ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

マクドナルドの高級版店舗“黒マック”に
「100円マック」が限定登場した訳

週刊ダイヤモンド編集部
2010年7月22日
著者・コラム紹介バックナンバー

 マクドナルドが4月25日から13店舗で展開し、“黒マック”とも呼ばれる「新世代デザイン店舗」が、進化に向けて粛々と動き出している。7月9日から「100円マック」「120円マック」と、「スペシャルランチセット」(通常店舗のMパワーランチセットのものとは別価格)の実験販売を始めているのだ。

 展開は6店舗のみ、期間も8月末までの予定だが、実験に当たっては告知もしており、店頭チラシの配布や携帯配信を行った。

 そもそも「新世代デザイン店舗」とは、マクドナルドが渋谷、赤坂、青山などで実験している、居心地のよさを追求した高級版マクドナルドのこと。2010年度の店舗戦略の両翼として、433店の「戦略的閉店」と共に打ち出した店舗だ。賃料や人件費など、コストの高い都市部店舗における「新たな顧客価値創造と収益性の継続的向上」(原田泳幸・日本マクドナルドホールディングス社長)に向けた取り組みの一環だという。

 客席は15%減らし、ゆったりとした空間を提供。店内は全面禁煙で、内装や店員のユニフォームを一新するなど、随所に工夫を凝らしている。反面、価格は少々高めだ。全商品の3分の2を10~30円、最大で50円値上げ。そして100円マックは当初メニューになかった。

 「100円メニューはない形からスタートしていきたい。しかし、すべての商品がこの外食産業の中で最も“Value for money(納得感、お得感)”のスコアが高いようにするという戦略に変わりはない」。原田社長はこう語っていた。

 その「新世代デザイン店舗」も、開店から約3ヵ月。値上げや「100円マック」の排除で客数減が懸念されたが、女性客や比較的年齢の高い層から支持を集めるなどし、売上高は「計画通り、堅い数字で推移している」(マクドナルド)。

 今回の実験では、次の段階として、「100円マック」などの導入による客数、客層の変化を見る。初めから導入しなかったのは、当店舗のコンセプトが見えにくくなるからだという。また、メニューは減るより増えたほうが、顧客のイメージもよい。

 これら商品の拡大・取り止めの判断は、実験結果を見てからになる。ただし、特に「100円マック」は「単に世の中の低価格志向に対応した商品ではなく、驚きを売るというマクドナルドの戦略商品。販売すれば、当然客数は増える」(マクドナルド)。予想通り客数が伸び続け、売り上げアップにつながれば、導入店舗、期間が拡大されることは十分に考えられる。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 新井美江子)

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