス、直ちに行動、成果を上げることのできる「データ活用」の鉄則。是非ご覧ください。

企業の未来を創る科学的営業の最先端手法「プロセスマネジメント 3.0」を紐解く!

本資料では、営業分野においてプロセスマネジメントという言葉が知られ始めた2000.年台初頭からこれまでの、プロセスマネジメントの進化の道筋を振り返るとともに、プロセスマネジメント3.0が至った境地と、企業の今後の可能性についてご紹介します。

BtoB営業を一歩前へ進める“現実解”セールス・マーケティングマニュアル

本資料では、見込み客の育成を効率化し、営業が商談につなげられるような状態にするための“現実解”を「3つのSTEP」として紹介しています。 BtoB営業を効率化し、売上を伸ばしたいと考える経営層、営業部門、マーケティング部門の方はぜひご一読ください。

「顧客を知り、自社を知る」・・・深い洞察が未来を創る~マーケティング概論~

本資料では、“マーケティング概論”として、今、顧客にアプローチするために欠かせない“洞察”の重要性をご紹介します。 データが溢れる現代社会だからこそ、それに振り回されることなく、“本質”を見抜くことが重要です。マーケティングの在り方を見直し、“未来”を創る力を得たいと考えている企業の方にお読みいただきたい資料です。

データマーケティングの成否を決定づける「3つの勘所」

本資料では、企業内に蓄積している“顧客データの活用”を阻む課題を解説し、従来の“経験と勘”によるマーケティングから、科学的なデータの根拠に基づく「データマーケティングの実践」に向けた方策を“3つの勘所”として紹介します。データ活用のPDCAサイクルを定着させたいという方はぜひご一読ください。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら