クレジットカード活用術

「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!
年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、
高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!

【第41回】 2015年7月27日公開(2022年3月29日更新)
菊地祟仁
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

 女性誌の取材などを受けていると、女性の保有者が多いクレジットカードとして挙げられるのが「エポスカード」です。

エポスカード
還元率 0.5~10%
「エポスカード」のカードフェイス
発行元 エポスカード
国際ブランド VISA
年会費 永年無料
家族カード なし
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、楽天Edy
関連記事 「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
「エポスカード」の公式サイトはこちら


エポスカード」は年会費無料で、年4回開催されるマルイのバーゲン「マルコとマルオの7日間」では、「エポスカード」で決済すると10%オフになるため、この期間に入会した方も多いのではないでしょうか?

 基本的に「エポスカード」はマルイでの買い物が多い若い保有者が多いと思いますが、実は誰でも保有しているとメリットがあるお得なクレジットカードですので、今回は「エポスカード」のメリット、お得な利用方法を紹介したいと思います。

「エポスカード」の通常還元率はマルイなら1%、
マルイ以外なら0.5%と、一般的なカードとほぼ同じだが……

 さて、まずは還元率ですが、ここ数年、クレジットカードの還元率は上昇傾向にあるので、どこで利用しても還元率が1.0%以上のものが理想です。

 では、「エポスカード」の還元率はどうでしょうか? 

エポスカード」はマルイで買い物をする場合、クレジットカードの「1回」「2回」「ボーナス払い」で決済すると200円につき2ポイントがもらえます。1ポイントは1円として利用できるため、還元率は1.0%となります。

 マルイ以外の、一般の「VISA加盟店」での還元率はどうでしょうか? 一般の「VISA加盟店」では「1回」「ボーナス払い」の場合は200円につき1ポイント。還元率は0.5%となります。

エポスカード」は年会費無料ですが、最近では年会費無料でも還元率1.0%を超えるクレジットカードも増えているので、還元率だけで見ると「エポスカード」はそれほどお得なクレジットカードとは言えませんね。

 しかし、「エポスカード」には還元率以外のメリットがあります。

「エポスカード」は電子マネーに強い!
「楽天Edy」「モバイルSuica」へのチャージでもポイントが付く!

 「エポスカード」の還元率以外のメリットの一つ、それは「電子マネー」との相性のよさです。

「エポスカード」の公式サイトでは、はっきりと「楽天Edy」との相性のよさがアピールされている

 「エポスカード」は、「楽天Edy」と「モバイルSuica」へのチャージでもポイントが貯まりますが、実はここ数年で「楽天Edy」へのチャージでポイントが貯まるクレジットカードは減ってきています。「楽天Edy」は発行枚数7800万枚(2013年10月時点)を誇る人気の電子マネーですから、「楽天Edy」でポイントが貯まる「エポスカード」は多くの「楽天Edy」ユーザーにとって、とても貴重な存在になっています。

 しかも、「エポスカード」は公式サイトで「楽天Edy」にチャージしてもポイントが貯まることを大きく謳っています。

 公式サイトで「楽天Edy」チャージでもポイントが付与される点を売りにしているため、突然、ポイント制度を改悪して「Edyチャージでポイントがつかなくなる」ということはないと思われます。

「楽天Edy」を利用している人なら、チャージ用のサブカードとして「エポスカード」を持っておくというのもいいでしょう。

「エポスカード」で貯まるポイントは、有効期限が無期限になる
「エポスVisaプリペイドカード」にチャージして使え!

 ここからは「エポスカード」のポイント制度について解説していきます。

エポスカード」を使うと貯まる「エポスポイント」は、マルイの店舗や通販で利用することができます。500ポイント以上1ポイント単位で利用できますが、500ポイントを貯めるには10万円程度の支払いが必要です。

「エポスポイント」の有効期限が2年間ということを考えると、年間5万円の支払いが必要となります(「マルイ」以外で利用する場合)。「楽天Edy」へのチャージ用にサブカードとして「エポスカード」を保有している場合、「楽天Edy」のチャージだけで年間5万円というのは到達できるかどうか微妙なところかもしれません。

 そんな人は「エポスポイント」をマルイで消費するより、発行手数料や年会費が無料の「エポスVisaプリペイドカード」にチャージして利用するのがおすすめです。「エポスVisaプリペイドカード」は「VISA」ブランドのプリペイドカードのため、「VISA」が使える店舗であれば、ほぼクレジットカードと同じように利用できます。

「エポスカード」で貯まった「エポスポイント」は、「エポスVisaプリペイドカード」にチャージすることで有効期限が無期限になり、1ポイントからクレジットカード同様に使える!

 さらに、「エポスポイント」を「エポスVisaプリペイドカード」に交換する場合、1ポイント単位で交換可能ですので、貯まったポイントをどんどん「エポスVisaプリペイドカード」にチャージしていけば、「エポスポイント」の有効期限は実質無期限になります。

「エポスVisaプリペイドカード」を活用すれば、1ポイント単位で、ほぼ現金のように利用できる「エポスポイント」は、非常に使い勝手がいいポイントと言えるでしょう。

「エポスカード」は年会費無料にもかかわらず、
海外旅行傷害保険が「自動付帯」なのでサブカードに最適!

 続いて、「エポスカード」の付帯サービスをチェックしてみましょう。

エポスカード」は年会費無料のクレジットカードとしては珍しく、海外旅行傷害保険が「自動付帯」になっています。

 海外旅行傷害保険について簡単に説明すると、「傷害死亡・後遺障害」以外は複数のクレジットカードの補償金額を合算できるという仕組みになっています。しかし、「利用付帯」のクレジットカードの場合は「旅費」をそのクレジットカードで決済しなければ補償の対象になりません。一方、「自動付帯」のクレジットカードの場合は「(旅費を払わなくても)保有しているだけ」で補償の対象となるため、「エポスカード」をサブカードとして保有しているだけで海外旅行時の補償金額を手厚くすることができます。

 詳しくは、以前に掲載した記事(「海外旅行保険はクレジットカードで十分か!? あまり知られていない補償内容の仕組みや「自動付帯」と「利用付帯」の違いを徹底解説!」)を確認してください。

エポスカード」は、海外旅行傷害保険が「自動付帯」で、かつ年会費無料のクレジットカードのため、サブカードとして保有しているだけで、海外旅行傷害保険(「傷害死亡・後遺障害」以外)を利用することが可能になるので、これからのお盆休みに海外旅行を控えている人、毎年海外旅行に行くような人にはおすすめです。

エポスカード
還元率 0.5~10%
「エポスカード」のカードフェイス
発行元 エポスカード
国際ブランド VISA
年会費 永年無料
家族カード なし
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、楽天Edy
関連記事 「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
「エポスカード」の公式サイトはこちら

「エポスゴールドカード」は年会費無料で、還元率は1.5%超に!
海外旅行傷害保険の補償額もアップするので、取得しないと損!

 ここまでは、「電子マネー」チャージ&「海外旅行傷害保険」用のサブカードとして「エポスカード」のメリットを紹介してきましたが、「エポスカード」を保有するのであればゴールドカードの取得を目指すべきでしょう。
【※関連記事はこちら!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀ゴールドカード部門)

エポスゴールドカード
還元率 0.5~10%
(通常時にマルイで提示して現金で支払うと還元率0.5%、クレジット利用で還元率1%。年4回の「マルコとマルオの7日間」開催時は還元率10%。一般店舗では還元率0.5%

エポスゴールドカード

発行元 エポスカード
国際ブランド VISA
年会費(税込) 5000円
(ただし、インビテーションを受け取った場合は永年無料。また、年50万円以上の利用で次年度以降永年無料
家族カード
お得な優待サービス ポイントの有効期限が無期限になるほか、よく利用する店舗や公共料金を3つ選べて、その還元率が1.5%になる「選べるポイントアップショップ」特典つき! また、ビッグエコーなどの室料30%オフ、ロイヤルホストや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国1万店舗以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用可能。
関連記事 「エポスゴールドカード」は年会費無料で無期限のポイントが貯まる、コスパ最強クラスのゴールドカード! しかも、国内線も空港ラウンジも無料で利用できる!
エポスゴールドカード公式サイトはこちら

