iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]
2017年8月3日公開(2017年10月2日更新)
バックナンバー
ザイ・オンライン編集部

「確定拠出年金」で利益を出している運用術を公開!
個人型と企業型、それぞれの確定拠出年金の運用で
成功している人の積み立て銘柄や資産構成比は?

iDeCoのおすすめ金融機関

個人型や企業型の「確定拠出年金」で利益が出ている人の運用方針やポートフォリオとは? ザイ読者の確定拠出年金の活用術を大公開!

確定拠出年金には、勤務先が用意してくれる「企業型」と、主婦や公務員も入れるようになった「個人型(iDeCo)」があるが、いずれも運用益が非課税などメリットがたくさん。とはいえ、まだ始めていない人や、定期預金のみで運用しているのも多い、というのが実情のようだ。

そこで、現在発売中のダイヤモンド・ザイ9月号では、特集「確定拠出年金 ザイ読者12人の損益セキララ白書」で、積極的に確定拠出年金を活用している読者のポートフォリオや運用方針を紹介! 確定拠出年金はなぜ始めたほうがいいのか、という基本のポイントもまとめているので、これから確定拠出年金を始めたい人、運用をきちんと考えてみたい人にもぴったりだ。

今回は特集内から、確定拠出年金の基本的なルール解説と、読者2人の活用術を抜粋して紹介する。

確定拠出年金には「節税効果」など3つのメリットがある!
職業に関係なく始められるので、注目してみよう

 年金や退職金の制度として、「確定拠出年金」を導入する企業が年々増加している。また、2017年1月から「個人型の確定拠出年金(iDeCo)」が拡大され、企業型の確定拠出年金がない会社員のほか、専業主婦や公務員も利用できるようになった。

確定拠出年金で老後に備える!

 企業型の確定拠出年金は、会社が月々の掛け金を拠出し、従業員が自分で投資先を選んで運用。これに対し個人型の確定拠出年金は、自分で掛け金を出して運用する。

 最大のメリットは、企業型も個人型も掛け金全額が税金の控除対象となること。ただし、企業型に関しては、拠出金を運用せずに「給料で受け取る」という選択をすると、非課税メリットがなくなって税金や社会保険が引かれることになるので要注意だ。

 もう一つのメリットは、運用でどんなに儲けが出てもすべて非課税になること。普通の証券口座で投資を行なった場合、利益には20%の税金がかかるが、確定拠出年金では税金がかからない。老後資産の積み立てを目的とした制度なので、基本的に60歳までは引き出せないが、その間は何度でも売買できる点はNISAと比べると大きなメリットだ。

掛け金の上限は人によって違うので、自分の上限を知ろう!
運用方針は「自分がどれだけリスクを取れるか」で決める

 確定拠出年金は、月々の掛け金を積み立てる形で資産を形成していく。掛け金は、企業型の場合、前述したように会社が拠出する額を積み立てる(会社によって水準は違う)。

 また、会社が「マッチング制度」を導入している場合は、会社が拠出する額と同額まで自分でも拠出でき、その分も税金が控除される。

 一方で、個人型の掛け金は属性によって上限が決まっている。

 積み立てできる商品は、企業型だと会社によって異なり、個人型だと確定拠出年金用の口座を開いた金融機関によって異なる。とはいえ、基本的には定期預金や保険といった元本確保型の商品か、リスク商品(国内外の株や債券などに投資する投資信託)の中から選ぶ。

 確定拠出年金は、将来の支給額が勝手に減らされることがなくなる反面、どのように運用するかで老後の受け取り額に大きく差が出ることになる。

 運用利回りが低い元本確保型の金融商品でも、積み立てるだけで節税メリットが得られるのは、たしかに大きな利点だ。しかし、多少のリスクを取って投資信託を月1万円ずつ積み立て、仮に年率3%で運用することができれば、定期預金のみで運用した場合と比べると、資金はグンと大きく増える。

 もし、30歳の人が、60歳までの30年にわたって確定拠出年金に加入し、平均で年3%の運用をしたとしよう。その場合、資金は複利で増えていくので、元本は360万円だが、30年後までに積み立てられる資金は約580万円となる。

 一方、都銀の確定拠出年金専用定期預金の金利は、2017年8月時点で年0.01%程度なので、30年積み立てても元本から5000円ほどしか増えない。年3%で運用する場合と比較すると、220万円ほども差が出るのだ。

(※関連記事はこちら!)
「個人型確定拠出年金(iDeCo)」を活用すれば、多くの人が運用利回り15~30%の“天才投資家”に!「iDeCo」のお得な仕組みと節税メリットを解説!

株式型の投資信託で積極的に運用している読者の
運用に対するポリシーやポートフォリオを紹介!

