クレジットカード活用術
【第18回】 2014年7月16日公開(2016年11月15日更新)
バックナンバー

「クレジットカード活用術」

著者・コラム紹介

菊地祟仁 きくち・たかひと
北海道札幌市出身。98年に法政大学工学部を卒業後、日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。02年に退社後、友人と起業したシステム設計・開発・運用会社を経て、06年にポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。以後、ポイント、クレジットカード、マイレージに関する豊富な知識を生かし、テレビや雑誌等でも活躍中。

クレジットカード活用術

クレジットカード&ポイントの達人・菊地崇仁氏がビジネスパーソンの「最強クレジットカード」選びを強力にサポート! 高還元、マイル、共通ポイント、電子マネーなど、さまざまな観点から「最強のクレジットカード」の選び方と、業界再編で「戦国時代」に突入しているポイントの上手な活用術を伝授!

菊地祟仁

海外旅行保険はクレジットカードで十分か!?
あまり知られていない補償内容の仕組みや
「自動付帯」と「利用付帯」の違いを徹底解説!クレジットカードの海外旅行傷害保険を活用する方法(その1)

【海外旅行傷害保険が自動付帯+年会費無料のクレジットカードの関連記事】
⇒「クレジットカードおすすめ比較」海外旅行保険(自動付帯)で選ぶ! 年会費無料で保険充実のおすすめクレジットカード

 7月に入り、そろそろ夏休みを取る人も増えてくる季節になりました。休みを利用して海外旅行の準備をしている方も多いのではないでしょうか? 

 海外旅行に行く場合、空港などで海外旅行保険に加入する方もいると思います。たとえ、クレジットカードに旅行保険が付帯していると知っていても、クレジットカードの海外旅行傷害保険だけだとなんとなく不安という方も多いのではないでしょうか。

 しかし、上手に使えば、クレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険でも、補償内容、補償金額を充実させることが可能です。今回はクレジットカードの海外旅行傷害保険がどれほど使えるのかを、AIU等の海外旅行保険との違いを確認しながら解説していきます。

クレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険と
保険会社に保険料を支払って加入する海外旅行保険の違いとは?

 まず、クレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険とAIU等の保険会社に保険料を支払って加入する海外旅行保険の大きな違いは、「補償対象範囲と金額」と「治療費の支払い方法」です(今回はAIUの海外旅行保険を例にします)。

「補償対象範囲と金額」をよく見てみると、クレジットカードの海外旅行傷害保険では対応できないトラブルがあります。例えば、「疾病死亡」「緊急歯科治療費用」などです。

 旅行中に病気で死亡した場合は、クレジットカードの海外旅行傷害保険では補償されません。一方、AIU等の海外旅行保険の場合は、旅行中に病気で死亡した場合も補償の対象となります。

 また、治療費等の金額がクレジットカードの海外旅行傷害保険よりも高額に設定されている場合が多いのも特徴です。

「治療費の支払い方法」を比較すると、クレジットカードの海外旅行傷害保険の場合は、基本的には現地での治療費をいったんは建て替える必要があり、帰国後に請求しなければなりません。一方、AIU等の海外旅行保険の場合は、治療費を自己負担することなく治療を受けられる場合があります。

 これだけ見ると、やはりクレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険だけではなく、別途、保険料を支払って海外旅行保険に加入したほうがいいなと思ってしまいますね。

 確かに、現地での治療費の立て替えをしなくて済むようにしたいなら、AIU等の海外旅行保険に加入したほうがいいのですが、「補償対象範囲と金額」についてはクレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険でも十分だという見方もできるのです。

カードの付帯保険と保険会社の保険を徹底比較!
重要な補償はAIUの海外旅行保険のほうが高額な設定に

 まずは、旅行日程が10日までで、契約タイプが「傷害死亡時に3000万円」のAIU海外旅行保険の保険料と補償内容を調べました。「傷害死亡時に3000万円」の場合、支払う保険料は約1万円です。次に、年会費が1万円程度のクレジットカード「dカード GOLD」に付帯している海外旅行傷害保険の内容を確認しました。この2つを比較したのが次の表です。

