守りと攻めの両面から
個人と組織の健康を一体的に実現する

シリーズ対談「人材戦略と健康経営」 第3回:中外製薬

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

アドバンテッジリスクマネジメント社長の鳥越慎二氏がホストを務め、「人材戦略と健康経営」について語り合う対談シリーズも今回が最終回。産業界全体を見渡しても、最も先進的な健康経営を推進している中外製薬から、上野幹夫副会長と海野晋哉上席執行役員のお二人をゲストに迎えた。

企業価値向上に向けた
戦略的課題として健康経営

中外製薬
代表取締役副会長 上野幹夫氏

鳥越:御社が「健康経営」に注力している背景について教えてください。

上野:“人財力”こそが企業力のベースであるという考え方が背景にあり、企業価値向上と持続的成長に向けた戦略的な課題として取り組んでいます。

 当社の歴史を遡れば、1960年半ばに祖業である一般用医薬品事業の売り上げが大きく落ち込み、危機的な状況を迎えたことがありました。そのとき、再建を期して当時の社長が打ち出したのが、「経済性」「社会性」「人間性」という経営の3原則です。

 当社グループでは、この3つの基軸を高い次元で融合させることが、企業価値の向上につながると考えて、経営に取り組んできました。

 経済的、すなわち売り上げや利益の 成長だけではなく、「世界の医療と 人々の健康への貢献」という製薬企業 としての社会的使命を重視する。 そのためには、事業の担い手である従業員 が、心身ともに健康でいきいきと働き、100%の能力を発揮できる環境を常に整えなければなりません。それができてこそ、企業としての永続的な発展が現実のものとなると私たちは考えています。

中外製薬
上席執行役員人事統轄部門長 海野晋哉氏

海野:当社が「ダイバーシティ&インクルージョン」(D&I)や、一人ひとりの働きがいと生きがいを高める「ワークライフシナジー」に注力しているのも、同じ理由です。

 世界有数の製薬企業であるスイスのロシュと2001年に戦略的アライアンスを締結したことをきっかけに、当社は一般用医薬品から撤退し、医療用医薬品、なかでも新薬に事業を特化しました。

それ以降は、いかに革新的な新薬を創出できるかどうかが、当社の企業価値を高め、持続的に成長できるか否かを左右する最重要テーマとなっています。

 革新的な新薬というイノベーション を生み出す組織風土づくりには、多様な価値観や専門性を持った人財を確保し、そうした従業員が存分に活躍できる環境を整備することが欠かせません。それが、人事部門に課せられた至上命題だと考えています。

資料ダウンロードのご案内

〈あわせて読みたい①〉
企業価値と業績を向上させる「健康経営」とは?


・「健康経営」に取り組む真の目的は?
・「健康経営」で設定すべきKPIと継続的なPDCAを回す仕組み
・健康経営に取り組む企業の実態調査~健康経営の取り組みを進めるうえでの課題とは?

〈あわせて読みたい②〉
「産業医」に求められる役割と課題


・ストレスの増加による労働者の問題が急増、企業の対応は必須に
・ストレスチェック義務化でメンタルヘルス問題に対応できる産業医が不可欠
・今、求められている産業医とは?
・企業が求める産業医の確保はなぜ難しいのか?
・自社にマッチした産業医を確保する方法

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

問い合わせ先

アドバンテッジ リスク マネジメント
〒153-0051
東京都目黒区上目黒2-1-1
中目黒GTタワー17階
03-5794-3800
http://www.armg.jp
TOP