IPO株の攻略&裏ワザ情報!
2015年12月29日公開(2015年12月29日更新)
バックナンバー

「IPO株の攻略&裏ワザ情報!」

著者・コラム紹介

IPO株の攻略&裏ワザ情報!

ザイ・オンライン編集部

IPOに株初心者が続々参入で、IPO獲得競争が激化!?
日本郵政3社上場後のIPO攻略のヒントを探れ!
【2016年】IPO株の攻略記事アクセスランキング

 IPO投資で儲けるための注目情報のアクセスランキングを公開!「IPO株の攻略&裏ワザ情報!」カテゴリで、もっとも読まれた人気の記事は? 今回は「IPO株の攻略&裏ワザ情報!」カテゴリのPV(ページビュー)を調査して、2015年に多くの人に読まれた記事をランキングで紹介!

 IPOで話題になった「日本郵政」、「ゆうちょ銀行」、「かんぽ生命保険」の記事がランキングのほとんどを占める結果になった。2016年以降にも日本郵政3社のような大型IPOがある可能性は大いにあるだろう。2015年に「IPO株の攻略&裏ワザ情報!」カテゴリで人気だった記事を読んで、今のうちから2016年のIPOに備えよう!

1位

日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の
IPO(新規上場)で日経平均株価は下落する?
イベント投資の達人が大型IPO前後の動きを分析!

大型IPO前後の動きを分析

 日本郵政グループ3社の新規上場(IPO)が、いよいよ2015年の秋から冬にかけて行われる見込みだ。正式な日程は未定だが、6月30日には東京証券取引所に対して本申請が行われる予定となっている。

 新たに株式上場するのは、「日本郵政」とその子会社である「ゆうちょ銀行」、「かんぽ生命保険」の3社。売り出し規模はまだ明らかになっていない が、初回だけで1兆~2兆円に達すると見られる。間違いなく、1987年2月上場のNTTや1998年10月上場のNTTドコモ以来の超大型…続きはこちら!


2位

日本郵政3社のIPO(新規上場)株の買い方を伝授!
引受証券会社や申し込み期間、想定売出価格など、
日本郵政株を購入するためのIPO情報を総まとめ!

日本郵政3社のIPO(新規上場)株の買い方を伝授!

 日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の3社から出されていたIPO(新規上場)の申請に対して、2015年9月10日、東京証券取引所は正式 に承認、2015年11月4日に上場することが決定した。証券コードは日本郵政(6178)、ゆうちょ銀行(7182)、かんぽ生命保険(7181)とな る。

 日本郵政グループ3社のIPOは、日本の株式市場にとって今年最大のイベントと言っても過言ではない。これまで「IPOは買い方がわからない」 「申し込んでも当たる気がしない」と避けていた人や、これまで株式投資に縁がなかった人の中にも、今回の巨大上場にはチャレンジしてみようと…続きはこちら!


3位

日本郵政IPOには本当に申し込む価値があるのか?
一銘柄のIPOで最高1000万円稼いだ実績を持つ
IPO投資の達人の初値予想と狙い所を徹底取材!

IPO投資の達人の初値予想と狙い所

 2013年年末をもって株や投信などの値上がり益や配当(分配)金の税率20%を10%に低減する証券優遇税制が打ち切られ、2014年以降は税率が20%に引き上げられる(実際は復興税込みで10.147%を20.315%へ引き上げ)。

 こうした個人投資家の投資意欲を削ぐ税制が復活する一方で、個人投資家にとってプラスとなる新税制も2014年からスタートする。それが、NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)だ。NISAとは銀行や証券会社に専用口座を開設して、その口座で株式や投資信託(MMFやMRFなどを除く)を購入すれば、売却益や配当金(分配金)の税金がゼロになるという優遇税制で、投資で…続きはこちら!


4位

日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険は
今から買っても大丈夫? いつが売り時?
今後の値動きを予測する注目記事3本を紹介!

日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険は今から買っても大丈夫?

 日本郵政(6178)、ゆうちょ銀行(7182)、かんぽ生命保険(7181)の上場というNTT(9432)以来の「超大型IPO祭り」は、2015年11月4日の上場初日に関しては、ひとまず大成功を収めた。

 それぞれの初値は下の表のとおり、すべて公開価格を大きく上回った。その後の値動きも好調で、上場2日目にあたる11月5日の終値を見ても、日本郵政(6178)が1820円、ゆうちょ銀行(7182)が1775円、かんぽ生命保険(7181)が3890円と順調に推移している。

 こうなると気になってくるのは、「この好調な値動はいつまで続くのか」「郵政株の買いどき・売りどきはいつか」だ。…続きはこちら!


5位

公募で当たらなくてもあきらめるな!
IPO株の本当に儲かる買いタイミングとは?

IPO株の本当に儲かる買いタイミング

 新規で上場する株(IPO株)がホットな話題を集めている。公募価格(当初の売り出し価格)を大幅に上回る初値(上場後最初に約定した価格)をつけ、その後も上昇するケースが相次いでいるからだ。IPO株とは、広く一般の人に取引してもらうため、株式を新たに上場した企業のこと。株式市場はどんな 企業でも上場できるわけではなく、取引所が定めた基準を満たさなければならない。IPO株とは、それをクリアして株式市場デビューを果たした“期待のルーキー”なのだ。

 長期で見ると、ヤフー(4689)やセブン-イレブン(セブン&アイ・ホールディングス:3382)を上場直後に買っていれば、株価は利益の成長と並行するように100倍以上に上昇。ずっと保有しているだけで億万長者になれたわけで、そんな夢を見られるのがIPO投資の醍醐味だ。…続きはこちら!


6位

日本郵政IPOに今からでも間に合う証券会社はココ!
最短で申込翌日から取引可能なカブドットコム証券や
最短2日で口座開設可能なSBI証券でIPOに申し込め!

最短2日で口座開設可能なSBI証券

 日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険のIPO(新規上場・新規公開)における仮条件が10月7日(水)に決定、そして抽選申し込み(ブックビルディング)が10月8日(木)からいよいよ開始される。

 通常のIPOでは、証券取引所の上場承認が下りてから約2週間で仮条件が決定し、抽選申し込みが始まるが、「今世紀最大の巨大IPO」とも評される日本 郵政グループ3社のIPOの場合は、9月10日(木)に上場が承認されてから抽選申し込みまで約1カ月もの期間が空いていた。この注目のIPOの抽選申し 込みが始まるのを、首を長くして待っていた個人投資家も多い…続きはこちら!


7位

日本郵政グループIPOは非課税のNISA口座がお得!
NISA口座で日本郵政IPOに申し込み可能な証券会社と
申し込みにあたっての注意点を解説!

NISA口座で日本郵政IPOに申し込み可能な証券会社

 日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の3社が、2015年11月4日にIPO(新規上場)することが決定した。売り出し規模は約1.4兆円とNTT(9432)やNTTドコモ(9437)に次ぐ巨大上場であり、市場関係者はもちろんのこと、これまでほとんど株式投資をしたことがない一般の人達の関心も集めている。

 そんな日本郵政グループのIPO株を、NISA口座で購入…続きはこちら!


8位

「日本郵政」のIPO情報総まとめ!
スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、
他の運輸系企業との比較や株価の予想まで解説!

「日本郵政」のIPO情報総まとめ!

 郵便・国内物流事業、国際物流事業、金融窓口事業、銀行業、生命保険業等を営む子会社の経営管理及びそれに付帯関連する事業を行う。郵便・物流事業では、今後の成長戦略としてゆうメールの拡大やゆうパックの黒字化、豪トール社の買収を軸として国際物流事業の拡大などを目指す。

 今期業績は減収減益予想だが、想定売出価格の前期実績PBRは0.40倍と類似会社に比べ割安感がある。また、今期予想配当利回りは2016年3月までの5ヶ月間で1.7%、来期も3%程度が期待でき、高配当利回り株…続きはこちら!


9位

「ゆうちょ銀行」のIPO情報総まとめ!
スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、
他の銀行との比較や株価の予想まで解説!

「ゆうちょ銀行」のIPO情報総まとめ!

 日本郵政グループで銀行業を営む。郵便局をメインとする全国約24,000の窓口ネットワークを通じて、1.2億人規模の顧客に金融サービスを提供している。貯金残高は2015年3月末時点で177.7兆円に上り、有価証券156.1兆円(うち国債106.7兆円)や貸出2.7兆円等で運用することにより収益を得ている。

 日本郵政グループ3社のIPOのなかでは最も人気化が想定される。今期減益予想だが、PBRで見るとメガバンクに比べ割安な価格設定となっているほか、来期の実質配当利回りは3%程度が期待される。高配当…続きはこちら!


10位

「ベルシステム24ホールディングス」のIPO情報総まとめ!
スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、
他コールセンター企業との比較や株価予想まで解説!

