ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

要求水準の高さに人は動機づけられ多くを成し遂げる

上田惇生
【第59回】 2008年5月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
現代の経営
ダイヤモンド社刊上下巻各1800円(税別)

 「働く者との関係においてまず問うべきは、彼らに何を求めるかである」(『現代の経営』)

 この問いに対する、決まり切った答えは「正当な一日の報酬に対する正当な一日の労働」である。しかし、報酬と労働のいずれについても、正当とは何かは定義しえない。

 それ以上に問題なのは、この言葉が働く者に少ししか要求せず、しかも間違ったものを要求していることにあるとドラッカーはいう。

 要求すべきは、組織全体の目標への貢献である。働く者からなにかを得ようとするならば、正当な労働よりもはるかに多くを求めなければならない。正当さを超えた貢献を求めなければならない。

 従順さなど求めてはならない。逆に、攻撃的な文化を生み出すことを求めなければならない。

 要求されるものが大きいほど、人は多くを成し遂げる。要求が大きいほど、人は多くを生み出す。それが、人間という存在の特性である。

 しかも人は、誇れるものがあってのみ、誇りを持つ。なにかを達成したときにのみ、達成感を持つ。仕事が重要なときにのみ、自らを重要と感じる。

 高い水準を要求することほど、仕事の改善に挑戦させるうえで効果的なものはない。仕事と自己実現の誇りをもたらすものはない。

 「絶えざる努力によってのみ実現される最高水準の仕事に焦点を合わせるとき、動機づけが行われる」(『現代の経営』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