 なぜなら、「エポスゴールドカード」は、条件次第で年会費が無料になるからです。

 「エポスゴールドカード」は通常申し込みの場合は年会費5000円(税込)が必要です。しかし、「エポスカード」の年間利用額が多い場合は、利用者が申し込みをしなくても、「エポスゴールドカード」へのインビテーションが送られてきます。このインビテーション経由で申し込むと、「エポスゴールドカード」は年会費が無料になるのです。年会費無料でゴールドカードを保有できるのは珍しく、「エポスゴールドカード」以外では「イオンゴールドカード」くらいでしょう。
【※関連記事はこちら!】
「エポスゴールドカード」は年会費無料で無期限のポイントが貯まる、コスパ最強クラスのゴールドカード! しかも、国内線も空港ラウンジも無料で利用できる!


エポスゴールドカード」のメリットはいくつかあります。

 まず、「エポスゴールドカード」なら、「エポスカード」では2年だった「エポスポイント」の有効期限が無期限になります。

 また、年間利用額に応じて「ボーナスポイント」が獲得できます。年間50万円以上の利用で2500ポイント、年間100万円以上の利用で1万ポイントです。この「ボーナスポイント」はそれぞれ還元率が0.5%、1.0%も上がる効果があるので、大変お得ということになります。

 では、「エポスゴールドカード」でもらえる「ボーナスポイント」で、還元率がどう変わるのか見てみましょう。今回は年間利用額の1割をマルイで決済(1%還元)、残り9割は一般の「VISA加盟店」での利用(0.5%還元)として計算します。

■「エポスゴールドカード」の年間利用額別の獲得ポイントと還元率
年間利用額 通常ポイント ボーナスポイント 還元率
 10万円 550ポイント 0.55%
 50万円 2750ポイント 2500ポイント 1.05%
 100万円 5500ポイント 1万ポイント 1.55%
 150万円 8250ポイント 1万ポイント 1.22%


 年間利用額100万円の場合、「エポスゴールドカード」の還元率は1.55%まで上昇します。還元率1.55%でも、十分にメインカードとして利用していいレベルですが、「エポスゴールドカード」には、さらに還元率が高くなる仕組みがあります。

 それが、「マルイ」以外でポイントが3倍になる「選べるポイントアップショップ」という特典です。

「選べるポイントアップショップ」では、スーパー、コンビニ、家電量販店など、さまざまな業種のから「ポイント3倍」になるショップを選べる
拡大画像表示

 「選べるポイントアップショップ」とは、「イトーヨーカドー」「イオン」などの大手スーパーや「ららぽーと」などのショッピングモール、「セブン-イレブン」「ファミリーマート」などのコンビニ、「赤ちゃん本舗」や「ABC-MART」「ヨドバシカメラ」「ビックカメラ」などの各種小売店のほか、ガス料金(東京ガス、大阪ガス、京葉ガス)や電気料金(東京電力、関西電力、中部電力)、水道料金(東京都、横浜市)などの公共料金も含めた、300以上のさまざまな業種のショップから3つを選んで登録しておけば、その登録ショップを利用した際には200円で3ポイント、つまり還元率が1.5%になるサービスです。

 この「選べるポイントアップショップ」のことも考えれば、年間利用額100万円以上の場合の還元率は1.55%以上となります。これほど還元率が高くなると、「エポスゴールドカード」はメインカードとして利用することができる、年会費無料の高還元クレジットカードと言えるでしょう。

 しかも、貯まったポイントを「エポスVisaプリペイドカード」にチャージすれば、1ポイントからクレジットカード同様に利用できるのでポイントを有効に活用できます。

 ただし、「エポスカード」を「楽天Edy」チャージ用、海外旅行傷害保険用のサブカードとして使っているだけでは、「エポスゴールドカード」のインビテーションは送られてこないでしょう。