  AIU海外旅行保険
AIU海外旅行保険サイト画像
dカード GOLD
dカード GOLDカードフェイス画像
 保険料/年会費 1万10円 1万800円
 保険期間 10日まで 90日まで
 傷害死亡 3000万円 1億円
 傷害後遺障害 最高3000万円 最高1億円
 傷害治療費用 無制限 最高300万円
 疾病治療費用
 救援費用 最高500万円
 緊急歯科治療費用 10万円
 疾病死亡 1000万円
 賠償責任 1億円 最高5000万円
 携行品 30万円 最高50万円
(自己負担額3000円)
 旅行事故緊急費用 5万円

 最初に書いたとおり、「疾病死亡」「緊急歯科治療費用」の項目が「dカード GOLD」に付帯している海外旅行傷害保険にはありません。また、予期せぬ偶然の事故によって負担した交通費や宿泊費等を補償する「旅行事故緊急費用」も付帯していません。

 しかし、あくまで個人的な感覚ですが、「疾病死亡」については、病気を患いながら海外旅行に行くこと自体が間違っていますので、10日間程度の旅行であれば(旅行終了日から30日以内に死亡した場合が対象)、疾病死亡補償があるかないかはあまり関係ないと思われます。

 続いて、「緊急歯科治療費用」についてですが、海外では歯科治療費が非常に高額です。しかし、こちらも10日間で治療が必要なほど痛むということは、それ以前からある程度の痛みがあるはずですので、治療してから行きましょう。もし、長期で海外に滞在することがある場合は、事前に虫歯治療などをしておくことをおすすめします。

 それ以外で大きな違いは、「傷害治療費用」「救援費用」でしょうか。無制限なのか上限が決まっているのかという違いです。例えば、海外で骨折して入院し、「傷害治療費用」「救援費用」が350万円かかった場合は、「dカード GOLD」の海外旅行傷害保険では上限が300万円と設定されているので50万円が自己負担となってしまいます。一方、AIUの海外旅行保険は「傷害治療費用」「救援費用」の支払限度額が無制限ですので、たとえ1000万円かかったとしても自己負担は0円です。

 また、他人を怪我させたり、お店の品物を壊してしまったりした場合の「賠償責任」についても、AIUの海外旅行保険が1億円なのに対し、「dカード GOLD」の付帯保険では5000万円と、2倍の開きがあります。最初に書いたとおり、AIU等の旅行保険のほうが重要な項目で補償額も大きく、安心ということがわかります。

クレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険は
項目によっては保険金の合算が可能だ!

 それでは、「傷害治療費用」「救援費用」や「賠償責任」について、クレジットカードの海外旅行傷害保険を手厚くすることはできないのでしょうか?

 保険を手厚くする方法としては、2つの方法が考えられます。

 1つ目はAIU海外旅行保険でもう少し掛け金が低い保険に加入し、クレジットカードの海外旅行傷害保険と併用する方法です。しかし、これでは追加の費用が発生してしまいます。

 実はもう1つ、追加費用を支払うことなく、保険を手厚くする方法があります。それは、「1枚ではなく、ほかのクレジットカードの補償を利用する」というものです。

 意外と知られていませんが、クレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険を詳しく調べてみると、複数のクレジットカードを保有している場合は、「傷害死亡」「傷害後遺障害」は保有している複数のクレジットカードの補償金額の最高額が適用されますが、それ以外の補償に関しては保障金額を合算することができるのです。

 例えば、「dカード GOLD」がメインカードで、サブカードに「楽天カード」を保有していたとします。「dカード GOLD」と「楽天カード」の海外旅行傷害保険を一覧にします。

  dカード GOLD
dカード GOLDカードフェイス画像
楽天カード
「dカード GOLD」と
「楽天カード」を
合計した最大値
 年会費 1万800円  無料 1万800円 
 傷害死亡 1億円 最高2000万円  最高1億円
 傷害後遺障害 最高1億円 最高2000万円  最高1億円
 傷害治療費用 最高300万円 最高100万円  最高400万円
 疾病治療費用
 救援費用 最高500万円 最高600万円 
 賠償責任 最高5000万円  最高2000万円  最高7000万円
 携行品
(自己負担3000円)
最高50万円  最高20万円  最高70万円

