社労手続きのデジタル化が
「働きやすい会社」を実現する

 電子申請なら窓口に並ぶ必要はなく、パソコン上で処理するだけなので、手続きはわずか数分だ。業務効率は格段に改善するはずだが、なぜか活用が進まない。それは、「e‐Gov」があまり認知されていないことに加え、使い勝手そのものにも課題があるようだ。

「申請に要する時間こそ短くなったものの、書類作成の手間は以前とほとんど変わりません。手書きからパソコン入力に変わっても、作成のためにデータを引っ張り出して手計算し、入力するという作業や、複数の申請フォーマットに同じ内容を繰り返し入力する作業は解消されていないからです。高齢の担当者の場合、慣れた手書きからパソコン入力に切り替えることで、かえって作業効率が落ちることもあります」

 こうした課題を解決するため、国は「e‐Gov」と民間が開発したシステムとのAPIによる連携強化を進めている。

 エフアンドエムが開発したAPI対応クラウド電子申請システム「オフィスステーション」もそのひとつだ。

資料ダウンロードのご案内

何にどう取り組めば本当に効果が上がる?
バックオフィス改革ガイド


〈主な内容〉
・バックオフィス業務が取り組むべき「働き方改革」とは
・現場担当者の意見が反映されないままシステム導入が進む危険
・本当に効果があがるシステム改革とは?
・【ケーススタディ】慢性的な人材難の介護人材派遣が「オフィスステーション」導入でいかに人材不足を解消したか

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

問い合わせ先

株式会社エフアンドエム
オフィスステーション事業本部
https://www.officestation.jp/
TOP