iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]
2018年2月6日公開(2018年2月16日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
山崎 俊輔

iDeCoの掛金を「確定申告」「年末調整」で取り戻す
方法を解説!自営業者は確定申告が必須、給料から
天引きされない会社員は年末調整か確定申告しよう!

iDeCoのおすすめ金融機関

 「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」は、老後の資産形成を目的とした、節税メリットの大きいお得な制度です。「iDeCo」を活用するだけで、掛金の全額が所得控除の対象になるなどの税制優遇が受けられることは、この連載で何度も紹介してきました。

 「iDeCo」を活用する方の年収や扶養の有無にもよりますが、掛金が所得控除の対象になることで節税できる金額は「掛金×20%(所得税+住民税の税率)」を超えることが多いと思います。年収が高い人になると、所得税と住民税を合わせた税率が30%超になるため、節税金額はさらに大きくなります。

 しかし、「iDeCo」の掛金は自分で手続きをしなければ所得控除されない場合もあります。もし、「手続きの不備」でこの税金を取り戻し損ねたとしたら、それはとてももったいないことです。「iDeCo」の年間の掛金の上限である27万6000円を拠出し、その20%にあたる5万5200円が戻ってくるかと思いきや、取りこぼしていたとしたら……! 5万5200円と言えば、任天堂の「Nintendo Switch」を子どもに買ってあげても、2万円以上が残るような大きな金額です。

 2018年は2月16日~3月15日が確定申告のシーズンにあたりますが、実はこの「確定申告」は「iDeCo」に関する税金を取り戻すチャンスです。そこで今回は、「会社員と公務員」「自営業者」といった働き方別に、税金を取り戻すために必要な「iDeCo」の確定申告や年末調整の方法を確認します。

会社員や公務員の場合、
「年末調整」か「確定申告」で税金を取り戻す!

 まず、会社員や公務員の場合です。会社員や公務員では、「iDeCo」の掛金を納める手段として「給与から天引き(会社が納付)」「自分の銀行口座から引き落とし(自分で納付)」の2種類があり、振込方法によって税金の還付方法が異なります。

「給料から天引き」で掛金を納めていた場合には、原則として何もする必要がありません。毎月の掛金分はすでに所得税の計算に考慮されており、毎月の給料に税金が還付されているような状態になっているからです。端数の誤差が出る分については年末調整でこれまた自動的に計算されるので、自ら手続きをする必要はほとんどありません。

 「えっ、年末にドカンと税金が還付されるんじゃないの」と思った人は残念かもしれませんが、実はもう毎月還付されている(すでに税金が軽減されている)と思って安心してください。翌年の住民税の計算にも自動的に反映されます。

 今度は、「自分の銀行口座から掛金を引き落して納付」していた場合です。このときは、「年末調整」「確定申告」で税金を取り戻すことができます。

 まず、「年末調整」で税金を取り戻すケースを考えます。毎年10~11月頃になると、国民年金基金連合会から「小規模企業共済等振込証明書」という書類が郵送されてくるので、保管しておきます。

 次に年末調整を行うにあたって、会社に「給与所得者の保険料控除申告書」(あるいは「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」)を提出しますが、この書類の「小規模企業共済等掛金控除」の欄に「iDeCo」の掛金相当額を記入しましょう。

 そして、国民年金基金連合会から郵送されてきた「小規模企業共済等振込証明書」を用意し、上記の書類と一緒に会社に提出すれば、12月の年末調整で還付金がもらえて手続きは完了です。

 もし、年末調整のタイミングでこれらの書類を提出し忘れてしまった場合も大丈夫です。そのときは「確定申告」を自ら行うことで、還付金を受け取ることができます。確定申告の方法については、次の自営業者のところで詳しく説明していきます。

自営業者は「確定申告」で取り戻す!
手続きは国税庁の「作成フォーム」を使えばとても簡単!

 今度は、自営業者です。自営業者の場合、事業収入や経費を1年分記帳し、確定申告で税金の金額を確定しているかと思います。確定申告書類を自分で作ると、課税所得をいかに減らせるかに苦心することになりますが、「iDeCo」のように簡単に課税所得を減額できる節税方法はなかなかありません。

 「iDeCo」の掛金は全額が所得控除の対象となり、課税所得をそのまま減らしてくれます。国民年金の保険料を納付する第1号被保険者は「iDeCo」に年間81万6000円まで拠出できますが、課税所得をこれだけ減らせればとても大きい節税効果です。仮に税率が20%の人の場合、年間の上限金額81万6000円×20%=16万3200円が還付されることになります。

 しかも、「iDeCo」の掛金は全額が信託銀行に保全されており、必ず将来自分のものとして受け取れます(毎月の掛金から運営管理手数料が徴収され、また投資信託を購入している場合は運用成績によって掛金が増減する可能性がある点に注意)。つまり「iDeCo」は、節税ができる上で蓄財もできる、老後のための最強のツールとなるわけです。

 さて、それでは「確定申告」で還付金を取り戻す方法について説明していきましょう。

 確定申告書類の「確定申告書B・第一表」の左下にある「小規模企業共済等掛金控除」の欄に、「iDeCo」によって年間で拠出した掛金の合計金額を記載します。

 さらに、「確定申告書B・第二表」の右上にある「小規模企業共済等掛金控除」の欄の「掛金の種類」に「個人型確定拠出年金」と記入し、「支払掛金」の欄にも年間の掛金の合計金額を記入します。

 もし小規模企業共済にも加入していれば、その金額も記載します(会社員や公務員の場合は、「確定申告書A」を利用します)。

 国税庁のホームページには確定申告書を作成するフォームが用意されており、各項目に金額を順次記入していくだけで自動計算され、還付金額もはじき出されます。計算間違いがないので、国税庁の「確定申告書」作成フォームを活用すれば安心です。

 できあがった確定申告書類は印刷後、税務署に持参するか郵送します。税務署で申告する人たちの行列に並びたくない場合は、郵送してしまうといいでしょう。書類の不備があれば確認の電話がかかってきますので、連絡先の電話番号は必ず記載しておきましょう。

 スムーズにいけば1ヵ月、遅くとも2ヵ月かからずに還付金が振り込まれます。振込日が決まると、ハガキで金額の決定の通知書が届きますので確認してください。

「iDeCo」のメリットに気がついたなら、今からでも加入を!

 さて、今回は「昨年以前から『iDeCo』に加入している場合に、還付金を取り戻す方法」を紹介しました。今からでも「iDeCo」に加入すれば、あなたも来年(あるいは今年の年末)、「iDeCo」の還付金を受け取れるようになります。

 繰り返しますが、「iDeCo」では掛金の全額が信託銀行に預けられていて、将来、あなたが全額を受け取ることができます(毎月の掛金から運営管理手数料が徴収されており、投資信託の運用成績次第で増減する可能性もあります)。あなたに「もしも」のことがあった場合も、掛金の全額を遺族が受け取れます。国の年金制度といっても、個人の資産形成制度であり、「払い損」や「掛け捨て」の心配もありません

 それに加えて所得税や住民税が軽くなるという節税メリットもあるのですから、これを使わない手はありません。注意点は「60歳まで受け取れないこと」だけ、です。老後の資産形成を真剣に考えている人は、今からでも「iDeCo」加入を検討してみてください。

【※関連記事はこちら!】
iDeCoに入るべき人、入らないほうがいい人は? 積極的にiDeCoを利用すると得をする3つのタイプと、iDeCoに入らないほうがいい4つのケースを紹介!
「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ!口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!

山崎俊輔(やまさき・しゅんすけ)[ファイナンシャルプランナー]
1995年株式会社企業年金研究所入社後、FP総研を経て独立。ファイナンシャル・プランナー(2級FP技能士、AFP)、1級DCプランナー(企業年金総合プランナー)、消費生活アドバイザー。若いうちから老後に備える重要性を訴え、投資教育、金銭教育、企業年金知識、公的年金知識の啓発について執筆・講演を中心に活動を行っている。
「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ!ザイ・オンライン編集部おすすめの証券会社はこちら!
「iDeCo」のお得な仕組みと節税メリットを解説!「個人型確定拠出年金(iDeCo)」を活用すれば、多くの人が運用利回り15~30%の“天才投資家”に!詳しくはコチラ!
【iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較】「手数料(口座管理料)の安さ」で選ぶ!iDeCoの各種手数料が無料のおすすめ金融機関はこちら!
iDeCo(個人型確定拠出年金)4つのデメリットとは?
はじめる前に必ずチェックしないと失敗する、口座開設や運用商品、解約に関する注意点を解説!詳しくはこちら!
【iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較】「運用商品の本数」を比較して選ぶ!投資信託&元本確保型が多いおすすめiDeCo金融機関はココだ!
「iDeCo」「NISA」「つみたてNISA」の中で、最も優先すべきなのは節税メリットが高い「iDeCo」だ!60歳までに必要ない資金は必ずiDeCoで運用しよう!詳しくはこちら!
iDeCoで人気の投資信託ランキング!SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表!詳しくはこちら!
iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説こちら!
【2018年5月8日時点】
【iDeCoおすすめ証券会社&銀行 比較】
別途、国民年金基金連合会へ支払う加入時手数料2777円国民年金基金連合会と信託銀行へ支払う手数料合計167円(毎月)がかかる。受取時は給付手数料432円(1回毎)を信託銀行に支払う。還付時には国民年金基金連合会と信託銀行への還付時手数料として合計1461円(1回毎)がかかる。 下記の金額はすべて税込の金額。
◆楽天証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 30本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 信託報酬の低い投信をラインナップ!
口座管理料は残高を問わず誰でも0円、さらに加入時・移換時手数料も無料で、コスト面から最もお得な金融機関の1つ。投資信託は信託報酬の低いインデックス型が揃い、特に海外株型が充実。超低コストで全世界や米国に投資できる「楽天・全世界株インデックス・ファンド」「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は注目だ。「MHAM日本成長株ファンド」など好成績のアクティブ型があるのも魅力。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド(信託報酬:0.1728%)
・楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))(信託報酬:0.2396%)
【関連記事】
◆【楽天証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料が誰でもずっと無料でお得! 運用コストをおさえた投資信託を多数ラインナップ
◆「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ! 口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが 充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!
iDeCo・楽天証券の公式サイトはこちら
楽天証券のiDeCoなら、口座管理料(運営管理手数料)が条件なしで誰でも無料!
楽天証券のiDeCo
◆SBI証券⇒iDeCo(個人型401kプラン)詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 63本
【おすすめポイント】投資信託のラインナップが最多!  口座管理料が誰でも無料!
投資信託のラインナップが63本群を抜き、バリエーションが非常に豊富。低コストのインデックス投信もしっかり取り揃えているうえに、「jrevive」「ひふみ年金」など好成績で人気のアクティブ投信があるのも魅力。口座管理料は誰でも0円、加入時・移換時手数料も無料でコストの観点からも最もお得な金融機関だ。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド(信託報酬:0.1728%)
・DCインデックスバランス(株式80)(信託報酬:0.216%)
【関連記事】
◆【SBI証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料と加入時手数料が誰でもいつでも無料! 投資信託のラインナップが他社より圧倒的に豊富!
◆「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ! 口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが 充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!
◆SBI証券のiDeCo口座で買うべき投信19本を大公開!"手数料が0円"のSBI証券iDeCo個人型年金プランから信託報酬が低い&好成績のおすすめ投資信託を紹介!
iDeCo申込み(個人型401kプラン)SBI証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 21本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! インデックス型投信の信託報酬は最低水準!
口座管理料が誰でもずっと「無料」。投信信託は計21本と投資初心者にも選びやすい数に絞り込まれており、超低コストの「eMAXIS Slim」シリーズを中心に信託報酬を抑えたインデックス型の投資信託を揃えている。加えて「jrevive」など好成績の人気アクティブ投信も用意。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.1674%)
・eMAXIS Slim先進国株式インデックス(信託報酬:0.11826%)
【関連記事】
◆【マネックス証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得! 投資初心者にも選びやすい運用商品21本を厳選!
マネックス証券のiDeCoは、口座管理料が無料!  低コスト投信21本をラインアップ!
マネックス証券のiDeCo
◆イオン銀行⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 23本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 銀行の中では最も条件がいい!
口座管理料が誰でも0円で、手数料の観点からも最もお得な金融機関の1つ。信託報酬の低い商品が揃っており、投資初心者にも選びやすい。イオン銀行は受付金融機関で、みずほ銀行が運営管理機関となるが、みずほ銀行の口座管理料が0円となるのは条件付きなのに対し、無条件で0円とより有利。さらに信託報酬の安いバランス型投資信託があるのも魅力
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.1674%)
・マイバランス70(確定拠出年金向け)(信託報酬:0.2592%)
【関連記事】
◆【イオン銀行のiDeCo、手数料・メリットは?】口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得!ひふみ年金など、人気の投資信託16本で運用可能
iDeCo申込みイオン銀行の公式サイトはこちら
◆大和証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 15本
【おすすめポイント】大手対面型証券会社の中で唯一、口座管理料が誰でも無料!
大手の対面型証券会社の中で唯一、口座管理料が誰でもずっと無料で、ネット専業証券以外では最も条件がいい。投資信託のラインナップは15本に絞り込まれている。自社グループの商品が中心だが、インデックス型投信の信託報酬は十分低いといえる水準だ。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・DCダイワ日本株式インデックス(信託報酬:0.27%)
・DCダイワ外国株式インデックス(信託報酬:0.27%)
【関連記事】
◆【大和証券のiDeCo、手数料・メリットは?】口座管理料が誰でも無料! 加入時の手数料も0円に! 投資初心者も選びやすい、厳選された投資信託が魅力
大和証券のiDeCo公式サイトはこちら
◆松井証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 11本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 投資信託は11本に厳選!
18年3月末からiDeCoの受付を開始。口座管理料は残高を問わず誰でもずっと無料投資信託は厳選された11本を用意している。信託報酬が低いインデックス型に絞り込んでおり、アクティブ型は人気の高い「ひふみ年金」のみという思い切ったラインナップで、投資初心者にも選びやすい
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.1674%)
・eMAXIS Slim先進国株式インデックス(信託報酬:0.11826%)
【関連記事】
◆【松井証券のiDeCo、手数料・メリットは?】口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得! 信託報酬が最安クラスの投資信託を11本ラインアップ
大和証券のiDeCo公式サイトはこちら
松井証券のiDeCoは、口座管理料が無料! 低コスト投信11本をラインアップ!
松井証券のiDeCo
◆野村證券
口座管理料(月額)※2018年4月~ 手数料 投資信託
掛金1万円以上or
残高100万円以上
掛金1万円未満で
残高100万円未満
加入時 移換時
0円 283円 0円 0円 20本
【おすすめポイント】2018年4月から掛金が月1万円以上or残高100万円以上なら、口座管理料0円に!
2018年4月から口座管理料が改定され、掛金が月1万円以上もしくは残高100万以上なら、口座管理料が0円に。“掛金が月1万円以上”という条件は、多くの人が当てはまるはずだ。投資信託は、日本リート型を除き、低コストのインデックス型が一通り揃っている
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIX(信託報酬:0.2052%)
・マイバランスDC70(信託報酬:0.2592%)
iDeCo・野村證券の公式サイトはこちら
注目の iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較一覧はこちら!

