国際ビジネスコミュニケーション協会

グループ14万人の「元祖グローバル企業」
世界のソニーを繋げる「英語」

著者・コラム紹介
previous page
2

グローバル社会で
視野を広げるために

 グローバルに働くための環境づくりにも、グループとして積極的に取り組んでいる。2013年に本社で始まったのが「バディープログラム」だ。これは、日本人社員と外国人社員がバディーを組み、お互いの母語を教え合う取り組み。単に語学を学習することだけではなく、グローバル企業として、多様な文化的・思想的バックグラウンドを理解することも目的だ。

 また、英語は登用の要件にも用いられている。ある管理職以上の役職では、一定の英語力を満たすことが登用要件のひとつだという。足立さんが説明する理由は明解だ。「単純に、英語ができるというよりも『英語で伝えられる能力』が業務において重要なのです」

 さらに、足立さんは「国際的な舞台でビジネスをするチャンスが欲しいならば、英語力はプロとしての基礎である技術的な知識などの専門能力と同等に重要です」と語る。技術力で世界市場に名乗りを上げ、業績を積み重ねてきたソニーにとっても、英語はそれほどの存在なのだ。「ソニーにとって、英語は、世界中の社内の人材を繋げると同時に、世界中のお客様と繋がる役割も果たす共通語です。すばらしい技術を持つ人材が世界の共通語である英語を話せることでその社員の価値はさらに高まります。なにより素晴らしいのは、英語を使うことで視野が広まり、興味深いものが見つかること。それがさらなるビジネスチャンスにつながりますね」

ETS, the ETS logo, PROPELL, TOEIC, TOEIC Bridge, TOEIC BRIDGE are registered trademarks of Educational Testing Service in the United States, Japan and other countries and used under license.
※本内容は、TOEIC®プログラムを開発した世界最大の非営利テスト開発機関ETSによる動画シリーズ「Why English Matters」より構成されております。
http://whyenglishmatters.com/
 
「TOEIC® S&Wテスト」を活用して
社員の英語発信力を高める


 TOEIC®プログラムの中でも広く知られているTOEIC®テストは、英語の「リスニング能力」、「リーディング能力」を測定できるマークシートのテスト。加えて、TOEIC®プログラムを運営する一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(以下IIBC)が推進しているのが、パソコンを使い、英語での発信力を測定するTOEIC®スピーキングテスト/ライティングテスト(以下TOEIC S&Wテスト)です。
 このTOEIC S&Wテストで求められるのは、英語での「情報処理能力」と「対応力・即応力」。試験では円滑なコミュニケーションの妨げにならない些細な文法間違いや発音ミスは減点対象にはなりません。与えられた課題に対し、「いかに伝わる英語で、的確に解答できるか」が採点ポイントです。
 日常的なやりとりやビジネスシーンで実際に英語を使う場面をそのまま切り取った内容がテスト問題になっているので、実践練習になり、スキルアップに繋がります。問題を聞き取れても即座に反応できないという難しさがありますが、受験者からは「モチベーションが上がる」と好評です。TOEICテストに加えて、TOEIC S&Wテストの導入企業も増えています。
 企業の都合に合わせて実施日時の設定ができる団体特別受験制度(IPテスト)では、支社や事業所内、またはIIBCのテストセンターでも実施が可能。IIBCから送られる、予めテスト問題が入ったノートパソコンを電源に繋げるだけで、簡単に実施できます。
 TOEICテストに加えて、研修などの効果測定に最適なTOEIC S&Wテストの導入をご検討されてはいかがでしょうか。
 

TOEIC® S&Wテストの詳細はこちらから


 
previous page
2

[PR]

DOLトップへ
お問い合わせ先

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

〒100-0014

東京都千代田区永田町2-14-2

山王グランドビル

TEL:03-5521-5012

FAX:03-3581-5512


資料請求先:md@toeic.or.jp
詳細はこちら:http://www.toeic.or.jp/swco1



DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