ネット銀行比較
2015年4月4日公開(2016年4月5日更新)
バックナンバー
著者・コラム紹介

ネット銀行比較

いまや「ネット銀行」なら、メガバンクの金利10倍、20倍は当たり前! 低金利のいまだからこそ金利やサービスを大事なお金を預ける先にこだわりたい。 ザイ・オンラインでは全国どこからでも口座開設ができ、金利も有利なおすすめのネット銀行を徹底比較! 高金利で手数料がお得なネット銀行を活用しよう!

ザイ・オンライン編集部

新生銀行で「Tポイント」をもらえるサービスが、
お得にリニューアル! コンビニATMの入出金や
振込入金で毎月「Tポイント」を貯めよう!

※新生銀行の「Tポイントプログラム」は、2016年4月1日から、よりお得な「Tポイントプログラム2016」にリニューアルされた。詳細は以下の記事を参照のこと。

●「Tポイントプログラム2016」についての詳細はこちら!
「新生銀行」のメリットは金利と手数料だけじゃない!「Tポイントプログラム」を使えば、少ない預金でも年間1400円以上の“利息”をもらうことが可能に!


ファミリーマートATMでの入出金のほか
1回10万円以上の振込入金なども対象に

 「新生銀行」は、「イーネットATM利用ポイントプログラム」として、以前からファミリーマートなどに設置されているE-net(イーネット)のATMを使うことでTポイントが貯まるサービスを実施してきた。そのサービスが2015年4月1日にリニューアル、新たに「Tポイントプラグラム」として、より多くの「Tポイント」が貯まるお得なサービスに生まれかわった

 「新生銀行」の「イーネットATM利用ポイントプログラム」は、2013年10月に「Tポイント」との提携により誕生。「新生銀行」のキャッシュカードを使い、ファミリーマートなどに設置されているE-netのATMで入出金すると、1回あたり10ポイント、毎月最大30ポイントの「Tポイント」が貯まるというサービスだった。
(関連記事⇒コンビニATMを使えば使うほど得をする! ATM手数料を取られるどころか1回10円もらえるお得な銀行活用テクニック!

 新生銀行
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
24時間365日、何回でも無料  同行あて:無料
 他行あて:
月1~10回無料
 以降97~285円
(※)
【新生銀行のメリット】提携コンビニATMの出金手数料が、24時間365日、いつでも何回でも無料! 他行への振込手数料も最大で月10回まで無料(「新生プラチナ」の場合)と割安。短期間で利息がつく「2週間満期預金」で、すぐに使う予定のない普通預金のお金をかしこく運用できる。
 ※「新生ステップアッププログラム」のステージによって、無料振り込みの回数および振込手数料は異なります。
新生銀行の公式サイトはこちら

 それが今回のリニューアルにより、1回の入出金で15ポイント、毎月最大30ポイントの獲得に変更。毎月の最大獲得ポイント数は変わらないものの、1回の獲得ポイント数が増えることでより貯めやすい制度となった。

 さらに、従来にはなかった振込入金や海外ATMの利用、自動引落登録などにより「Tポイント」を獲得できるサービスが新たにスタート。「新生銀行」のユーザーにとって、より多くのTポイントを貯めやすいサービスとなった。

■「Tポイントプログラム」の内容
取引・手続き内容 対象条件 獲得ポイント数
 E-net(イーネット)
 ATMの利用
 入金または出金  1回15ポイント
 毎月最大
30ポイント
 振込入金  1回10万円以上の他の金融機関
 からの振込入金
(※1)
 1回25ポイント
 毎月最大
50ポイント
 海外ATM利用  出金(※2)  1回50ポイント
 毎月最大100ポイント
 自動引落登録  新規登録(※3)  1件登録につき100ポイント
 抽選  毎月、以下の預金の月末残高
 10万円毎に、抽選権1口を
 プレゼント
(※4)
 
・円普通預金
 ・パワー預金
 ・2週間満期預金
 ・外貨普通預金
 ・2週間満期外貨預金 
 毎月抽選で
 ・10名に1万ポイント
 ・100名に1000ポイント
 ・1000名に100ポイント
 ※1 国内円建ての振り込みが対象。※2 「PLUS」マーク表示のあるCD・ATMが利用可能(事前に限度額変更の手続きが必要)。ATMにより最低利用可能金額は異なる。対象月は日本時間での利用時間となる。※3 対象月は新生銀行での登録完了日となる。すでに同一の企業・団体名で引落登録があった場合は対象外。※4 抽選結果は、当選した人へのポイントプレゼントをもって通知。月末残高は「お取引レポート」で確認。

 例えば、毎月ファミリーマートのATMで2回生活費を引き出し、(10万円以上の)給与振込口座に指定するだけで、毎月80ポイントのTポイントを獲得可能。また、毎月海外に行く人は、その都度「PLUS」マークのあるATMで出金するだけで、毎月最大100ポイントを獲得。合計で180ポイントのTポイントを貯めることができる。

 毎月たった180円分のポイントと思うかもしれないが、1年に換算すると2160円。これは、100万円を年利0.27%(税引き後約0.215%)の定期預金で1年間運用した利息に匹敵する金額だ。

  100万円×0.0027(1-0.20315)=約2151円

 ザイ・オンライン調べの「定期預金金利ランキング」を見てもらえばわかるが、この超低金利時代において、金利0.27%の定期預金なんてそうそうないのが現実だ。そう考えると、特別な資金や負担もなく、コンビニATMを使ったり振り込みをしたりするだけで、毎月これだけのTポイントが貯まる「Tポイントプラグラム」が、非常にお得なのがわかるだろう。

自動引き落とし口座に登録するだけで100ポイント

 お得なのは毎月貯まるポイントだけではない。クレジットカードや公共料金の引き落とし口座として新生銀行を登録すると、1件につき1回、100ポイントの「Tポイント」を獲得可能だ。

 例えば、クレジットカード×2枚、電気、ガス、水道、インターネット料金、携帯料金を、それぞれ「新生銀行」からの引き落としにすると、それだけで700ポイントが貯まる計算だ。新生活に合わせてクレジットカードを新しく申し込む人や引っ越しで新居に移る人などは、それを機会に新生銀行の「Tポイントプラグラム」の利用を考えてみるといいだろう。
(関連記事⇒春からの新生活はポイント獲得の絶好のチャンス! 引っ越しや家賃、銀行選びなどで工夫すれば、1年間で“6万円分”以上のポイントを稼ぐことも可能!

 「Tポイントプログラム」を利用する際のポイントとしては、毎月エントリーフォームに「新生銀行」の口座番号、T会員番号、メールアドレスを入力してエントリーする必要があることだ。操作としては1~2分で終了するが、この手続きを忘れると「Tポイント」をもらうことができなくなるので注意しよう。

リニューアル記念のお得なキャンペーンも実施!

「1,000,000ポイント山分けキャンペーン」

 なお、「Tポイントプラグラムリニューアル記念」の第一弾として、エントリーするだけで100万ポイントの「Tポイント」を参加者全員で山分けするキャンペーンを期間限定で実施している。エントリー期間は、2015年4月30日17:00まで。プレゼントされるポイントは100万ポイント÷エントリー人数(小数点切捨て)で、1人あたりのポイント数上限は200ポイントとなっている。

 「Tポイント」を運営する「Tポイント・ジャパン」と「新生銀行」によると、両社の提携により今後さらなる「Tポイント」サービスの拡充を目指している、とのこと。「Tポイントプログラム」のようなお得なサービスが、今後さらに増えることを期待したい。


※新生銀行の「Tポイントプログラム」は、2016年4月1日から、よりお得な「Tポイントプログラム2016」にリニューアルされた。詳細は以下の記事を参照のこと。

●「Tポイントプログラム2016」についての詳細はこちら!
「新生銀行」のメリットは金利と手数料だけじゃない!「Tポイントプログラム」を使えば、少ない預金でも年間1400円以上の“利息”をもらうことが可能に!

 新生銀行
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
24時間365日、何回でも無料  同行あて:無料
 他行あて:
月1~10回無料
 以降97~285円
(※)
【新生銀行のメリット】提携コンビニATMの出金手数料が、24時間365日、いつでも何回でも無料! 他行への振込手数料も最大で月10回まで無料(「新生プラチナ」の場合)と割安。短期間で利息がつく「2週間満期預金」で、すぐに使う予定のない普通預金のお金をかしこく運用できる。
 ※「新生ステップアッププログラム」のステージによって、無料振り込みの回数および振込手数料は異なります。
新生銀行の公式サイトはこちら

ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら!  カードローンおすすめ比較 住宅ローンおすすめ比較
 【2017年2月15日時点】
 ■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前) 口座開設は
コチラ!
1年 3年 5年
 ◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.12%
0.10% 0.10% 0.10%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!イオン銀行の公式サイトはこちら!
【イオン銀行おすすめポイント】
年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」の保有者なら、普通預金がメガバンクの定期預金を超える0.12%に ATM手数料が24時間いつでも何回でも無料となるイオン銀行ATMは、全国のイオン、ミニストップ、まいばすけっとなど、着実に台数が増加中!

【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須普通預金が定期預金並みの金利0.12%にアップ!
イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.12%になるお得な特典を活用しよう!
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクのなんと120倍で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
 ◆新生銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.01% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!新生銀行の公式サイトはこちら!
【新生銀行のおすすめポイント】
提携コンビニATMの出金手数料が、24時間365日、いつでも何回でも無料なのが大きな魅力。普通預金金利は低めだが、すぐに使う予定のない資金なら年利0.05%の「2週間満期預金」でかしこく運用。
【関連記事】
【新生銀行の金利・手数料・メリットは?】コンビニATMの出金手数料がいつでも何回でも無料!ステージによっては振込手数料も月10回まで0円に
「新生銀行」のメリットは金利と手数料だけじゃない!「Tポイントプログラム」を使えば、少ない預金でも年間1400円以上の“利息”をもらうことが可能に!
「マイナス金利」時代に有効な節約方法を伝授!優遇金利や手数料に着目したネット銀行の選び方と銀行預金の代わりに検討すべき高利回り商品を紹介!
 ◆住信SBIネット銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.01%
(SBI証券口座保有者の
「ハイブリッド預金」適用時)
0.20% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら!
【住信SBIネット銀行おすすめポイント】
「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利が大幅にアップ! ATM出金手数料と振込手数料はそれぞれ最大月15回まで無料! (「スマートプログラム」のランクによって無料回数は異なる)。
【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!
住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?
住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!
 ◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.18%
0.02%
0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!ソニー銀行の公式サイトはこちら!
【ソニー銀行おすすめポイント】
全国約9万台のATMが利用可能! 中でも、セブン-イレブン、ミニストップ(イオン銀行)のATMなら、24時間いつでも何回でも手数料無料で出金可能。毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利・手数料・メリットは?】約9万台の提携ATMや「おまかせ入金サービス」など利便性を重視して、各種顧客満足度調査で上位に!
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!?
 
 ◆じぶん銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.05% 0.03% 0.03%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!じぶん銀行の公式サイトはこちら!
【じぶん銀行おすすめポイント】
2016年11月13日から、ステージによってお得な特典を利用できる新サービス「じぶんプラス」がスタート。ステージが上がれば、ATM利用手数料の無料回数が最高で月11回まで、他行あて振込み手数料が最高で月5回までアップ!。また、新規口座開設者限定で、3カ月もの定期預金金利が0.30%に!
【関連記事】
【じぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】auと三菱東京UFJの共同出資で誕生したネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月5回まで無料に!
※ 100万円を預けた場合の2017年2月15日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。

 

クレジットカードのおすすめ

【じぶん銀行】
auスマホの引き落とし先に設定すると、2年間で
最大4800円分のポイントが!⇒関連記事はこちら

じぶん銀行公式サイトはこちら!
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? その
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

高配当株&10万円株
毎月分配投信大分析
老後資金1億円の罠

4月号2月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【付録:ふるさと納税「定番」特産品ランキング】
守り高配当株攻め10万円株
●これからの銘柄選び投資配分の仕方
好調3投資信託に学ぶ負けない銘柄の選び方
●2016年の株式市場に学ぶ買いのタイミング
●守りの「株価も安定高配当株18」
●攻めの「自力で好調10万円株18」
●攻めの「景気に連動10万円株16」
毎月分配型投資信託の利回り&分配健全度
日本郵政マクドナルドの株大量売却報道に迫る
●プロが診断!読者の塩漬け株メッタ斬り
トランプでどうなる!? 米国株大予測
●投資信託の分散投資の正しい組み合わせ
老後資金1億円は本当に必要なのか!?
保険料通信費のガッツリ削減テク

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!