 しかし、実は「エポスゴールドカード」を年会費無料で保有するには、「インビテーション」以外に、もう1つ方法があるのです。

エポスゴールドカード」は通常申し込みでも、一度でも年間50万円以上の利用があった場合は、翌年度以降の年会費がずっと無料となるのです。

 年間50万円利用すれば年会費が無料のゴールドカードが手に入るわけですから、マルイでの買い物はもちろん、水道光熱費や携帯代などの固定費やスーパーや飲食店での支払いを「エポスカード」に集中させて、何とか1年間で50万円以上を利用し、「エポスゴールドカード」を取得するようにしましょう(初年度の5000円の年会費は必要になる)。

 一度でも年間50万円の利用金額を達成すると、翌年度以降の年会費が無料になるので、翌年以降はほかのクレジットカードをメインカードに変更しても問題ありません。

 さらに、「エポスゴールドカード」はポイントが無期限になり、「ボーナスポイント」がもらえるというメリットだけでなく、海外旅行傷害保険は自動付帯のまま、その補償金額が手厚くなるので、「エポスカード」よりもサブカードとしての価値が上がります。

■「エポスゴールドカード」は「エポスカード」よりも海外旅行傷害保険の補償額が充実!
  エポスカード エポスゴールドカード
 傷害死亡・後遺傷害 最高500万円 最高1000万円
 傷害治療費用 最高200万円 最高300万円
 疾病治療費用 最高270万円 最高300万円
 賠償責任
(免責なし)
最高2000万円
 救援者費用 最高100万円
 携行品損害
(免責3000円)
最高20万円

 これらのメリットを考えれば、「エポスカード」を保有しているなら、「エポスゴールドカード」を目指したほうがいい、ということを理解していただけるでしょう。
【※関連記事はこちら!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀ゴールドカード部門)

エポスゴールドカード
還元率 0.5~10%
(通常時にマルイで提示して現金で支払うと還元率0.5%、クレジット利用で還元率1%。年4回の「マルコとマルオの7日間」開催時は還元率10%。一般店舗では還元率0.5%

エポスゴールドカード

発行元 エポスカード
国際ブランド VISA
年会費(税込) 5000円
(ただし、インビテーションを受け取った場合は永年無料。また、年50万円以上の利用で次年度以降永年無料
家族カード
お得な優待サービス ポイントの有効期限が無期限になるほか、よく利用する店舗や公共料金を3つ選べて、その還元率が1.5%になる「選べるポイントアップショップ」特典つき! また、ビッグエコーなどの室料30%オフ、ロイヤルホストや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国1万店舗以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用可能。
関連記事 「エポスゴールドカード」は年会費無料で無期限のポイントが貯まる、コスパ最強クラスのゴールドカード! しかも、国内線も空港ラウンジも無料で利用できる!
エポスゴールドカード公式サイトはこちら

ゴールドより上の「エポスプラチナカード」も超お得!
使い方次第で還元率2.5%超で、付帯サービスが充実!

 「エポスカード」のラインナップとしては、一般の「エポスカード」、そして「エポスゴールドカード」があり、その上にはさらに「エポスプラチナカード」があります。

エポスプラチナカード」は、「エポスゴールドカード」の利用状況に応じてインビテーションが届くプラチナカードとなります。

エポスプラチナカード
還元率  0.5~10%
(通常時にマルイで提示して現金で支払うと還元率0.5%、クレジット利用で還元率1%。年4回の「マルコとマルオの7日間」開催時は還元率10%。一般店舗では還元率0.5%

 エポスプラチナカード

発行元 エポスカード
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 1万8519円(税込2万円)
家族カード
お得な優待サービス ポイント無期限、「選べるポイントアップショップ」などはゴールドと同じ。さらに、年間の利用金額に応じたボーナスポイント誕生月のポイント2倍、さらに世界700以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」の無料登録、指定の高級レストランで1名分が無料になる「エポスプラチナグルメクーポン」などのプラチナカードのサービスが付帯。24時間体制でサポートする「Visaプラチナコンシェルジュ」も便利
エポスプラチナカードサイトはこちら


エポスプラチナカード」の年会費は2万円(税込)と、年会費無料の「エポスゴールドカード」から考えると保有コストは一気に跳ね上がりますが、還元率や付帯サービスの内容も一気に跳ね上がり、「エポスゴールドカード」よりもさらにお得なクレジットカードとなります。

 「エポスプラチナカード」を年間100万円使った場合、「ボーナスポイント」が2万ポイントもらえます。つまり、「エポスプラチナカード」を年間100万円利用すれば2万円分の「ボーナスポイント」+通常のポイント(5500円分)がもらえるので、年会費2万円(税込)のモトは簡単に取れてしまいます。

エポスプラチナカード」なら、年間100万円利用で2万ポイント、200万円で3万ポイントが「ボーナスポイント」としてもらえる
拡大画像表示

 もちろん、「ボーナスポイント」以外に、通常のポイントも獲得できるので、「エポスプラチナカード」を年間100万円利用した場合の還元率はなんと2.55%にもなります(マルイで1割、それ以外で9割使った場合)。

 さらに、誕生日月はマルイでもマルイ以外の「VISA加盟店」でもポイント2倍の特典があります。

「エポスプラチナカード」を誕生月に利用すると、通常の2倍のポイントが付与される
拡大画像表示

 前述の利用額に応じたボーナスポイントと、誕生日月の2倍ポイントを考慮すると、「エポスプラチナカード」の年間利用額月の還元率は以下のようになります。

「エポスプラチナカード」は年100万円の利用で還元率2.6%にも!
年間利用額 通常ポイント ボーナスポイント 還元率
 10万円 596ポイント 0.6%
 50万円 2979ポイント 0.6%
 100万円 5958ポイント 2万ポイント 2.6%
 200万円 1万1917ポイント 3万ポイント 2.1%
 300万円 1万7875ポイント 4万ポイント 1.93%
 500万円 2万9792ポイント 5万ポイント 1.6%


 なんと、還元率は最大で2.6%と、プラチナカードとしてはもちろん、「リクルートカードプラス」などの高還元クレジットカードと比較しても圧倒的にお得です。もちろん、「エポスゴールドカード」同様、「選べるポイントアップショップ」の特典もあるので、よく利用するスーパーや毎月の公共料金などを登録しておけば、「エポスプラチナカード」の実際の還元率は2.6%以上になります。

 しかも、「エポスプラチナカード」は「名前だけがプラチナ」というわけではなく、一般的なプラチナカードと同等のハイクラスな特典、サービスが付帯しています。

レストランで1名分が無料になる「エポスプラチナグルメクーポン」、世界700カ所以上の空港ラウンジが無料で使える「プライオリティ・パス」など、「エポスプラチナカード」の付帯サービスは充実!
拡大画像表示

 世界1200カ所以上の空港の「VIPラウンジ」が無料で利用できるプレステージ会員クラスの「プライオリティ・パス(通常年会費429米ドル)」、2名以上の利用で1名分のコース料理が無料になるレストラン特典「エポスプラチナカードグルメクーポン」、24時間体制の「Visaプラチナコンシェルジュ(VPCC)」で、旅行やお花の手配などに利用することができます。さらに、最高1億円の海外旅行傷害保険が自動付帯になるほか、「Visaプラチナトラベル」「Visaプラチナゴルフ」「Visaプラチナダイニング」など、その充実した付帯サービスは挙げればきりがありません。

 年会費無料の「エポスゴールドカード」から考えると、年会費が2万円アップする「エポスプラチナカード」は敷居が高いのですが、その充実した付帯サービスまで考えると、2万円という年会費は、それほど高くはないでしょう。

 また、他の大手クレジットカード会社が発行しているプラチナカードと比較しても、「エポスプラチナカード」の還元率と付帯サービスを考えれば、年会費2万円はとてもお得に感じるでしょう。

エポスカード」は多くの人が保有しているにもかかわらず、「エポスゴールドカード」や「エポスプラチナカード」がお得なことを知らない人も多いのではないでしょうか?

エポスカード」を持っているのであれば、お得な「エポスゴールドカード」「エポスプラチナカード」の取得を目指してみてはいかがでしょうか?

エポスカード
還元率 0.5~10%
「エポスカード」のカードフェイス
発行元 エポスカード
国際ブランド VISA
年会費 永年無料
家族カード なし
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、楽天Edy
関連記事 「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
「エポスカード」の公式サイトはこちら
エポスゴールドカード
還元率 0.5~10%
(通常時にマルイで提示して現金で支払うと還元率0.5%、クレジット利用で還元率1%。年4回の「マルコとマルオの7日間」開催時は還元率10%。一般店舗では還元率0.5%

エポスゴールドカード

発行元 エポスカード
国際ブランド VISA
年会費(税込) 5000円
(ただし、インビテーションを受け取った場合は永年無料。また、年50万円以上の利用で次年度以降永年無料
家族カード
お得な優待サービス ポイントの有効期限が無期限になるほか、よく利用する店舗や公共料金を3つ選べて、その還元率が1.5%になる「選べるポイントアップショップ」特典つき! また、ビッグエコーなどの室料30%オフ、ロイヤルホストや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国1万店舗以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用可能。
関連記事 「エポスゴールドカード」は年会費無料で無期限のポイントが貯まる、コスパ最強クラスのゴールドカード! しかも、国内線も空港ラウンジも無料で利用できる!
エポスゴールドカード公式サイトはこちら
エポスプラチナカード
還元率  0.5~10%
(通常時にマルイで提示して現金で支払うと還元率0.5%、クレジット利用で還元率1%。年4回の「マルコとマルオの7日間」開催時は還元率10%。一般店舗では還元率0.5%

 エポスプラチナカード

発行元 エポスカード
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 1万8519円(税込2万円)
家族カード
お得な優待サービス ポイント無期限、「選べるポイントアップショップ」などはゴールドと同じ。さらに、年間の利用金額に応じたボーナスポイント誕生月のポイント2倍、さらに世界700以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」の無料登録、指定の高級レストランで1名分が無料になる「エポスプラチナグルメクーポン」などのプラチナカードのサービスが付帯。24時間体制でサポートする「Visaプラチナコンシェルジュ」も便利
エポスプラチナカードサイトはこちら

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2022年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【2022年6月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
AMEX
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆三井住友カード(NL)

0.5~5.0% 永年無料 VISA
Master
iD
三井住友カード(NL)の公式サイトはこちら
【三井住友カード(NL)のおすすめポイント】
2021年2月に申し込み受付が始まった「三井住友カード」の新しいクレジットカードで、券面にカード番号が記載されていない「ナンバーレス(NL)」なのが特徴(カード番号はアプリで確認可能)。通常還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同等だが、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどで「Visaのタッチ決済」または「Mastercardコンタクトレス」で支払うと、還元率5%に大幅アップ(※)するので、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどを日常的に利用する人におすすめ! さらに、獲得できる「Vポイント」は、dポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、Tポイント、ANAマイルなどに交換できるほか、「1ポイント=1円」としてカード利用額に充当できるなど、ポイントの汎用性が高いのも魅力!
(※ 一部店舗では還元率5.0%とならない場合あり。また、一部店舗では「Visaのタッチ決済」および「Mastercardコンタクトレス」が利用不可。)
関連記事
「三井住友カード(NL)」は年会費無料+高還元+最短翌日発行の“三拍子”が揃ったおすすめカード!「対象コンビニ&マックで最大5%還元」特典は利用価値あり!
「三井住友カード(NL)」は、年会費無料&対象コンビニで最大還元率5%のお得なクレジットカード! カード情報を記載していないのでセキュリティも抜群!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

