息子・娘を入れたい会社2022

新型ウイルス検査でも日本に貢献。世界製薬大手の診断薬事業を担う

ロシュ・ダイアグノスティックス

治療に不可欠な診断を
診断薬・機器で支える

 その貢献の実例の一つが、PCR検査だ。PCRはDNAを大量コピーできる手法で、ロシュが1990年代から医療への応用に取り組んできた。これを用いたウイルス検査がコロナ禍では感染拡大防止に一役買っている。

 ロシュ・ダイアグノスティックスがカバーする分野はPCR検査以外にも多岐にわたり、一般的な検査項目から、さまざまながん検査までが含まれる。病院やクリニックで行われる血液検査などを通じても読者の多くが同社の製品やサービスに触れているはずで、その役割は非常に深く、広い。

 こうした深さと広がりの背景には、売り上げの実に2割を研究・開発に投資するロシュグループ総体としての技術力に加え、ロシュ・ダイアグノスティックスとしての日本への浸透力がある。

「ロシュは1924年に現地法人を設立して以来、日本の医療で重要な役割を果たしてきています。診断薬・機器事業も日本でスタートしてから50年、当社が分社化で生まれてから20年以上を経て、日本にしっかり根付いています。外資系企業というと、短期的な利益に左右されがちなイメージがありますが、当社は異なります」(工藤本部長)

達成感が得られる
人と社会が良くなる仕事

 こうしたありようは人材の採用や育成にも見て取れる。

「私たちは、チャレンジ精神があり、自走できる人を求めています。そのために、新人研修やフォローアップ研修など、段階に応じた研修のほか、『チェックイン』というユニークな制度も持っています。これは、評価面談とは別に、いつでも気軽に上司とキャリアや能力開発などについて相談できる制度です。きめ細やかなコーチングを通じて、社員の成長を促しているのです」(工藤本部長)

 人を大切にする企業文化には、失われつつある日本企業の美点が残されているようにさえ感じられるが、同社はダイバーシティの実現に取り組む世界企業であり、医療に革新をもたらすイノベーション企業でもある。

新型コロナウイルス感染拡大によって検査の重要性を多くの人が実感した。「ロシュで働くことは社会に貢献すること」と工藤本部長は言う

工藤本部長は次のように続ける。

「診断と、その先にある治療に欠かせないソリューションの提供は、人と社会が良くなる仕事であり、誇りや達成感が得られる仕事でもある。多様な社員が喜んで働けて挑戦も成長もできているから会社も成長している。ロシュ・ダイアグノスティックスはそういう企業です」

 

ロシュ・ダイアグノスティックス
〒108-0075
東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス
03-6634-1111
https://www.roche-diagnostics.jp/
主な事業内容
ロシュグループの診断薬事業部門の日本法人として、診断薬、診断機器の提供とサポート
創業/設立年
1998年8月1日
資本金
25億円
売上高
557億円(連結)※2020年度
従業員数
728人 ※2021年1月1日現在
2021年度採用実績
3人

※2021年11月末までの情報をまとめたものです

TOP