コロナ禍で営業のスタイルが変化している。訪問営業がままならず、オンライン営業に切り替えても、経験やノウハウがないために苦戦する企業が多い。ベルフェイスは、導入社数と営業職の利用数で、現在国内ナンバーワン(*1)のオンライン営業システム。独自の機能で営業チームの売り上げを最大化し、企業が直面している危機をチャンスに変えてくれる。

顧客の環境やITリテラシーに依存せず、簡単に安定してつながる

 昨今、企業が突き当たっている第1の壁は、そもそもコロナ禍でクライアントへの訪問による営業ができず、多くの機会損失が発生していることだ。ウェブ会議システムを使おうと思っても、経験やノウハウが不足し、ITに苦手意識をもつ顧客への利用が難しいという点もある。それを補ってくれるのが、オンライン営業システムのベルフェイスなのだ。

 ベルフェイスの最大の特徴は、接続が簡単で、音声がクリアであること。先方のITリテラシーに依存せず、デバイスやブラウザ(一部除く)の種類にかかわらず、瞬時につながることができる。

 使い方はシンプルだ。営業担当者はまず、顧客に電話をして“ベルフェイス”と検索してもらう。顧客が画面で表示されたボタンをクリックすると、接続ナンバーが発行されるので、営業担当者はその数字を管理画面に入力する。すると接続が完了、すぐに対面式の営業に取り掛かれる。

 ソフトをインストールする必要もなければ、IDを取得する必要もない。メールアドレスを聞き出してURLを送る手間さえなく、その場で全国の顧客と瞬時につながる。

ベルフェイス
西山 直樹 取締役
ベルフェイス 
西山 直樹 取締役

「音声は電話なので、どんなWeb会議システムよりも、音が途切れずクリアに聞こえます。社内会議ならばまだしも、商談の場面において、音が途切れたり画像が固まるのは、致命傷になりかねません。簡単に安定してつながるのが、ベルフェイスのサービスの本質です」

 そう説明するのは、ベルフェイスの西山直樹取締役だ。

 ちなみにベルフェイスでは、この電話型の他にWeb商談型のシステムが補完されており、既存顧客や複数顧客との商談を、招待URLを送るだけで行うこともできる。

 ベルフェイスの設立は2015年4月。創業者の中島一明代表は、以前福岡で社長インタビューを集めたポータルサイトを運営していた。営業の範囲が広がるにつれて、実際に出張していては採算が合わないため、営業を電話に切り替えると、受注率が減少してしまった。

 そこで、当時出始めていたウェブ会議システムを使おうとしたが、設定が面倒で営業先に嫌がられてしまう。ならば自分たちで、電話の延長で瞬時に対面営業と同じような環境をつくれる、使い勝手のいいシステムを作ろうと考え、それがベルフェイスの原型になった。

 もともとは、自社の営業の不都合を解決するツールとして考案された。だからこそ営業に特化した、実践的なオンライン営業システムを実現しているのだ。

*1 電話とブラウザを組み合わせた遠隔営業システムにおいて「有料契約導入社数」「契約導入事業所数」「契約導入ID数」「営業職が利用したことがあるシステム」の4部門でNo.1を獲得(ショッパーズアイ調査:2020年5月7日時点)