アジアを中心拠点に既成概念を超えた金融サービス展開で次の成長ステージへ

Jトラスト

アジアを中心拠点に
既成概念を超えた金融サービス展開で
次の成長ステージへ

著者・コラム紹介
previous page
2
nextpage

graphJトラスト 総資産の推移と主な事業―2008年から15年の8年間で総資産額はおよそ45倍に
拡大画像表示

──韓国やインドネシアで取得した銀行も、それまでは再建が危ぶまれていたそうですね。

JTbnk1JT親愛貯蓄銀行

藤澤 これは私の信念ですが、誰も手を出さないような案件にこそ、実は成長のチャンスが秘められているものなのです。

 韓国のJT親愛貯蓄銀行については、サービス改善とともにコンプライアンスの強化にコストを掛けて取り組んだ結果、取得からわずか3年ほどで黒字化が実現しました。

 当社は日本においても、幾つもの会社を柔軟、かつ迅速な経営判断によって立ち直らせてきましたが、その経験とノウハウを存分に発揮すれば、アジアにおいても有望な事業の種を数多く手に入れ、大きく育て上げていけると確信しています。

fastbrand「第14回 大韓民国ファーストブランド大賞」で、JT親愛貯蓄銀行が「貯蓄銀行部門消費者満足度評価」の大賞を受賞

──インドネシアでの金融事業についてはいかがでしょうか。

藤澤 Jトラストインドネシア銀行を取得後、現地の金融事情に詳しい元シンガポール中央銀行のベテラン幹部や、インドネシアの銀行業界で26年の経験を持つ日本人シニアエグゼクティブなどを招聘して経営の立て直しを図りました。こちらも単月黒字化が目前に迫っています。

previous page
2
nextpage

資料請求

[PR]

DOLトップへ
お問い合わせ先

Jトラスト株式会社

〒105-0001

東京都港区虎ノ門1-7-12

虎ノ門ファーストガーデン

TEL:03-4330-9100(代表)

http://www.jt-corp.co.jp/



■「DIAMOND×CNNj」とは
「週刊ダイヤモンド」「ダイヤモンド・オンライン」「CNNj」のコラボレーションにより、企業の製品・サービス情報やトップインタビュー他を同時期に公開し、訴求シナジーを高めるクロスメディア情報発信企画。CNNjのページはこちら



DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