節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術
【第45回】 2018年2月26日公開(2018年3月1日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
風呂内亜矢

ビットコインなどの仮想通貨を取引して、確定申告が
必要なケースとは? 利益は「雑所得」として計上する
など、仮想通貨の確定申告のポイントを詳しく解説!

ビットコインなど「仮想通貨」の取引をしている人で、
2017年に利益確定していたら確定申告が必要な場合が多い!

 今年も2017年(平成29年)分の「確定申告」の受付が始まっています。追加の納付や還付の請求があって確定申告が必要な人は、2018年3月15日(木)までに忘れずに手続きをしましょう。

 ところで、2017年分の確定申告で特に注目されているのは、ビットコインなどの「仮想通貨」による取引で生じた利益の申告についてです。

 ご存じのとおり、2017年はビットコインやイーサリアム、リップルなど仮想通貨を取引する人が増え、ニュースでも連日のように取り上げられて、「仮想通貨元年」と呼ばれるほどの盛り上がりを見せました。自分自身が仮想通貨で利益を出した方、あるいは身の回りの人から儲けた話を聞いたことがある、という方も多いのではないでしょうか。

 ただ、利益が出れば、税金を課せられるのが世の常です。例外として、宝くじの当選金のように税金がかからないものもありますが、仮想通貨で得た利益については課税の対象となります。

 しかし、そのことをよく知らないまま、仮想通貨を取引している人もたくさんいるはずです。そこで、今回はビットコインなどの仮想通貨の税金のかかり方、確定申告をする際の注意点などを解説していきます。

ビットコインなどの仮想通貨の利益は、税制上は
「雑所得」に区分され、総合課税で納税額金が決まる

 仮想通貨は最近になって、急速に幅広く取引されるようになったため、これまで税制が固まっていませんでした。ようやく骨子がまとまり、明文化されたのは2017年12月のこと。本当につい最近です。それによると、仮想通貨の基本的な課税方針は、以下の2点となっています。

【仮想通貨の基本的な課税方針】
(1)仮想通貨で得た利益は、申告の区分が「雑所得」となる。
(2)仮想通貨で得た利益は、給与などほかの所得と合わせて「総合課税」が適用される。

 まず「雑所得」とは、給与所得や不動産所得、事業による所得といった、一般的な所得にはあてはまらない所得のこと。ビットコインなどの仮想通貨の取引で得た利益は、この「雑所得」に分類されます。

 それでは、株や投資信託、FX(外国為替証拠金取引)など、おなじみの金融商品の所得区分はどうなっているのでしょうか。まず、株・投資信託の売買益は「譲渡所得」です。FXは仮想通貨と同じ「雑所得」ですが、「申告分離課税」という計算方法が利用できる点が大きく違います。

 申告分離課税では、給与などのその他の所得とは別枠で税金が計算されます。税率は、金融商品の利益に対し、一律20%超(所得税+住民税+復興税)です。

 しかし、仮想通貨は申告分離課税ではなく、給与所得などのその他の所得と合算される総合課税で税金を計算します。この場合、税率は一律ではなく、合計の所得が増えるごとに税率もアップする累進課税方式が適用されます。

 以上を総合すると、株などではいくら利益を上げても税率は一律20%超。これに対し、仮想通貨は給与などと合算で累進課税により税率が決まるため、儲ければ儲けるほど所得の税率がアップします(※所得税の税率は課税所得が4000万円以上になると45%に達する。住民税と合算すると税率は55%に)。

 つまり、2017年に仮想通貨で多額の利益を得てしまったら、所得税率が跳ね上がることになります。もし、これまで課税金額が300万円だった人が、仮想通貨で1000万円儲けたとすると、所得税の税率は従来の10%から、いきなり33%まで引きあがります(住民税と合算すると43%!)。同時に控除額もアップしますが、それにしても税金は大幅アップです。

ビットコインなど仮想通貨の取引における
「利益確定」の定義とは?

 しかし、仮想通貨の取引をしているからといって、すべての人が確定申告をしなければならないわけではありません。

 確定申告が必要なのは、基本的には2017年に仮想通貨で「利益確定」をした人です。この場合の利益確定とは、以下の3つを指しています。

●保有する仮想通貨を売り、円に戻した場合
●購入した仮想通貨を、また別の仮想通貨を買う資金にあてた場合
●仮想通貨を使って買い物した場合

 ビットコインなどの仮想通貨を「円」に戻した場合だけが、利益確定のように思われがちですが、ビットコインなどの仮想通貨を使って買い物をしたときも利益確定と見なされます。最近はビックカメラなど、町中でもビットコインが使えるところがあるので、使った経験がある人は要注意です。