1.875%
(※1)
4万9500円 AMEX
Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの公式サイトはこちら
【スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント】
2022年2月24日に誕生した「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)」の後継カード。SPGアメックスと同じく、通常100円につき3ポイントが貯まり、「6万ポイント⇒2万5000マイル」の高い交換レート(=還元率1.875%!)でANAやJALなどの航空会社40社以上のマイルに移行可能! しかも、ポイントの有効期限は「最後にポイントが増減した日から2年間」なので“実質”無期限でマイルを貯められるのも大きなメリット。また、世界的ホテルグループ「マリオット・インターナショナル」との提携カードなので、カードを保有するだけで上級会員資格「ゴールドエリート」が手に入り、客室のアップグレードや14時までのレイトチェックアウトなどの特典が利用できる。さらに、年間150万円以上を利用したうえでカードを更新すると、シェラトンやウェスティンなどの同グループのホテルに2名まで無料で1泊できる「無料宿泊特典」(※2)がもらえるほか、年間400万円以上を利用するとワンランク上の会員資格「プラチナエリート」が手に入り、最大でスイートまでの客室アップグレード、朝食無料サービスなどの豪華特典が利用可能に! 家族カード1枚は年会費が無料(2枚目以降は年会費2万4750円・税込)になり、夫婦や家族でポイントが貯めやすくなっている。
(※1 6万ポイントを一度にマイルに移行した場合。1マイル=1.5円換算。※2 交換レートで5万ポイントまでのホテルに宿泊可能。追加で最大1万5000ポイントを支払って、6万5000ポイントまでのホテルに宿泊することも可能)
【関連記事】
「Marriott Bonvoyアメックス」のメリットを解説!「SPGアメックス」の後継の「プレミアム」なら、年400万円の利用で「プラチナエリート」資格を獲得できる!
【アメリカン・エキスプレス・カードを一覧で比較】アメックスが発行する15枚のカードの年会費や特典、還元率を比較して、自分にピッタリの1枚を探そう!(Marriott Bonvoy アメックス・プレミアム編)
Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの公式サイトはこちら
還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~5.5% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
39歳以下の人だけが申し込める、年会費無料の高還元クレジットカード!(40歳以降も継続して保有可能)通常還元率は1%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のAmazonやセブン-イレブンなどでは還元率2%、「ポイントップ登録(無料)」をすれば「スターバックスカード」へのチャージで還元率5.5%に
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 ◆セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digital

0.5~3.0% 初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※)
AMEX Suica
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalの公式サイトはこちら
【セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalのおすすめポイント】
通常還元率は0.5%だが、QUICPay決済を利用した場合は還元率3%に大幅アップ! セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンといったコンビニはもちろん、マツモトキヨシやツルハグループなどのドラッグストア、ビックカメラやヨドバシカメラといった家電量販店など、QUICPayを利用できる店舗ではいつでもどこでも還元率3%になるので非常にお得! 貯まるポイントは、有効期限のない「永久不滅ポイント」なので、ポイントの失効を気にする必要がないのもメリット!
(※ 2年目以降1100円。ただし、年一回でもクレジットカードの利用があれば次年度以降も無料。)
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出! 全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(ニューカマー部門)
「セゾンパール・アメックス・カード Digital」は、QUICPayで3%還元と超お得! 最短5分で発行できる「SAISON CARD Digital」の申し込み方法も解説!
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalの公式サイトはこちら

 ◆三井住友カード ゴールド(NL)

0.5~5.0%

5500円
(ただし、年100万円以上の
利用で次年度から永年無料
VISA
Master
iD
三井住友カード ゴールド(NL)のカードフェイス
【三井住友カード ゴールド(NL)のおすすめポイント】
2021年7月1日に発行が始まった、券面にカード番号が記載されていない“ナンバーレス(NL)”のゴールドカード。年会費5500円(税込)だが、年間100万円を利用すると(※1)、次年度から年会費が“永年無料”になるうえに、1万ポイントが「継続特典」としてもらえるのが大きな魅力! さらに、通常還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同等だが、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどで「Visaのタッチ決済」または「Mastercardコンタクトレス」で支払うと還元率5%に大幅アップ(※2)するなど、ポイントも貯まりやすくてお得!
※1 SBI証券での積立投資など、一部の支払いは集計の対象外。※2 一部店舗では還元率5.0%とならない場合あり。また、一部店舗では「Visaのタッチ決済」および「Mastercardコンタクトレス」が利用不可。
関連記事
「三井住友カード ゴールド(NL)」は、年100万円以上を使うと年会費が“永年無料”に! コンビニで5%還元、空港ラウンジや旅行保険などの特典も付帯してお得!
三井住友カードが「1ポイント=1円」で請求額に充当できる「<新>キャッシュバック」を開始! 高還元な「プラチナプリファード」の魅力がますますアップ!
三井住友カード ゴールド(NL)の公式サイトはこちら

 ◆au PAY カード

1.0~2.0%

初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※)
VISA
Master
au PAY カードのカードフェイス
【au PAY カードのおすすめポイント】
通常還元率1.0%でPontaポイントが貯まり、マツモトキヨシやかっぱ寿司などの「au PAY ポイントアップ店」では還元率1.5~2.0%以上に達する、auユーザー以外も得するクレジットカード! さらに、スマホ決済の「au PAY」へのチャージでも1.0%分のポイントが貯まり、「au PAY(コード払い)」の利用時に0.5%分のポイントが貯まるので、合計還元率1.5%でPontaポイントを2重取りできる! しかも、初年度は年会費無料、2年目以降は年会費1375円(税込)だが、年に1回でもカード決済、もしくは携帯電話などのauのサービスを利用していれば次年度以降の年会費も無料に
(※ 2年目以降1375円。ただし、年一回でも利用した場合、もしくは「au ID」に「au PAY カード」を紐付けて、携帯電話などのauサービスを利用している場合は次年度無料)
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!(スマホ決済+クレジットカード部門)
「auカブコム証券+au PAY カード」で積立投資すると最大5%のPontaポイントが貯まる! つみたてNISAも対象なので、これから投資を始める人にもおすすめ!
Pontaポイントが貯まりやすいクレジットカードは?「ローソンPontaプラス」や「au PAYカード」「リクルートカード」など4枚の年会費や還元率を比較して検証!
au PAY カードの公式サイトはこちら

【Marriott Bonvoyアメックス・プレミアム】
年150万円利用で「無料宿泊特典」+「上級会員資格」が
もらえて得する最強ホテルカード⇒関連記事はこちら

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード公式サイトはこちら

 
 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード公式サイトはこちら 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500激辛診断
米国株150診断
全上場銘柄の理論株価

8月号6月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気株500激辛診断/米国株150]

◎巻頭特集

2022年後半の日本株&為替大予測

●日本株:秋に底入れ年末3万円へ
●為替:1ドル130円の時代に突入


◎第1特集
10万円未満で買える株は111銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

●2022年夏のイチオシ株
・10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート
●気になる人気株
・大型株/新興株/Jリート
●儲かる株の見つけ方
旬の3大テーマ円安メリット株」「株主還元強化株」「会社予想が保守的な株
5大ランキング今期最新予想が大幅増収」「アナリストが強気
高配当利回り株」「少額で買える株

●投資判断に異変アリ!
日本通運、住友不動産が「買い」に格上げ
東急、新生銀行、シャープが「弱気」に転落

◎第2特集
高利回り&割安株を狙え
波乱相場ならではの狙い目株が続々!
人気株500以外からセレクトした「買いの株100」

●桐谷さんオススメ株主優待株
●増配かつ高配当な株
●初心者オススメ5万円株
●上方修正に期待大の株
●波乱に負けない高成長株

◎第3特集
人気の米国株150診断

●どうなる米国株?
「インフレなどで波乱は続くが10月末から上昇へ転じる!」
●注目銘柄
「有力定番IT株」「高配当割安株」「ディフェンシブ株」
●定点観測
GAFAM+αテスラ、エヌビディア、ネットフリックスなど

伝説のスゴ腕投資家バフェットが10年ぶりに株をオトナ買い
バフェットはいまの米国株をこう見てる&バフェットが買った銘柄をチェック!


◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! 
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン 【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報