【楽天証券のiDeCo】
誰でも無条件で口座管理料や各種手数料が無料!
無料セミナーで初心者も安心⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのideco!楽天証券の公式サイトはこちら
SBI証券は投資信託が充実! マネックスは運営管理手数料0円 大和証券は投信15本を厳選!
iDeCo申込み(個人型401kプラン)SBI証券の公式サイトはこちら
iDeCo申込み マネックス証券の公式サイトはこちら
iDeCo申込み(個人型401kプラン)大和証券の公式サイトはこちら
運営管理手数料が無料、投資信託は63本も!関連記事はコチラ! 加入時手数料、運営管理手数料誰でも無料関連記事はコチラ! ダイワ年金クラブは口座管理料誰でも無料関連記事はコチラ!
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説! 楽天カードはクレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの楽天Edyの3つの機能を1枚に集約した三位一体型カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

10倍株厳選40!
株主総会ガイ ド
最新決算速報

7月号5月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

 

写真も満載!株主総会ガイド2018年6月版付き

10倍株の儲け方【1】
・今まさに伸び盛り! 若手急成長株
HEROZはまだ買いか売りか! ?
・直近2年のIPO株総チェック!

10倍株の儲け方【2】
身近にあるのに不人気優良成長株
脚光を浴びる直前! 潜伏優良株
株価が上下する理由っていったい何?
・ファンドマネジャーの「10倍株の見つけ方

速報! 最新決算でわかった本命株
・控えめな今期予想は上方修正必至! 
最強の最高益株上方修正が狙える株
・12月期の好発進株4期以上の連続増配

Facebookショック後米国5大IT株 
・オススメ米国株6+人気株15の売買診断も! 

ひふみ さわかみ 鎌倉など
カリスマ的人気を誇る独立系投信10社をズバ斬り! 

<別冊付録>株主総会ガイド2018年6月版
・全239社の総会みやげリスト付き
・マニア5人が語る!総会見どころ聞きどころ! 
・総会ではココをツッコめ!注目9社への質問状
 

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング
ZAiオンラインPickUP