 ここからは、ザイ読者の確定拠出年金の活用術を紹介していく。運用方針は「とにかくリターンを追求したい」という人から、「ある程度の安定感が大事」と考える人まで多種多様だろう。

 ダイヤモンド・ザイ9月号では、12人の読者の運用方針やポートフォリオを紹介している。今回は、その中から「イケイケ運用派」の2人(File01尾川さん・File04山下さん)をピックアップする。

【File01 尾川悠太さん(仮名・東京都・43歳)】

 まずは、企業型の確定拠出年金に2004年5月から加入しており、毎月2万3000円を投資信託で積み立てて、約445万円(元本は約243万円)の資産を築いている尾川さんに話を聞いた。

 「2004年の開始当初の月額掛け金は約6000円でしたが、拠出割合の上限引き上げや給与水準に応じて今は約2万3000円。仮に運用成績が悪くても節税効果が大きいので、日本株型の『フィデリティ・日本成長株・ファンド』100%で開始しました」(尾川さん)

 その後、2008年のリーマン・ショック時には評価損益が40%ほどマイナスになったというが、尾川さんは気にせずに継続したという。

 「その後、円高が進んだので、『今後はいずれ円安に反転するのでは』と考え、2009年7月に外国株型も組み入れ、日本株型50%、外国株型50%に変更。2011年2月からは外国株型の割合を70%に増加しています。日本株は為替リスクがないから、アクティブ型の『フィデリティ・日本成長株・ファンド』で運用リスクを取っていますが、外国株は為替リスクがあるので、運用リスクは取らずにインデックス型の『三菱UFJ外国株式インデックス』を積み立てています。インフレをヘッジできるのは株式なのかなと思い、利回りの低い債券への投資は考えていません」(尾川さん)

 なお、損益のチェックは、半年に1回郵送される取引状況と、年度末の家計の棚卸しのときだけだという。それほど大きな手間をかけることなく、運用で大いに成功しているのだ。

【File04 山下恭司さん(東京都・47歳)】

 続いては、個人型の確定拠出年金に加入している山下さん。野村證券に確定拠出年金の口座を開設し、毎月2万3000円拠出している。2年前に始めたばかりで掛け金の総額はまだ49万円だが、評価損益は約7万円のプラスだという。

 「確定拠出年金は、2年前に制度の有利さに気付いて慌てて口座を開設。当時、信託報酬が最も安い外国株型の投資信託を扱っていたのと、60歳まで引き出せないので破綻する確率が低そうな野村證券を選びました」(山下さん)

 確定拠出年金だけでなく、不動産も含めた資産全体のバランスを見て資産を配分しているのが山下さんの特徴。

 「外貨と円の割合が半々になるように、確定拠出年金とNISA口座では外国株型の積み立て、ひふみ投信や鎌倉投信の直販投信では、日本株型の積み立てをしています。確定拠出年金は運用期間が長いため、日本株より長期の成長が期待できる外国株のほうが有利と考えた結果です。確定拠出年金は自動で積み立ててくれるので、下がったときにたくさん買えるのはうれしいこと。60歳までほったらかしで積み立てるつもりです」

(※関連記事はこちら!)
⇒iDeCoに入るべき人、入らないほうがいい人は?積極的にiDeCoを利用すると得をする3つのタイプと、iDeCoに入らないほうがいい4つのケースを紹介!