 「傷害死亡」「傷害後遺障害」については「dカード GOLD」のほうが高く設定されているので、それぞれ「1億円」「最高1億円」の保険金が採用されます。

 しかし、「傷害死亡」「傷害後遺障害」以外の項目については、「dカード GOLD」と「楽天カード」の補償金額を合算することが可能です。つまり、「dカード GOLD」と「楽天カード」の2枚のカードで補償される金額は右端の「最大値」のようになるのです!

dカード GOLD」と「楽天カード」を合算できると、「賠償責任」はずいぶん手厚くなりましたね。「傷害治療費用」「疾病治療費用」も最高400万円まで増えるので、先ほど例に出した350万円の治療費でも自己負担がなくなります。

 ただし、クレジットカードの海外旅行傷害保険は、必ずしもそのクレジットカードを「保有していれば補償される」というわけではありません。海外・国内旅行傷害保険には「自動付帯」と「利用付帯」があるのです。

「自動付帯」とは、そのクレジットカードを保有していれば自動的に付帯される保険で、「利用付帯」とはクレジットカードで旅費の支払いを行わなければ補償を受けられないサービスになります。

次回は、「自動付帯」と「利用付帯」を上手に活用して、海外旅行傷害保険を手厚くする方法と、海外旅行傷害保険がお得なクレジットカードを紹介したいと思います。

【海外旅行傷害保険が自動付帯+年会費無料のクレジットカードの関連記事】
⇒「クレジットカードおすすめ比較」海外旅行保険(自動付帯)で選ぶ! 年会費無料で保険充実のおすすめクレジットカード

 【2016年11月時点・最新情報】
◆海外旅行保険(自動付帯)で選ぶ!
 年会費無料ながら保険充実のおすすめクレジットカード!

還元率
(※1)
カード年会費
(税抜)
旅行傷害保険補償額
(最高額)
カード
フェイス
国内 海外
 DCカード Jizile(ジザイル)[リボ払い専用](三菱UFJニコス)
1.5% 無料 1000万円
海外旅行保険(自動付帯)で選ぶ!年会費無料のクレジットカードおすすめランキング!DCカード Jizile(ジザイル)[リボ払い専用]詳細はこちら
【DCカード Jizilのおすすめポイント】
年会費無料カードとしては驚異的な還元率1.5%で、最高1000万円の海外旅行傷害保険も自動付帯! さらに、「リボ払い専用」ながら「一括払い」も可能で、その場合は「リボ手数料」がかからず、年会費無料+高還元率のメリットだけを享受することも可能
【関連記事】おすすめの年会費無料クレジットカードで手間いらずの節約生活を実現しよう!
海外旅行保険(自動付帯)で選ぶ!年会費無料のクレジットカードおすすめランキング!DCカード Jizilカードの公式サイトはこちら
 学生専用ライフカード(ライフカード)
0.5~
2.5%
無料 2000万円
海外旅行保険(自動付帯)で選ぶ!年会費無料のクレジットカードおすすめランキング!イ学生専用ライフカード詳細はこちら
【学生専用ライフカードのおすすめポイント】
満18歳以上~25歳以下の学生
(高校生除く)におすすめなのが「学生専用ライフカード」。最高2000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯海外利用分の5%が現金で還元(還元金額の上限は5万円)されるなど、海外留学や海外旅行に行く学生にはお得なサービスが付帯。また、携帯電話料金を支払うと毎月10人に1人の確率で「Amazonギフト券」500円分が当たる。「ライフカード」のメリットである「誕生月ポイント5倍」も利用できるので、学生なら利用しないと損!
【関連記事】誕生月はポイント5倍=還元率2.5%を超える圧倒的な爆発力が人気の年会費無料カード!
海外旅行保険(自動付帯)で選ぶ!年会費無料のクレジットカードおすすめランキング!学生専用ライフカードの公式サイトはこちら
 エポスカード(エポスカード)
0.5~
10%
無料 500万円
海外旅行保険(自動付帯)で選ぶ!年会費無料のクレジットカードおすすめランキング!エポスカード詳細はこちら
【エポスカードのおすすめポイント】
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、海外旅行保険のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料でゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
海外旅行保険(自動付帯)で選ぶ!年会費無料のクレジットカードおすすめランキング!エポスカードの公式サイトはこちら
還元率
(※1)
カード年会費
(税抜)
旅行傷害保険補償額
(最高額)
カード
フェイス
国内 海外
 ビックカメラSuicaカード(ビューカード)
1.0~
1.5%
初年度無料、
2年目以降も
実質無料(※)
1000万円
(利用付帯)
500万円
ビックカメラSuicaカードの公式サイトはこちら!
【ビックカメラSuicaカードのおすすめポイント】
電子マネー「Suica」利用者がもっとも得するカードがコレ! 初年度年会費無料、年に1回でもカード決済をすれば次年度以降も無料で、「モバイルSuica」の年会費(1000円)も無料になる。通常還元率1.0%で、「Suica」「モバイルSuica」チャージは還元率1.5%に。
(※ 年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料)
【関連記事】Suica搭載のクレジットカードでおすすめの1枚は?「ビックカメラSuicaカード」は、実質年会費無料で「ビューカード」でもっとも高い還元率1~1.5%に!
海外旅行保険(自動付帯)で選ぶ!年会費無料のクレジットカードおすすめランキング!ビックカメラSuicaカードの公式サイトはこちら
 JCB EIT[リボ払い専用](JCB)
1.0~
1.1%
無料 2000万円
海外旅行保険(自動付帯)で選ぶ!年会費無料のクレジットカードおすすめランキング!JCB EIT[リボ払い専用]詳細はこちら
【JCB EITのおすすめポイント】
還元率は0.6~1%だが、最高2000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯! 海外旅行に「JCB EIT」を持っていくだけで、海外旅行保険の代金を節約が可能。「リボ払い専用」カードなので利用方法には注意が必要だが、自動付帯なので利用しなくてもよく、「一括払い」も可能なので使い方次第で超お得!
【関連記事】海外旅行保険が「自動付帯」にもかかわらず、年会費無料のお得なカードはコレだ!
海外旅行保険(自動付帯)で選ぶ!年会費無料のクレジットカードおすすめランキング!JCB EITカードの公式サイトはこちら

