住宅ローンの「損得分岐点レート」

週刊ダイヤモンド別冊『2015 この秋"買い"の住宅』発 最新情報【第3回】

返済期間で選ぶ、有利な金利タイプ
住宅ローンの「損得分岐点レート」

著者・コラム紹介
previous page
4

将来の教育費負担を軽減する
ダブルフラットの活用

 今年スタートした新しいフラット35の制度に「ダブルフラット」がある。

 これは、フラット35の契約を2本に分け、1本をフラット35(返済期間21年以上35年以下)、もう1本をフラット20(返済期間15年以上20年以下)に設定するものだ。

 例えば結婚して、子どもが生まれるのを機に住宅を買い、ローンを組んだ場合、15年たてば子どもの高校入学のタイミングになり、そこから先、どんどん教育費負担がかさむ時期がくる。

 そこで「ダブルフラット」を活用し、1本をフラット20(15年返済)にしておけば、最初の15年間は返済額が増えるが、16年目以降はフラット20の返済がなくなり、その分、その金額を教育費などに回せる。これは、特に若い世代に勧めたいプランだ。

 

この記事が収録されている「週刊ダイヤモンド」別冊 2015年9月27日号『2015 この秋”買い”の住宅』の詳しい内容はこちらからご覧いただけます。

新築マンション、戸建ての注目物件情報をお届けしている特設サイト『2015 この秋”買い”の住宅 Online』もあわせてご覧ください。紹介物件の資料を無料でご請求いただけます。

 

 

previous page
4

DOLトップへ



DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