 ただし、給与所得者の場合、利益確定の金額が年間を通じて20万円以下であれば、そもそも確定申告は不要です(※仮想通貨の取引で得た利益以外に何らかの雑所得があり、それと合算して20万円を超える場合は確定申告が必要)。

 また、世帯主の扶養に入っている専業主婦(主夫)の方や子どもが仮想通貨で利益を出した場合、雑所得が38万円以下であれば確定申告は不要です。ただし、38万円を超えると確定申告が必要な上に、扶養から外れて各種控除が受けられなくなります。

ビットコインなどの仮想通貨で
どれだけ利益を得たのか、自分で明細を作る

 さて、2017年にビットコインなどの仮想通貨の取引で仮想通貨取引で年間20万円(あるいは38万円)を超える利益確定をしたとしましょう。この場合、確定申告が必須です。

 株や投資信託は「特定口座(源泉徴収あり)」(金融機関が税金を源泉徴収確定申告して代理で納税してくれる口座)で取引する場合が多いので、個人で確定申告せずに済みます。しかし、仮想通貨にはそういった代理納税のシステムがないので、個人で確定申告をしなければならないのです。

 仮想通貨の確定申告をするにあたり、必要となるのは「実際に仮想通貨でどれだけ収入があったか」を算出することです。

 取引回数が少なければ簡単に算出できますが、頻繁に取引をしている場合は、仮想通貨の売買をした取引所や販売所で過去の履歴をあたり、明細を作って計算することになります。

 なお、仮想通貨の取引で得た利益収入からは、取引手数料や仮想通貨の勉強のためのセミナー費用、書籍費用、取引のために購入したパソコンの費用などを、「必要経費」として差し引くことができます。もしこうした費用を支払っていた場合は、少しでも税金の負担を減らすために、確定申告の前に調べてまとめておくことをおすすめします。

利益が出ているのに確定申告を怠ると罰則もある!

 ここまでビットコインなどの仮想通貨の取引で利益が出たケースについて説明してきました。逆に損失を出した場合に関しては、同一年間で損益通算も可能です。

 たとえば、2017年9月にビットコインで10万円の利益を確定し、12月にリップルで5万円の損失を確定した場合、利益と損失を相殺して差し引き5万円の利益となります。この損益通算はあくまで同じ雑所得(他の仮想通貨取引を含む)同士でのみ行えるもので、給与所得や事業所得のような他の所得と通算することはできない点に注意が必要です。

 「手続きも面倒だし、税金をたくさん払うのもツライ」と誰もが思われるでしょうが、くれぐれも確定申告を先延ばしにしないようにしましょう。期限内(2017年分は2018年3月15日まで)に正当な理由もなく確定申告をしないでいると、「無申告加算税」という罰金を課せられる場合があります。また、期限内に確定申告をしたとしても、申告後に納税を遅らせると「延滞税」も課せられます。

 最初に触れたように、ビットコインなどの仮想通貨の取引で得た利益に関する税制は2017年12月に発表されたばかりで、2018年の確定申告が初の機会となります。かつてFX(外国為替証拠金取引)がそうであったように、仮想通貨の税制も今後変更される可能性はあるものの、どんな方向へ進むのかはまだまだ見通しのつかない状況です。ビットコインなどの仮想通貨を取引される方は、今後も税制の行方に注視しておきたいですね。

(取材/麻宮しま)

▼節約の第一歩はATM&振込手数料が無料のネット銀行選びから!▼
ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 住宅ローンおすすめ比較 コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!  カードローンおすすめ比較
 【2018年9月18日時点】
 ■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
 ◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
(「イオン銀行Myステージ」の
「シルバーステージ」の場合)
0.02% 0.02% 0.02%
【イオン銀行おすすめポイント】
2018年4月に始まった「イオン銀行Myステージ」で「シルバーステージ」になれば、普通預金金利が定期預金並みの0.10%に! しかも、「シルバーステージ」になるには、年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」を保有、「イオン銀行」のインターネットバンキングに登録、「イオンカードセレクト」のクレジット機能またはWAON機能で月に1回以上決済といった、簡単かつノーリスクな条件をクリアするだけ。「シルバーステージ」になれば、イオン銀行ATMの手数料は24時間いつでも何回でも無料なのはもちろん、他行ATMの入出金手数料は月2回まで、他行あて振込手数料も月1回まで無料になる!
【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須 簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.1%にアップ!
イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.1%になるお得な特典を活用しよう!
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクの100倍以上で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
イオン銀行の口座開設はこちら!
 ◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.05% 0.02% 0.02%
【ソニー銀行おすすめポイント】
全国約9万台のATMが利用可能! 中でも、セブン-イレブン、ミニストップ(イオン銀行)のATMなら、24時間いつでも何回でも手数料無料で出金可能。毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利・手数料・メリットは?】約9万台の提携ATMや「おまかせ入金サービス」など利便性を重視して、各種顧客満足度調査で上位に!
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!? 
ソニー銀行の口座開設はこちら!
 ◆住信SBIネット銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.01%
(SBI証券口座保有者の
「ハイブリッド預金」適用時)
0.02% 0.02% 0.02%
【住信SBIネット銀行おすすめポイント】
「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利が大幅にアップ! ATM出金手数料と振込手数料はそれぞれ最大月15回まで無料! (「スマートプログラム」のランクによって無料回数は異なる)。
【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!
「ミライノ カード」は利用額の1%が現金還元される実質「年会費無料」のクレカ! 住信SBIネット銀行の利用者なら「ミライノ カード GOLD」がおすすめ!
住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?

