3度目の「万博」開催と臨海部開発の行方

週刊ダイヤモンド別冊 「五輪・万博・リニア ビッグプロジェクトで変わる街」発

使命は「臨海部開発」
大阪3度目の万博

2025年開催予定の「大阪・関西万博」会場予定地の夢洲
2025年開催予定の「大阪・関西万博」会場予定地の夢洲

 大阪市の臨海部には咲洲(南港地区)・舞洲(北港北地区)・夢洲(北港南地区)という3つの人工島がある。このうち2025年大阪・関西万博の会場予定地が夢洲。85年から廃棄物の受け入れを始め、現在はコンテナターミナルがあるが、大部分は未整備のままだ。

2008年五輪メイン会場としても想定された舞洲。多数のスポーツ施設や大阪市環境局舞洲工場などがある(以上、大阪市此花区)
2008年五輪メイン会場としても想定された舞洲。多数のスポーツ施設や大阪市環境局舞洲工場などがある(以上、大阪市此花区)

 咲洲にはニュータウン「南港ポートタウン」(住之江区)が1977年に街びらきされている。真ん中を通る南港ポートタウン線(ニュートラム)の開業はその4年後のことだ。95年開業の東京臨海部を走るゆりかもめよりだいぶ早い。大規模な臨海部の開発では大阪が先行していたのだ。

 同じ咲洲にあるコスモスクエア地区にはWTC(現・大阪府咲洲庁舎)とATCが95年に造られている。バブル経済の頂点である89年に策定されたテクノポート大阪計画では、国際交易、高度情報通信、先端技術開発の3機能を備えた新都心をベイエリアに生み出す予定だった。そのための起爆剤が、ここにメイン会場と選手村を設ける2008年開催の五輪大会だったが、01年の開催都市決定で北京に敗北、計画は頓挫した。

大阪南港の咲洲(大阪市住之江区)。1981年開通の南港ポートタウン線(ニュートラム)が横断する南港ポートタウンの街びらきは1977年のことだった
大阪南港の咲洲(大阪市住之江区)。1981年開通の南港ポートタウン線(ニュートラム)が横断する南港ポートタウンの街びらきは1977年のことだった

 今回の万博開催決定で、臨海部開発の夢がつながった。夢咲トンネルは開通しており、会場までの交通手段の整備がこの5年間で行われる。カジノも入る統合リゾート(IR)が持続的な万博後の施設利用の前提となるが、この点はまだ決まっていない。

 ちなみに、47都道府県で面積が最小だった大阪府は、1998年、香川県を抜いた。その4年前に開港した関西国際空港で面積が増え、香川は江戸時代からの領地紛争に敗れ面積が減った結果だった。

2020年の新春トレンドはこれ!

「週刊ダイヤモンド」別冊
2020年1月18日号
五輪・万博・リニア
「ビッグプロジェクトで変わる街」

  • 図書カードやギフトカードが計20名様に当たる!
  • O-uccino オウチーノ
  • O-uccino オウチーノ
  • O-uccino オウチーノ
  • O-uccino オウチーノ
  • 『週刊ダイヤモンド』別冊 「ビッグプロジェクトで変わる街」 2020新春 online
TOP