ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル&マーケティング

企業は本質的な解決策を見出せるか。
マーケティングはドラスティックに
再定義されている

「アドテック東京 2012」からのメッセージを検証

河尻亨一 [元「広告批評」編集長/銀河ライター主宰/東北芸工大客員教授]
2012年11月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
7

 今回紹介したセッション以外にもさまざまなカンファレンスに参加し、全日程を通して次の印象を持った。

企業は時代に則した本質的な課題解決を真剣に求めている。そして、ときにはバーチャルに、ときにはリアルにユーザーと直接つながり始めている。

 それは時代の必然だが、そこへのアンサーを出すことができなければ、マーケティングインダストリーの存在感は希薄になるだろう。それが「アドテック東京2012」が問いかけたものだと思う。今動かなければ未来は暗いかもしれないし、逆に言うとイノベーティブへの意志と野心、課題解決への誠実なマインドを持つマーケッター、クリエイターにはチャンスの多い時代が来ているとも感じた。

「スマホ(デバイス)×O2O(体験導入)×ストーリー(クリエイティブ)」。

 デジタルマーケティングの今いまのストリームの一つは、その連立方程式を解くことにありそうだ。しかし、それはあくまで筆者による抽出であり、参加できなかったセッションも多い。「BIG DATA」や「データ解析」「ROI」「イノベーション」等をテーマとしたディスカッションもあった。

 つまり、座標軸の読み解きと物語はこのイベントを体験した参加者の数だけあるということで、それらを加えればより立体的な方程式が立ち現れるのだろう。イベントの様子がわかるレポート記事をいくつかピックアップしたい。

【ad:tech東京2012レポートvol.1~3】Facebookとユニリーバが語るこれからのマーケティングに大切なこと(マイナビニュース)

LINEとニコ動が提携!? 2大国産プラットフォームが見据える世界展開とは(Internet Watch)

「アホテック東京」開催、本家に呼ばれなかったクリエイターが大喜利(Internet Watch)

previous page
7
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

河尻亨一
[元「広告批評」編集長/銀河ライター主宰/東北芸工大客員教授]

1974年、大阪市生まれ。99年、早稲田大学政治経済学部卒業。お茶の水美術学院講師を経て、2000年より雑誌「広告批評」(マドラ出版)に在籍。08年、編集長就任。10年、同社退職後、雑誌・書籍・ウェブサイトの編集、企業の戦略立案およびPRコンテンツやイベントの企画・制作を手掛けるほか、講演活動なども行っている。

デジタル&マーケティング

消費者が売り手を選ぶ時代、企業はどのように顧客とコミュニケーションを行うべきでしょうか。デジタルを有効に活用して世界の顧客とつながる方法を追求していきます。

「デジタル&マーケティング」

⇒バックナンバー一覧