仏教という「技術体系」

 みなさんが小中学校で習った日本史の授業の初めの頃に、「仏教伝来」が出てきたと思います。

 僕は、「ほっとけごみやさん(仏、538さん)」と先生に教えられた。

「ほとけ」と「ごみや」で538年に仏教伝来。

 仏教とは何かといえば、「教え」ではありません。

 仏教とは、ちょっと難しい言葉を使えば、「技術体系」です。

 仏教を広めようと思ったら、お寺も、仏像も、法具も、法服もいる。

 寺を建てたり仏像をつくったりする「技術」がなければ、仏教を普及することはできないのです。