住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!
住信SBIネット銀行の口座開設はこちら!
 ◆じぶん銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.15%
(「デビュー応援プログラム」
適用時)
0.03% 0.03%
【じぶん銀行おすすめポイント】
2016年11月13日から、ステージによってお得な特典を利用できる新サービス「じぶんプラス」がスタート。ステージが上がれば、ATM利用手数料の無料回数が最高で月11回まで、他行あて振込み手数料が最高で月5回までアップ!。また、新規口座開設者限定で、3カ月もの定期預金金利が0.50%に!
【関連記事】
【じぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】auと三菱UFJ銀行の共同出資でできたネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月5回まで無料に!
じぶん銀行の口座開設はこちら!
 ◆SBJ銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.02% 0.15% 0.35%
(「サンキューキャンペーン」
適用時)
0.25%
【SBJ銀行のおすすめポイント】
ほかのネット銀行と比べても、定期預金金利の高さはトップクラス! さらに、セブン-イレブンとミニストップ(イオン銀行)なら、ATM出金手数料がいつでも何回でも無料、ファミリーマート(E-net)なら、最低でも月10回まで無料でお得。他行あて振込手数料も最低で月7回まで無料なので、月に何回も振込をする人におすすめ!
【関連記事】
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!
SBJ銀行の口座開設はこちら!
 ◆新生銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.01% 0.02% 0.02%
【新生銀行のおすすめポイント】
すぐに使う予定のない資金は「2週間満期預金」でかしこく運用。ATMでの入出金や振込入金などでTポイントが貯まる「Tポイントプログラム」もお得。また、「新生ステップアッププログラム」で「新生ゴールド」以上なら、提携コンビニATMの出金手数料が、24時間365日いつでも何回でも無料!
【関連記事】
【新生銀行の金利・手数料・メリットは?】ATM入出金や振込入金などでTポイントが貯まる!新生ゴールド以上は出金手数料や振込手数料がお得に
「新生銀行」のメリットは金利と手数料だけじゃない!「Tポイントプログラム」を使えば、少ない預金でも年間1400円以上の“利息”をもらうことが可能に!
「マイナス金利」時代に有効な節約方法を伝授!優遇金利や手数料に着目したネット銀行の選び方と銀行預金の代わりに検討すべき高利回り商品を紹介!
新生銀行の口座開設はこちら!
※ 100万円を預けた場合の2018年9月18日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。
おすすめのネット銀行

「じぶん銀行」なら、1年もの定期預金金利が
0.15%と高金利! さらに、ATM出金手数料は
最大で月11回まで無料!⇒関連記事はこちら

じぶん銀行の公式サイトはこちら!
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン ソニー銀行の住宅ローン 住信SBIネット銀行の住宅ローンは全疾病保障(8疾病+病気・ケガ)を無料で付帯!  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説! 楽天カードはクレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの楽天Edyの3つの機能を1枚に集約した三位一体型カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新しい株の儲けワザ
日・米株の激辛診断
NISA駆け込みガイド

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

 

【常識にとらわれない新時代の必勝法!】

マネするだけでOKのラクワザ多数! 
新ワザで買う株68付き!新しい株の儲けワザ50
利回りで儲ける20のワザ
高配当ほど株価上昇
連続増配株急増中
隠れ優待株拾い方
値上がりで儲ける19のワザ
高ROEが儲かるウソ
半導体株こそ逆バリ
大阪株アツい
その他で儲ける11のワザ
IPO株非モテを狙え
手数料ゼロがカギ
男性下着が売れる株高

買っていい×買ってはいけない
人気の株500+Jリート14激辛診断
人気米国株100激辛診断
・NASDAQの高成長株35
・NYSEの国際優良株57
・ADRの世界の株

NISA2018年駆け込みガイド
桐谷さんの年末のNISA戦略

●「長寿投信」ベスト


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング