タイムカードによる勤怠管理にはさまざまな課題がある。人事担当者の負荷は大きく、不正打刻の防止に苦労している企業も少なくない。また、過重労働を本社側でチェックしにくいという悩みの声も聞こえる。現場の社員にとっても、多様な労働形態に合っていないという側面がある。こうした課題への解決策を提示しているのが、デジジャパンのクラウド型勤怠管理システム市場シェアNo.1の「Touch On Time」。コスト削減・業務改善にも役立ち、クラウド型なので導入が容易なのも魅力的だ。

意外に非効率の多い
タイムカードの勤怠管理

 現状、タイムカードと手作業の勤怠管理を行っている企業は少なくない。その手間やコストは見えにくいかもしれないが、細かい業務を集めてみると意外に大きいものだ。

 毎月のタイムカードの作成と締め日の収集、打刻されたデータの確認、給与ソフトへの入力など多くの手作業が発生する。特に不正な打刻が頻発する企業においては、チェック作業に要する負荷が大きくなりがちだ。さらに、過去のタイムカードの保管に場所をとる上、後で見直したいときに探すのも面倒。多拠点で展開する企業の場合には、タイムカードの送付や回収といった作業が必要になる。

 こうした負荷を大幅に削減した上で、新しい価値の実現をサポートするソリューションが、デジジャパンの勤怠管理システム「Touch On Time」。業種業態や従業員規模を問わず、さまざまな企業で利用されている勤怠管理ソリューションである。Touch On Timeはクラウド型の勤怠管理システムとして市場シェア№1を獲得し、導入企業は約2500社に達しており、約25万ユーザーが利用している(富士キメラ総研「2012 SaaS・ICT基盤市場総調査」:実績とシェアは姉妹版のクラウドサービス「KING OF TIME」との合計)。

 では、なぜTouch On Timeはこれほど多くの企業から支持されているのだろうか。簡単に言えば、冒頭で述べた課題に対する解決策を手ごろな価格で実現しているからだろう。以下、具体的に見てみたい。

資料ダウンロードのご案内

「低価格」「高性能」「簡単・便利」な勤怠管理システム

クラウド型勤怠管理システムとして市場シェアNo.1を誇るデジジャパンの「Touch On Time」。クラウド型なので導入が簡単で低コスト、メンテナンスの手間も省ける。一般企業・小売・飲食・教育機関をはじめ、すべての業種・業態、規模を問わずに導入が可能。本資料では、導入企業の事例紹介やマンガ、想定事例などで特徴・機能を紹介。

「Touch On Time」30日間無料お試しのご案内

勤怠管理システムを新たに導入、あるいは現在のものからリプレースしようと思っても、実際に使えるかどうか不安は尽きない。そこでデジジャパンでは、クラウド型勤怠管理システム「Touch On Time」を30日間無料で試せるサービスを提供している。打刻端末も無料貸与。

「人と時間」を戦略的に活用できる就業管理システム

「タイムカードや勤怠管理は給与計算のため」と考えている人は少なくないだろう。しかしアマノが提供する就業管理システム「TimePro-VG」は、それに加えて、ワークライフバランスを含む「時間管理」、コンプライアンスなどの「経営管理」、さらに過重労働などを事前に察知する「危機管理」の三つのポイントでトータルな就業管理を実現する。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら