ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビッグデータ&情報マネジメント

ビッグデータ活用に不可欠な
「情報技術基盤」の整備で
「三つのV」に対応できるデータベースを提供

インターシステムズジャパン
[PR]

2012年11月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2

 さまざまな形式で管理されたデータにもアクセスできる。Cachéは多次元配列でデータを格納するデータベースだが、二次元の表でデータを扱うRDBが使用する一般的なクエリ言語SQLでもデータアクセスができる。また、RDB以外の形式のデータアクセスにも幅広く対応。いわば「ハイブリッドなデータベース」として、多様な場所に多様な形で存在するビッグデータを効率よく活用できる。

図2 Cachéが高速レスポンスを実現できる理由拡大画像表示

 高速リアルタイム処理でも卓越した性能を発揮する。Cachéは、関連性の高いデータを近傍に配置し、ひとかたまりのデータとして管理する。したがって、一度のアクセスで関連データをまとめて見つけることができ、レスポンスが速い(図2)。

 「RDBをCachéに置き換えて、レスポンスが2倍になるのはごく当たり前のことです。大容量であるほど効果が大きく、10倍、20倍に高速化する例もあります」と植松社長は言う。

情報システムの競争力を
手に入れるための
「土台(システム基盤)」

 ビッグデータという観点からのCaché導入事例の代表格が、欧州宇宙機関(ESA)が進めるガイア計画である。

 フランスに本部を置くESAは、2013年に打ち上げ予定の衛星ガイアで収集されるデータを使って、銀河の立体的な宇宙地図を作成しようとしている。計画では、5年間で約10億個の天体を調査し、すべての星について約70回ずつデータを収集する。その全データを格納し、繰り返し分析して精度を高めるシステムの中核に、厳しい性能試験に合格した唯一のデータベースとして、Cachéが採用されたのである。

 Cachéは、リアルタイム分析機能「DeepSee」、および言語解析技術「iKnow」が組み込まれているのも大きな特徴だ。データベースそのものに分析機能を搭載するため、外部でツールを用いる場合とは比較にならないほど素早く、ビッグデータを解析できる。

 さらに、インターシステムズでは、Cachéを搭載したアプリケーション統合および開発プラットフォーム「Ensemble」も提供している。これにより、さまざまなアプリケーションと接続して、それらを活用した新規アプリケーションの短期開発が可能である。ビッグデータを活用して迅速に戦略を立て、迅速にアプリケーションを作り替え、素早く実行していく毎日が現実のものとなるのだ。

 拡張性、多様性、スピード、そして、リアルタイム分析力、アプリケーションの迅速な開発、変更しやすさなど、さまざまな要素が一つに統合された情報システム基盤を構築して、10年先、20年先にも威力を発揮する「情報システムの長期的な競争力」を手に入れることができるのが、Cachéの力なのである。

[PR]
■関連記事「一般企業にも大きな価値をもたらすビッグデータ活用」はこちら
 
previous page
2
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

ビッグデータ&情報マネジメント

「ビッグデータ」というキーワードが注目を集めている。従来のビジネスインテリジェンスとの大きな違いは、データの多様性とリアルタイム性にある。ビッグデータ活用によって何が可能になるのか、注意すべきポイントはどこにあるのかを考察する。

「ビッグデータ&情報マネジメント」

⇒バックナンバー一覧