※「Apple Pay」対応おすすめクレジットカードを紹介!
Apple Payに登録して得する、高還元率クレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
学生向けでクレジットカードを選ぶ!学生向けランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
おすすめのヤング&格安ゴールドカードはコレだ!ページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ!ページへ
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
クレジットカードを選ぶ比較トップページへ

【2016年12月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~4.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が4.0%以上に! また、電子マネーの「楽天Edy」や「nanaco(JCBのみ)」、さらに「Rポイントカード」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(最優秀メインカード部門)
◆「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2016年最新版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(最優秀年会費無料カード部門)

◆年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
OricoCard THE POINTの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0%
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
※nanacoはJCBのみ
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
2015年4月1日に新登場!
 Yahoo! JAPANが新発行したカードで、年会費無料ながら、通常還元率は1%Yahoo!ショッピングでは還元率2%(+Yahoo!ショッピング付与分の1%と合計ではなんと還元率3%!)で「Tポイント」が貯まる。国際ブランドに「JCB」を選べば「nanaco」チャージでも還元率1%! 「Tカード」機能搭載なので、街中でも「Tポイント」が貯まる&使える!
関連記事「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo! JAPANカードの公式サイト!!Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
 イオンカードセレクト
0.5~1.0%
(イオン銀行の
普通預金金利が
0.12%に!)
永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA

WAON
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでもポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、このカードの保有者は「イオン銀行」の金利が通常の6倍=0.12%になる特典も。マイナス金利の影響でメガバンクの定期預金金利が0.01%程度の今、普通預金金利が0.12%というのは破格! これ以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えを!
関連記事
◆イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
◆イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 エポスカード
0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
高還元クレジットカードおすすめランキング!エポスカードの公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント】
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国7000店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトの公式サイトはこちら

 

【楽天カード】
年会費無料でどこでも還元率1%、楽天市場なら
還元率4%超の最強カード!⇒関連記事はこちら

楽天カード公式サイトはこちら
Special topics pr
関連記事

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!