「ベルシステム24ホールディングス」のIPO情報総まとめ!

 電話等を利用したコールセンター業務、治験支援業務等を展開する。グループの中核であるベルシステム24は、1982年の創業以来30余年にわたるコンタクトセンター運営の経験を有する。また、グループが保有する自社コンタクトセンターは国内に25ヶ所、約13,000席の規模に上る。

 公開規模が非常に大きいうえ、大株主が米投資ファンドであり、上場後の保有株売却懸念も強い。直近のファンド支援による再生案件の初値パフォーマンスはいずれも低調となっている。セカンダリーで評価を高める企業も見られるが、同社は今期減収減益見通しとなっており、業績期待は…続きはこちら!


【12月の「IPO祭り」の解説記事はこちら!】
「IPO祭り」に上場する全15銘柄の情報を大公開。話題の自動運転技術ベンチャーの「ZMP」に要注目!

IPO株(新規上場株・新規公開株)で儲ける方法!
IPO株の銘柄分析&予想
IPOスケジュール一覧[2016年]
 IPO株の攻略&裏ワザ情報!

【2016年12月1日更新!】
本気でIPO当選を狙うなら、絶対に押さえておきたい!
【2016年版】IPO取り扱い数で選ぶ おすすめ証券会社

※関連記事⇒IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!

2015年実績 ネット配分・
抽選方法
口座数
(稼働口座数)
NISA対応
主幹事数 取扱銘柄数
 ◆SBI証券
8社 78社 70%:1単元1票の平等抽選
30%:「IPOチャレンジ
ポイント」順に配分
365万
(−)
【ポイント】
ネット証券にもかかわらず、主幹事数、取扱銘柄数ともに大手証券会社に引けをとらない実績を誇る。個人投資家への配分の100%がネット投資家へ配分されるのも魅力。1単元1票の抽選なので、
多くの単元を申し込むほど当選確率は高くなり資金力がある人ほど有利になる。当選確率がアップする「IPOチャレンジポイント」は、資金量・取引量と関係なく、IPOに申し込み続ければ誰にでも貯められるのがメリットだ。
SBI証券の公式サイトはこちら
 ◆SMBC日興証券
24社 72社 10%:1人1票の平等抽選
273万
(−)
【ポイント】
大手証券の中でもIPOには力を入れており、2015年の主幹事数は野村證券に続く実績。2015年における初値騰落率1位のロゼッタ(初値騰落率433.1%)、3位のネオジャパン(初値騰落率401.7%)の主幹事も務めている。
1人1単元しか申し込めないので、資金量に関係なく誰でも同じ当選確率となっているのがメリット。
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
 ◆マネックス証券
0社 50社 100%:1人1票の平等抽選
164万
(100万)
【ポイント】
毎年多くのIPO銘柄を取り扱っており、2015年には、主幹事こそないが50社ものIPO銘柄を取り扱った。割り当てられたIPO株の100%すべてを1人1票の平等抽選で配分。取引実績や資金量に当選確率が左右されないのは、個人投資家にとっては大きな魅力だ。
マネックス証券の公式サイトはこちら
 ◆岩井コスモ証券
0社 41社 10%以上:1人1票の平等抽選

(−)
×(※1)
【ポイント】
中堅証券会社でありながら、2015年の取扱銘柄数は41社と、大手証券会社に引けをとらない実績を持つ。しかも、2015年に初値が5倍以上に高騰したIPO株は3銘柄あるが、岩井コスモ証券はそのすべてを取り扱っている。1人1票の平等抽選で、申し込み単元数は10単元まで。
岡三オンライン証券の公式サイトはこちら
 ◆東海東京証券
5社 27社 10%:1単元1票の平等抽選
41万
(−)
【ポイント】
準大手証券会社の東海東京証券は、大手証券会社には届かないものの、多くのIPO銘柄を扱っており、2015年は5銘柄で主幹事も務めた
東海東京証券への割当が2000単元未満の場合は、取引実績に応じて当選確率がアップする「IPO個人優遇ステージ」を適用した抽選となるが、その場合でも、取引実績が最低ランクの投資家に10%が配分され、その中で平等抽選が行われる。
東海東京証券の公式サイトはこちら
※ 口座数、稼働口座数は2016年3月末時点。

 

IPOの取り扱い数が多いだけでなく
主幹事の銘柄数も多くて当たる確率大!
IPO投資には必須!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!SMBC証券の公式サイトはこちら

 

Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!