【2017年10月13日時点】
【iDeCoおすすめ証券会社&銀行 比較】
別途、国民年金基金連合会へ支払う加入時手数料2777円国民年金基金連合会と信託銀行へ支払う手数料合計167円(毎月)がかかる。受取時は給付手数料432円(1回毎)を信託銀行に支払う。還付時には国民年金基金連合会と信託銀行への還付時手数料として合計1461円(1回毎)がかかる。 下記の金額はすべて税込の金額。
◆SBI証券⇒iDeCo(個人型401kプラン)詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 63本
【おすすめポイント】投資信託のラインナップが最多!  口座管理料が誰でも無料!
投資信託のラインナップが63本と豊富さでは群を抜き、低コストの商品もしっかり取り揃えている。2017年5月19日からは、口座管理料が誰でも0円で魅力的に。さらに、加入時・移換時手数料も無料で手数料の観点からも最もお得な金融機関だ。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・三菱UFJ国内債券インデックスファンド(信託報酬:0.13%)
・日興DCインデックスバランス[株式20](信託報酬:0.18%)
【関連記事】
◆【SBI証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料と加入時手数料が誰でもいつでも無料! 投資信託のラインナップが他社より圧倒的に豊富!
◆「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ! 口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが 充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!
◆iDeCoで人気の投資信託ランキング(2017年8月版)SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表!
iDeCo申込み(個人型401kプラン)SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 27本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 信託報酬の低い投信をラインナップ!
口座管理料が残高を問わず、誰でも0円でお得になった(2017年5月18日から開始)!投資信託も信託報酬の低いインデックス型が揃っている。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・たわらノーロード国内債券(信託報酬:0.16%)
・三井住友・DC日本株式インデックスファンドS(信託報酬:0.2%)
【関連記事】
◆【楽天証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料が誰でもずっと無料でお得! 運用コストをおさえた投資信託を多数ラインナップ
◆「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ! 口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが 充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!
iDeCo・楽天証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 21本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料!業界初(iDeCo)の運用商品を9本用意
口座管理料が誰でもずっと「無料」。投資初心者にも選びやすい、信託報酬(運用コスト)をおさえたインデックス型の投資信託、パフォーマンスが比較的優位なアクティブ・ファンドを合計21本用意。業界(iDeCo)で初めて取り扱う運用商品を9本も揃える。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)(信託報酬:0.1296%)
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.1674%)
【関連記事】
◆【マネックス証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得! 投資初心者にも選びやすい運用商品21本を厳選!
iDeCo申込み マネックス証券の公式サイトはこちら
◆大和証券⇒iDeCo(ダイワ年金クラブ)詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 15本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料に!
2017年9月11日から、毎月の口座管理料が誰でも無料に。さらに、加入・移換時、他の金融機関から大和証券へ運営機関を変更するときの手数料も無料になった。投資信託のラインナップは最小限にしぼりこまれている。インデックス型投資信託のコスト水準は十分低い。新興国株式の投資信託がBRICs4ヵ国個別なのが特徴的。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・DCダイワ日本株式インデックス(信託報酬:0.27%)
・DCダイワ日本債券インデックス(信託報酬:0.27%)
【関連記事】
◆【大和証券のiDeCo、手数料・メリットは?】残高50万円以上なら口座管理料が無料に!投資初心者も選びやすい、厳選された投資信託が魅力
大和証券のiDeCo公式サイトはこちら
◆イオン銀行⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 16本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 投資初心者でも選びやすい投資信託16本を厳選
口座管理料が誰でも0円加入時・移換時の手数料も無料で、手数料の観点からも最もお得な金融機関の1つ。投資信託のラインナップは16本と少ないが、信託報酬の低い商品が揃っており、投資初心者にも選びやすい。イオン銀行は受付金融機関、みずほ銀行が運営管理機関となるが、みずほ銀行の口座管理料は月額293円、さらにiDeCoで信託報酬の安いバランス型投資信託を用意していないので、みずほ銀行よりイオン銀行のiDeCoのほうがお得に運用できる。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・たわらノーロード国内債券(信託報酬:0.1620%)
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.1674%)
【関連記事】
◆【イオン銀行のiDeCo、手数料・メリットは?】口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得!ひふみ年金など、人気の投資信託16本で運用可能
iDeCo申込みイオン銀行の公式サイトはこちら
◆野村証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
残高100万円未満 残高100万円以上 残高200万円以上 加入時 移換時
283円 248円 203円 0円 0円 18本
【おすすめポイント】信託報酬の低い投資信託が揃い、掛金額が多い人には有利!
口座管理料は残高に応じて3段階。安くなるのは残高100万円からとハードルが高いが、2018年3月まで口座管理料が残高に限らず0円になるキャンペーンを実施中。投資信託は、日本のリート型を除き、低コストのインデックス型が一通り揃っている。残高200万円以上なら口座管理料は低くなるので、掛金額の多い人なら選択肢に。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・野村DC国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総合(信託報酬:0.17%)
iDeCo・野村証券の公式サイトはこちら
◆スルガ銀行⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
残高10万円未満 残高10万円以上 加入時 移換時
270円 0円 0円 4320円 30本
【おすすめポイント】口座手数料が残高50万円以上なら無料!定期預金だけの人におすすめ!
口座管理料が残高50万円以上なら無料。一方で投資信託の信託報酬は高め定期預金など元本確保型で運用したいにとっては口座管理料の安さが重要なので、そういう人にはおすすめ
iDeCo・スルガ銀行の公式サイトはこちら
◆りそな銀行⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入時 移換時
316円 0円 0円 31本
【おすすめポイント】2018年12月28日までの加入者は2年間口座管理料が無料!
口座管理料は通常316円ではあるものの、りそなグループからの引き落としなどの割引を使えば54円割引の262円になる。信託報酬の低さをアピールしており、実際にバランス型を含めて他社と比較しても有利な投資信託をラインアップしている。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・りそなDC信託のチカラ 日本の債券インデックスファンド(信託報酬:0.16%)
・りそなDC信託のチカラ 日本の株式インデックス談度(信託報酬:0.19%)
りそな銀行のiDeCo公式サイトはこちら
注目の iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較一覧はこちら!

【楽天銀行のiDeCo】
誰でも無条件で口座管理料や各種手数料が無料!
無料セミナーで初心者も安心⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株で1億円を目指す銘柄!今買う10倍株】
今後1年の日経平均の高値&安値を大予測
株で1億円を目指す10倍株ベスト67
・買い&売りをズバリ!人気株500診断
別冊付録!上場全銘柄の理論株価
・10年先を見通す10倍株
つみたてNISAのオトクな使い方

・買いの高配当株&優待株ベスト14
3万円以下で買える株ベスト9
・成長余力が大きい
有望IPO株
長期で値上がりを狙う厳選投資信託18本

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング