デジタルサイネージでリアル店舗をメディア化し、商品やブランド価値を高める

デジタルサイネージとクリエイティブで空間をプロデュースする、エヌエスティ・グローバリストのデジタルサイネージ事業部。単純に情報を届けるためではなく、顧客の感性を刺激し心をつかむメッセージを伝えるビジュアルソリューションを提供している。リアル店舗の既成概念を覆し、新たな価値を生み出し続けている。

あたかもそこに物が存在し、あたかも自分がそこにいるような感覚を表現できる注目のプロダクト。ハイエンドなLEDプロジェクションユニットを組み合わせて「空中に浮かぶ美しい3Dビジュアル」を演出する
拡大画像表示

 近年、商業における実店舗の存在意義が問われている。ECサイトで何でも買えてしまう時代だが、商品やサービスを実際に手に取って体験しないと購入しない層も一定数存在する。リアル店舗で求められるのは、商品の魅力をいかに認知させるかという役割なのだ。

 コロナ禍の影響で、ライフスタイルの見直しが始まり、外出時に新しい店にふらりと立ち寄る機会は少なくなり、リアル店舗で買い物に費やす時間も短くなっている。だが、魅力的な店舗や、入り口からワクワクするような店舗には、人々は変わらずに惹(ひ)きつけられる。

「店内に入って商品の見せ方がうまいと、実際に商品を買わなくても楽しめるため、後でインターネットやSNSで情報を入手して、最終的にECサイトで購入する検討に入ります。つまり、リアル店舗にしかできない顧客体験を差別化して提供すれば、“見つけてもらう”“ファンになってもらう”“SNSで拡散してもらう”“再来店してもらえる”ことにつながり、商品購入の結果が付いてくることになります。そのストーリーは私自身もすでに実体験しています」

 そう語るのは、デジタルサイネージ事業部の加藤純通氏だ。従来型の店舗では、たとえECサイトを設けても、膨大なインターネット情報の中に埋もれてしまう。店舗自体を“メディア化”しなければ、ブランドの認知すらターゲットユーザーに届きづらいのだ。

問い合わせ先

エヌエスティ・グローバリスト
〒171-0021
東京都豊島区西池袋3-1-15
西池袋TSビル9F
デジタルサイネージ事業部
03-5949-4755
https://visualcommunication.nstg.co.jp/
システム事業部
03-5949-4711
https://www.nstg.co.jp/
TOP